Netflixドラマ「ウィッチャー」全話見ました!感想と評価レビュー

ウィッチャー

Netflixオリジナルドラマ「ウィッチャー」シーズン1を全話見ました!
個人的な感想と評価です。


【追記:2020.8.27】
今作「ウィッチャー」シーズン1のメイキング「ウィッチャー: 制作の舞台裏」が、Netflixで配信スタートしました。
必見!
本編と一緒に、ぜひ。
以下、公式Twitterより引用です。


【追記:2020.7.28】
スピンオフドラマ「The Witcher: Blood Origin」(原題)が、制作決定!
今作「ウィッチャー」の前日譚で、1200年前の最初のウィッチャー誕生物語になる模様。
全6話のようです。
以下、公式Twitterより引用です。

スポンサーリンク

海外ドラマ「ウィッチャー」とは?

剣と魔法の世界を舞台に、「ウィッチャー」と呼ばれる魔物狩りの戦いを描いた、ファンタジー・アクションドラマ。
Netflix(ネットフリックス)オリジナル制作の作品です。

特別な能力と高い戦闘力を持ち、邪悪な魔物を倒すことで生計を立てる「ウィッチャー」のゲラルト。
南方の国ニルフガードが、勢力拡大のためシントラの国に侵攻したことをきっかけに、ゲラルトの運命は大きく変わっていくことに。
さらに、魔法使いのイェネファーや、シントラの王女シリラとの不思議なつながりが次第に明らかになり、物語は意外な展開を迎えることになります。

ファンタジーの架空世界を、壮大なスケールで描く大作ドラマ。
ただアクションが迫力あるだけではなく、物語の構成も巧みで、謎と意外性に富んだ面白さ。
ストーリー性でも、存分に楽しめると思います。

序盤は、耳慣れない地名や人物名が多く、世界観にも慣れなくて、もしかしたら難しく感じるかもしれません。
また、主人公ゲラルト以外のエピソードも多く、理解しづらいと感じるかもしれません。

・・・が!
だが、しかし!
それが徐々に整理され、繋がっていくのが、このドラマの面白さ!
多少、理解できないことがあっても、次第に明確に分かっていくと思います。

なので、よく分からなくても諦めず、できれば最後まで見てみてください。
・・・そこそこ、驚きのストーリー構成が見どころですよ。

原作は、ポーランドの作家アンドレイ・サプコフスキの小説「ウィッチャー」シリーズ。
日本でも、翻訳本が買えるようです。

ただ、今作がドラマ化したのは、短編集の「The Last Wish」のようで、それは日本では翻訳本が出ていないようです。
(あくまでも今現在。洋書は買えるようです)

・・・とはいえ。
原作以上に、小説をゲーム化した「ウィッチャー」シリーズのほうが有名ですよね。
アクションRPGだそうで、現在までにシリーズ3作品が発売されています。

ゲーム版「ウィッチャー3 ワイルドハント」の予告動画は、こちら。
ウィッチャー3 プロモーションムービー

・・・すいません。
私、プレイしたことがないので、まったくよくわからないのですけど。
シリやイェネファーも登場するんだそうですね。
・・・ドラマを見た後だと、すっごいプレイしたくなりますね。(思う壺。笑)

どうやら、今作のドラマ版は、キャラクター名や基本設定などは同じようですが、ゲームとのつながりは、ほぼないようです。

また、調べた限りでは、ドラマで登場する吟遊詩人ヤスキエルは、ゲーム版ではダンディリオンという名だそうです。
原作のポーランド名ではヤスキエル、英語名だとダンディリオン・・・ということのようです。

独特の世界観や、地名や人名などが難しく感じることもありますが。
ゲームをプレイしたことがある方にとっては理解しやすく、結構、ニヤニヤなネタ(笑)も多いのかもしれませんね。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

今回のドラマ版は、Netflix(ネットフリックス)がオリジナル作品として制作・配信。
製作総指揮は、「Power/パワー」「デアデビル」「ディフェンダーズ」「アンブレラアカデミー」などの制作に携わり、脚本も担当したローレン・シュミット・ヒスリック。
そして、映画「スコーピオンキング」シリーズや、ドラマ「エクスパンス 巨獣めざめる」を手掛けたショーン・ダニエルも名を連ねています。

ドラマチックはストーリーもさることながら、時間軸の構成の巧みさは、すごくよかったですね。
見どころだと思います。

キャストとしては。
主人公リヴィアのゲラルトに、「コードネーム U.N.C.L.E.」や、「マン・オブ・スティール」「ジャスティス・リーグ」のスーパーマン役でおなじみ、ヘンリー・カヴィル。
まさに、イメージにピッタリのハマり役。
・・・相変わらず、イケメンでマッチョ。(笑)
ヘンリー・カヴィルの魅力炸裂!

そして、魔女イェネファーには、BBCとNetflix共同ドラマ「ワンダーラスト:幸せになるためのセラピー」のアーニャ・チャロトラ。
シントラの王女シリラ(シリ)に、「バッドランド シーズン3」で若き日のウィドウ様(笑)を演じたフレイヤ・アーラン。
吟遊詩人ヤスキエルに、「私立探偵ストライク」「ナイトフォール 悲運の騎士団」のジョーイ・ベイティ。

3人とも、日本ではあまり馴染みのない、新進気鋭の英国若手俳優。
かなりインパクトある役どころなので、今後、他のドラマ作品で見かけることも増えるかもしれませんね。
注目です!

ほかにも、魔術学校学長ティサイアに、「ダウントン・アビー」「イン・ザ・ダーク」のマイアンナ・バーリング。
シントラ女王に「ジーニアス:ピカソ」「ジェントルマン・ジャック」のジョディ・メイ。
マウスサックに、「AD 聖書の時代」のアダム・レビー。
魔法使いトリスに、「ハリー・ポッター」シリーズのアンナ・シェイファーなどが出演しています。

ほとんどが、英国出身の俳優陣ですね。
たぶん、狙ったキャスティングだと思います。
そこも注目です。


海外ドラマ「ウィッチャー」は、Netflixオリジナルドラマで、現在シーズン1まで制作され、シーズン2もすでに決まっているようです。
シーズン1は、2019年制作。
各話60分程度の全8話です。

【追記:2020.7.28】
スピンオフドラマ「The Witcher: Blood Origin」の制作も決定しました。

なお。
今作は、そこそこエログロあります。
ファンタジーですが、なかなかハードな大人向けの内容で、ちびっ子には見せられない(笑)シーンもあるので、ご注意を。

現在 Netflix(ネットフリックス)で配信されています。
(紹介している作品は、2020年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はNetflix公式ホームページにてご確認ください。)

Netflix公式サイトはこちら。

【公式サイト】Netflix


参考記事 Netflixおすすめオリジナルドラマ・最新ラインナップまとめ

参考記事 Netflixオリジナル以外のおすすめ海外ドラマ・最新情報まとめ


※以下、ややネタバレを含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

ドラマ「ウィッチャー」あらすじ

魔物が生息し、魔法が存在する世界。
人が作為的に作り出した変異種(ミュータント)は、特殊な能力と高度な剣術で、魔物を倒して金を稼ぐ「ウィッチャー」と呼ばれ、人々から忌み嫌われていました。
リヴィア出身の「白狼」ゲラルトも、その一人。
伝説のウィッチャーとして知られ、どこにも根付かず、孤高の旅を続けていましたが、吟遊詩人ヤスキエルとの出会いから、シントラの国での騒動に巻き込まれることに。

一方、容姿に問題を抱えて苦しむ少女イェネファーは、ある日突然、父親に身柄を売られてしまいます。
買った相手は、謎の女性ティサイア。
イェネファーは無理やりに魔法学校で訓練を受けることになるのですが・・・。

そして、武力で領地を拡大させていたニルフガードが、シントラに侵攻を始めます。
「雌獅子」の異名を持つ女王の元で、シントラ軍は懸命に戦いを繰り広げますが、援軍もなく、ついには陥落。
瀕死の女王から、ウィッチャーのゲラルトを探すよう託された王女シリは、断腸の思いで逃げ出し、逃避行を続けることになります。

ゲラルト、イェネファー、シリ。
バラバラに思われた三人それぞれが、次第に数奇な運命で繋がっていくことに。
次第に明らかになっていく、隠された真相。
三人の運命とは?

・・・というようなストーリーです。

予告動画は、こちら。
ウィッチャー 予告編

スポンサーリンク

ドラマ「ウィッチャー」感想:運命的な繋がりや時間軸の繋がりが面白い!

単純に、ストーリーが面白かったです。
・・・結構、予想外。(笑)

なかなか、スケール感ありましたね。
気合い入ってる・・・てか、お金かかってました。(笑)
CGやセット撮影もあるとはいえ、世界観や風景のロケーションは見ごたえありました。

アクションも迫力あって、よかったです!
ゲラルト役ヘンリー・カヴィルも動きがキレてて、カッコいい!
演技でもイケメンなフェロモンがムンムンの魅力炸裂で(笑)ファンも大満足ではないかと思います。

ストーリー的には、正直、序盤は、あまり乗り切れませんでした。
ゲーム版もプレイしていないので、地名や人名の把握が難しかったです。

また、主人公ゲラルトだけでなく、シリやイェネファーのエピソードもあって、そこそこ長い。
繋がりもあまり見えてこないし、どこかバラバラで散漫な感じが強かったです。
一体、そのエピ、何の関係があるの?どう繋がるの?と、やや苛立ち。(笑)
もっと、もっとゲラルト=ヘンリー・カヴィルを見せてくれよぉ、という感じでしたね。

ところが、ところが。
中盤に差し掛かる頃に、時間軸の構成の変化に気づいてからは、一気に入り込めました。
「あ。そういうこと?」と。(笑)

そこからは余計なものは少なくなって、次第に繋がっていくのが、ストーリー的に面白かったですね。
バラバラだったものが整理されて、入り込みやすくなったと思います。
続きが気になる展開。

また、序盤以降は、ゲラルトの出番多めで(笑)エピソード自体も1話完結に近い形になったのも、結果的にはよかったと思います。
なかなか熱い展開も多かったですよね。
シリの両親の結婚エピソードとか、それ単体でも、すごく面白かったです。
まさに、ファンタジー世界らしいエピソード。
・・・そして「驚きの法」登場。(笑)

さらに、「そう繋がるのか」「そういう事情だったのか」という面白さと、「でも、その先には、どう繋がってるの?」という気になる展開の面白さもプラス。

また、序盤で、それぞれの生い立ちや苦難の過去を丁寧に描いているので、結果的には中盤以降、感情移入しやすい状態で、よりドラマチックに。
ゲラルトとイェネファーの関係や、ゲラルトとシリの繋がりなど、結構グイグイと入り込みやすかったですね。

終盤はもう、怒涛の展開。
ゲラルトもさることながら、イェネファーのエピソードが熱かった!
・・・野心あふれる醜い子ブタちゃんだったのに。(笑)
クライマックスは、なかなか胸アツで釘付け。
スケール感と迫力もありましたが、それ以上に、イェネファーの過去をかなり濃く描いていたのが大きかったと思います。

ともすると、「ヘンリー・カヴィルの魅力が炸裂する、小説やゲームのファンもニヤニヤな、娯楽性の高いアクションドラマ」というだけがウリの作品で終わってしまう感じもありますが。
そこを、さらに掘り下げて、キャラクターの魅力や、構成にアイデアを加えてストーリー自体にも面白さをプラスした脚本が、よかったと思います。
そこが、このドラマの個性で魅力だと思います。

・・・あえて言えば。
序盤で難しく感じてしまうと、続きを見ない、最後まで見ない、というリスクもあるかなあ。
とっつきづらくて、ちょっと、もったいないかも。

そのリスクを承知で・・・というシナリオ構成だったと思います。
なかなか冒険した脚本ですねぇ。(スキ。笑)

個人的には、ヘンリー・カヴィルもよかったですが、イェネファー役のアーニャ・チャロトラが素晴らしかったと思います。
醜い容姿から変貌していく過程は、大熱演でしたね。

あと、吟遊詩人ヤスキエル。
いいキャラしてましたね。(笑)
最終的にゲラルトがキレますけど・・・ヤスキエルいなかったら、イェネファーと出会ってないからね、ゲラルト。(笑)
感謝しないと。逆に。

まだまだ書きたいことが山ほどですが。
結局、始めは乗り切れなかったものの、終わってみれば激ハマり。(笑)
気軽に楽しむ・・・というのは、ちょっと難しい、クセのあるドラマですが、入り込めるとかなり面白いと思います。

シーズン2は決定済み!早く続きが見た過ぎる!

個人的には、かなり面白かったです!
壮大なスケールやアクションが見どころ・・・と思ってましたが、ストーリー自体も予想外に(笑)楽しめました!
序盤で諦めず、ぜひぜひ最後まで見てほしい作品ですね。

最終話では、かなりドラマチックな結末を迎えました。
イェネファーは、どうなってしまったのか?
そして、ゲラルトとシリは、どうなるのか?

・・・てか、ニルフガードは、なぜシリの能力を狙うんでしょうね?
そこは結局、謎のまま。

今作は、シーズン1配信前に、すでにシーズン2の制作が決定しています。
以下、公式Twitterより引用です。

も~、早く続きが見たい!
シーズン2にも、期待したいと思います。

・・・吟遊詩人ヤスキエル、出してよね。(笑)