「アンブレラ・アカデミー」シーズン2 全話見ました!感想と評価

「アンブレラ・アカデミー」シーズン2

Netflixオリジナルドラマ「アンブレラ・アカデミー」シーズン2、全話見ました!
個人的な感想と評価です。

スポンサーリンク

海外ドラマ「アンブレラ・アカデミー」シーズン2とは?

特殊能力を持つ7人の兄弟が、世界滅亡の危機を救うため奮闘するSFドラマ第2弾。
Netflix(ネットフリックス)オリジナル制作の作品です。

作品概要や、前作の感想・解説などは、こちら。

Netflixオリジナルドラマ「アンブレラ・アカデミー」シーズン1、見ました! 個人的な感想と評価です。 【追記】 シ...


世界中で、妊娠してないはずの女性が、同日時に出産するという現象が発生。
億万長者ハーグリーヴズ卿が、そのうち7人の子を引き取り「アンブレラ・アカデミー」を設立し、特殊能力を持つヒーローチームへと成長させていくのですが・・・。

シリーズの幕開けとなった、前回のシーズン1では、それから17年後、バラバラになってしまったアンブレラ・アカデミーの兄弟たちが、養父ハーグリーヴズ卿の死を知り、久しぶりに集まるところから始まりました。
そして、長年、行方不明だったナンバーファイブ(5号)が、突然、姿を現し、あと8日で世界が崩壊することを知った一同は、阻止するために奮闘することに。

世界崩壊の原因は何なのか?
謎の組織コミッション(委員会)の存在とは?
深まる謎、あっ!と驚く驚愕展開をはじめ、殺し屋チャチャとヘイゼルとの戦いなど、エンターテイメント要素が満載!

しゃべるサル(笑)ポゴや、不思議な母親、そして兄弟たちの特殊能力の魅力など、アメコミらしい世界観がスタイリッシュな演出で描かれていたのも、見ごたえありました。
音楽の使い方も、素晴らしかった!

とはいえ。
やはり、何といっても、クセ強すぎな(笑)キャラクター性と、兄弟たちを通じて描かれる「家族」の物語が、このドラマの魅力!
それぞれが抱えた過去と苦悩。
兄弟たちの複雑な関係。
両親や家庭への思いなど、ドラマ性としても見ごたえありましたね。
・・・個人的には、殺し屋ヘイゼルとドーナツ屋アグネスのエピソードも好き。(笑)

今までにない、新しい感覚で描かれたドラマだったと思います。

終盤は、怒涛の展開。
最終話では、ついに世界崩壊を迎え、立ち向かった兄弟たちでしたが・・・。
最後は・・・そこで、終わるんかい!という(笑)猛烈に気になる終わり方。

あの後、アンブレラ・アカデミーの兄弟たちは、どうなってしまったのか?

今作シーズン2は、いよいよ、その続き。
シーズン1配信から、約1年半を経て、ようやく登場!
待ってたよぉ!

今回の舞台は、1960年代。
過去の時代へ飛び、難を逃れた兄弟たちでしたが、またしても世界崩壊の危機に直面!
再び力を合わせることに。
さらに、コミッション(委員会)の追及の手も、激しさを増していきます。

追い詰められていくアンブレラ・アカデミー。
果たして、世界を救うことはできるのか?
そして、生きて、元の時代に帰ることはできるのか?

このドラマらしい、個性的な魅力はパワーアップ!
家族や兄弟の絆、そして愛を描くドラマとしても、見ごたえあると思います。
今回も、兄弟たちを愛さずにはいられない!(笑)

なお、あくまでも個人的な所見ですが、前作シーズン1の内容を、ちょっと忘れちゃった、という方でも、スムーズにシーズン2を楽しめるように思います。
コミッション(委員会)の存在さえ知っていれば、あとは多少、忘れちゃって分からないところがあっても、大丈夫のような。

原作は、マイ・ケミカル・ロマンスのボーカルだったジェラルド・ウェイが原作を手がけ同名コミック。
日本でも翻訳版が出版されているようです。

制作・配信は、引き続き、Netflix。
製作総指揮も、前作同様、ドラマ「ファーゴ」「レギオン」「オルタード・カーボン」などのスティーブ・ブラックマンが務めています。

キャストとしては。
1号ルーサーを演じる、「Black Sails/ブラック・セイルズ」「ゲーム・オブ・スローンズ シーズン7 第7章 氷と炎の歌」のトム・ホッパーや、クラウス役の「Misfits/ミスフィッツ 俺たちエスパー!」「ジーニアス:ピカソ」「移動都市/モータル・エンジン」ロバート・シーハンをはじめ、アリソン役エミー・レイバー・ランプマン、ディエゴ役デイビット・カスタニーダ、ヴァーニャ役の「JUNO/ジュノ」「X-MEN:フューチャー&パスト」「インセプション」のエレン・ペイジなど、アンブレラ・アカデミーの兄弟が、再び集合。

ちなみに、ヴァーニャ役エレン・ペイジは同性愛であることをカミングアウトし、その後、女性と結婚しています。

今回、ディエゴは大活躍でしたね。
シーズン1以降、ファイブ(5号)役のエイダン・ギャラガーが人気ですが、今回のシーズン2でディエゴ役デイビット・カスタニーダも、ファンが増えるかもしれませんね。
・・・でも・・・ディエゴ、太ったんじゃない?(笑)

個性的なアンブレラ・アカデミーの兄弟たち。
シリーズを重ね、さらに感情移入しやすくなったのではないかと思います。


Amazon:スニーキー・ピート(字幕版)


また、今回、新たな登場人物として。
ライラに、「ヒューマンズ シーズン2」のリトゥ・アーヤ。
ヒューマンズ」では、マックスのそばに寄りそうシンス、フラッシュ役を演じていました。
今作では、感情表現ありなので(笑)演技もすごくよかったと思います。
これから注目されそうですね。

そして、スウェーデン人兄弟のリーダーに、「ロスト・ガール」「エクスパンス」「ヴァイキング」のクリス・ホールデン=リード。
アリソンのパートナー、レイモンド役に、「グッド・オーメンズ」「オリジナルズ」のユースフ・ゲートウッド。
兄弟たちを支援するエリオット役では、「ビッグ・ラブ」「ブレイキング・バッド」や「LUCIFER/ルシファー」の刑事マルコム・グラハム役で知られる、ケヴィン・ランキンも出演しています。
エリオットも、いいキャラでしたね。

さらに。
ヴァーニャと生活するシシー役で、「スニーキー・ピート」「ミルドレッド・ピアース 幸せの代償」のマリン・アイアランドが登場。
さすが、というか、素晴らしかった!
ヴァーニャのエピソードが、ぐっと見ごたえあったのも、やっぱマリン・アイアランドの迫真の演技のおかげ、という気がする。

脇を固めるキャストにも、注目です!


海外ドラマ「アンブレラ・アカデミー」は、Netflixオリジナルドラマで、現在、シーズン2まで制作されています。
シーズン2は、2020年制作。
各話50分程度の全10話です。

現在 Netflix(ネットフリックス)で配信されています。
(紹介している作品は、2020年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はNetflix公式ホームページにてご確認ください。)

Netflix公式サイトはこちら。

【公式サイト】Netflix


参考記事 Netflixおすすめオリジナルドラマ・最新ラインナップまとめ

参考記事 Netflixオリジナル以外のおすすめ海外ドラマ・最新情報まとめ

  
※以下、かなりネタバレしています。くれぐれも、ご注意ください。

スポンサーリンク

「アンブレラ・アカデミー」シーズン2 あらすじ

2019年4月1日 世界崩壊の日。
ファイブ(5号)の時間移動で、大惨事を逃げ延びたアンブレラ・アカデミーの兄弟たちでしたが、それぞれが1960年から1963年にかけ、違う時代のダラスの街にタイムワープしてしまいます。
兄弟たちは、またしてもバラバラに。
ファイブ(5号)は、1963年11月25日の時代に着地。
そこで、ソ連がアメリカに侵攻し、核攻撃で世界が崩壊する光景を目の当たりにします。

見知らぬ時代で、孤独となった兄弟たちは、それぞれが生きるために新たな生活を始めます。
ようやく再会できたのは、世界崩壊の10日前。
またも世界を救うため、そして、元の2019年に戻るため、ファイブ(5号)は兄弟たちに協力を求めるのですが・・・。
しかし、それぞれが、この時代に大切なものがあり、深く葛藤することになります。
さらに、コミッション(委員会)からは、新たなエージェントが派遣され、再び命を狙われる危機が。

世界崩壊を阻止するカギは、1963年11月22日ダラスで起きるケネディ暗殺事件。
そして、その裏で暗躍する、生きている養父ハーグリーヴズ卿。

果たして、アンブレラ・アカデミーの兄弟たちは、世界を救うことができるのか?
そして、元の時代に帰ることができるのか?

・・・というようなストーリーです。

予告動画はこちら。
アンブレラ・アカデミー シーズン2 予告編


※以下、さらにネタバレしていますので、ご注意ください。

さらに深く「家族」「愛情」を描く!見ごたえあるドラマ性!

待ちに待った、シーズン2。
前回ラストの続きは、どうなったのか?

第1話の冒頭15分から、もはや圧巻!
出し惜しみなしの全力疾走!(笑)
いきなり、見ごたえあって釘付け!

・・・ヘイゼル。
わかってはいたけど、ドーナツ屋のアグネス・・・そうかあ・・・と、感傷に浸る間もなく、派手な展開。

その後は、少し落ち着いて、ドラマ中心になりますが。
ストーリー自体も面白いし、とにかくサクサクとスピーディーな進行。
各話が、ほぼ50分以下なので、一気見するには、ちょうどいい配分で、楽しみやすかったです。
・・・もう、見るのが止まらない。(笑)

それぞれのキャラクターを描くエピソードも、おもしろかったですね!
シーズン1で、兄弟たちの過去の背景が描かれていたので、今回のシーズン2では、さらに感情移入しやすかったと思います。

ま~、とにかく、兄弟たちは、相変わらず、アク強すぎて(笑)個性的。
ファイブ(5号)やクラウスはもちろんですが、前作では、やや影が薄かったディエゴが大活躍!
ライラとのエピソードも、よかったと思います。

そして!
やっぱ、ベンだよ!ベン!(笑)
今回、ベンはよかったなあ!!

逆に、前回はリーダーとして深く描かれたルーサーが、やや存在感が弱かったかな?
今回は、とにかく、いつも食ってた。食ってばっか。(笑)
でも・・・アリソンへの想いは、せつないよねぇ・・・。

兄弟たちの絆や関係性、そして、父や母に対する思い。
ちょっと、おかしな家族の物語が、さらに深く描かれていたと思います。

また、アリソンとレイモンド、クラウスと若き日の恋人デイブ、ヴァーニャとシシーなどなど、今回は「愛」を描くエピソードが多かったのも特徴ですね。
結構、泣けた。

前作以上に、さらにドラマ性としてもパワーアップ!
見ごたえありましたね。

また、60年代という時代背景をうまく活かし、同性愛や女性の抱える問題、人種問題などを描いていたのも特徴的だったと思います。
わりと、社会性も強かったですね。
それでいて押しつけがましくなく、丁寧に描かれていたと思います。

ほかにも、ハーグリーヴズ卿やポゴの、知られざる過去も明らかに!
ハーグリーヴズ卿・・・びっっっくり!ですよね。(笑)
マジでかあ!

ケネディ暗殺をめぐる謎、ヴァーニャの覚醒、そしてコミッション(委員会)との戦いと、エンターテイメントとしても、期待通りのおもしろさ!
今回も、音楽の使い方が、すごくよかったですね。

前作に比べると、個性の強い、スタイリッシュの演出、というのは、ちょっとトーンダウンしたかな?という気もしないでもないですが。
その分、見やすさがアップして、入り込みやすかったかもしれませんね。

笑って泣けて、ハラハラドキドキしながら、魅力的な登場人物たちが織りなす物語に没頭できる。
まさに、全部盛り(笑)な、目が離せない、おもしろさだったと思います。

このドラマらしい魅力が、さらにパワーアップしてましたね。

シーズン3はどうなる?続きが早く見たい!

個人的には、シーズン2も、かなりおもしろかったです!
さすが!
待ってました!
・・・という、期待通りの内容で、大満足!

最終話は、かなり盛り上がりましたね。
スケール感や迫力もあって、息をのむスリリングな展開。
・・・ちょっと、ライラの能力はズルいなあ。(笑)

そして!
最後は、またまた予想外の終わり方!
ええ!?
ど~いうこと!?

今現在、続きとなるシーズン3については、まだ正式な発表はありません。

・・・が!
この終わり方で、シーズン3がないわけがないだろう、と。(笑)

果たして、あの続きは?
・・・なんだよ、スパローって!(笑)

そして、ライラは?
再び登場するのか?

シーズン1の中での説明では、確か1989年10月1日午後12時に生まれた子供は、43人だったと思うんですけど。
・・・まだまだ、兄弟が山ほどいるのかな?

早く続きが見たいですね!
シーズン3に期待したいと思います。

・・・できれば今度は、1年以内の配信で、お願いしたい。(笑)