ドラマ「HALO」U-NEXTで日本配信中 感想と解説

HALO

海外ドラマ「HALO」(ヘイロー)が、U-NEXT(ユーネクスト)で2022年5月4日から配信スタート。
以降、毎週水曜に最新話を1話ずつ追加です。
作品概要や視聴した感想など、まとめました。
※この記事は、随時更新予定です。

■ 第3話 感想:2022.5.18

ドラマ HALO ep3、これはゲームファンはニヤニヤな展開なのかな?&パブロ・シュレイバーのファンにはニヤニヤなショット多めな展開w
おもしろかったし、スケール感も迫力あり・・・なんですが。が。が。
マスターチーフ、2話連続、全然戦わないんだけど、ゲームファンは納得なのか?これw

そのぶん、ドラマ性が濃いとも言えなくもないけど・・・。
よ~やく前置きが終了して動きだした感じで、ややスローペースかもですね。
できれば、マスターチーフの悪魔的な強さを見たいなあ。
次回に期待

(Twitter @zacknet7 より転載)

スポンサーリンク

海外ドラマ「HALO」U-NEXTで日本配信スタート

世界的人気ゲームを原作に、人類と異星人の戦いと、強化人間兵器「スパルタン」の活躍を描いたSF大作「HALO」(ヘイロー)。
注目の新作ドラマが、U-NEXT(ユーネクスト)で日本配信スタートです。

U-NEXT(ユーネクスト)のサービス概要や加入は、こちら。

【公式サイト】U-NEXT


以下、公式Twitterより引用です。

時は、遥か未来の26世紀。
人類は、宇宙へと活動の場を広げ、資源のある惑星を植民地化していきます。
しかし、そんな地球統一政府(UEG)に、植民星の住民たちは反発し、その対立は激化。
さらに、冷酷な異星人同盟「コヴナント」が人類を襲撃し、多くの犠牲が出る事態に。

そんな混沌とした状況の中、地球の国連宇宙軍司令部(UNSC)は、肉体を改造・強化した人間型兵器「スパルタン」を開発し、紛争地帯に派遣。
特に、最強のスパルタンであるマスターチーフが率いる「シルバーチーム」は、圧倒的な成果を上げていくのですが・・・。
やがて、マスターチーフが、謎の物体「HALO」を発見したことをきっかけに、事態は予想もしなかった方向へ向かうことになります。
人類とコヴナントの戦いの行方は、どうなるのか?
謎の物体「HALO」の真相とは?

予告動画は、こちら。
「HALO」予告編

人類とエイリアンの戦いを、壮大なスケールで描くSF超大作!
大迫力の戦闘シーンはもとより、司令部内部での陰謀や、植民星住民たちとの対立、敵であるコヴナント側の事情など、さまざまな思惑が交錯する、厚みがあるストーリー性も見どころ。
自身の過去に悩みながら葛藤していくマスターチーフを中心に、登場人物たちを深く描いた人間ドラマとしても注目です。

まさに、ゴリゴリの超娯楽大作!
存分に楽しむことができる作品だと思います。

原作となるのは、有名な同名SFアクションゲーム「HALO」(ヘイロー)。
名前だけは聞いたことがある、という方も多いかもしれませんね。

「HALO」は、2002年マイクロソフト初のゲーム機となる「Xbox」用ソフトの目玉としてリリースされ、大ヒットとなりました。
ゲームはFPS(一人称目線のシューティング型アクション)で、プレイヤーがマスターチーフとなり、コヴナントと戦いながら、謎に迫っていくストーリーです。

「HALO」のPC版の動画は、こちら。

Halo:Combat Evolved

当初のオリジナルシリーズは、3部作。
その後、新シリーズやスピンオフ、リマスター版なども製作されています。

今現状の最新作は、「HALO Infinite」(HALO 6)。
なお、Xbox Series X/S、Xbox One用ソフトですので、PS5では遊べません。ご注意を。

予告動画は、こちら。
「Halo Infinite」公式ローンチトレーラー

・・・なんとな~く、原作ゲームのノリが伝わりますかね?
ゲーム以外にも、書籍、コミック、アニメといった、幅広いメディアでも作品が制作されています。


今作のドラマ版では、オリジナル3部作の1作目「Halo:Combat Evolved」をベースにしているそうですが、ドラマ版のオリジナル・エピソードもあるそうです。
私は(Xboxを買ったことがないので)ゲームをプレイしてないのですが・・・。
ゲーム内容とドラマのストーリーが、どれくらい違うのかは、ちょっと分からないです。ごめんなさい。
ゲームをプレイしたことがある方は、そのあたりも比較して楽しめるかもですね。

制作・配信は、米国CBS系列の動画配信サービス「Paramount+」。
「グッド・ファイト」「スタートレック:ディスカバリー」「ザ・スタンド」などのオリジナル作品で知られています。
当初は、同じ系列の米国Showtimeでの放送予定でしたが、急遽、Paramount+に「お引っ越し」しました。
日本での配信はどうなるのか心配されましたが、問題なく上陸して一安心。

そして、制作会社には、Showtime Networksのほか、スティーブン・スピルバーグ率いる「アンブリン・エンターテインメント」も参加しています。

製作総指揮は、「マインド・ゲーム」のカイル・キレンと、「ザ・ラストシップ」のスティーブン・ケイン。
また、スティーブン・スピルバーグも名を連ねています。

キャストとしては。
人間型兵器「スパルタン」のマスターチーフことジョン117を演じるのは、パブロ・シュレイバー。
オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のエロヒゲこと(笑)刑務官ジョージ・メンデス役で知られています。
ほかにも、「THE BRINK 史上最低の作戦」「アメリカン・ゴッズ」「ジェイコブを守るため」と、近年はノリに乗ってる活躍ぶり。
ちなみに、実のお兄さんは「レイ・ドノヴァン」のリーヴ・シュレイバー。

・・・ゲームをプレイしたことがある方、イメージ的には、どうでしょうか?
パブロ・シュレイバーは、映画「ザ・アウトロー」でもハードな役どころを演じてましたが、海外ドラマファン的には、やっぱコミカルなキャラのイメージ。
最強戦士を演じるは、なかなか新鮮。
・・・てか、少し太ったかね?(役作り?)

そして、「スパルタン」の生みの親キャサリン・ハルゼイ博士に、映画「トゥルーマン・ショー」「RONIN」「キリング・ミー・ソフトリー」のナターシャ・マケルホーン。
ドラマ作品では「カリフォルニケーション」「サバイバー:宿命の大統領」でも、おなじみ。
今作でも、かなり謎めいて野心的なキャラクターですね。

マスターチーフ専用AIのコルタナの声は、ジェン・テイラーが演じています。
ゲーム版でもコルタナを演じ、ドラマ版でも引き続き同じ役の声を担当。

惑星マドリガルの生存者の少女クワン・ハ役は、新鋭イェリン・ハ。
オーストラリアの女優さんだそうです。
ドラマ性をググっと盛り上げているのは、イェリン・ハの迫真の演技のおかげではないかと思います。
大熱演!
今後が楽しみな女優さんですね。

ほかにも、惑星マドリガルの新たな総督ヴィンシャーに、「秘密情報部トーチウッド」「エクスパンス 巨獣めざめる」のバーン・ゴーマン。
異星人の専門家ミランダ・キース博士に、オリーヴ・グレイ。
異星人同盟コヴナントに属する人間マキーに、「ハッピー・バレー 復讐の町」「ピーキー・ブラインダーズ」チャーリー・マーフィ。
スパルタン訓練センターから逃亡した過去を持つソレンに、「FARGO/ファーゴ シーズン2」ボキーム・ウッドバインなどが、出演しています。

人種も年齢も性別も、かなり多彩な出演陣。
素晴らしい演技も、見どころだと思います。

今作は、本国では2022年3月から配信スタート。
全9話予定で、最終回が5月19日配信という、まさに最新作。

以前から、海外ドラマファンはもちろん、ゲームファンも注目していた話題作が、いよいよ日本上陸!
果たして、どんな内容なのか?
猛烈に楽しみです!

海外ドラマ「HALO」(ヘイロー)は、U-NEXT(ユーネクスト)で、2022年5月4日から配信スタート。
以降、毎週水曜に最新話を1話ずつ追加予定です。


U-NEXT(ユーネクスト)のサービス概要や加入は、こちら。

【公式サイト】U-NEXT


U-NEXTのおすすめ海外ドラマ最新ラインナップは、こちら。

U-NEXT(ユーネクスト)の海外ドラマの配信情報や、おすすめ作品をまとめてみました。 ※この記事は随時更新中です。 【...


※以下、ネタバレを含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

ドラマ「HALO」あらすじ

西暦2552年。
地球統一政府(UEG)は、広大な宇宙へと活動を広げ、資源を採掘できる惑星を次々と植民地化。
しかし、惑星マドリガルに移住した住民たちはUEGの統制に反発し、自由と独立を求め、対立が深まっていました。
さらに、異星人同盟「コヴナント」が人類に攻撃をしかけ、多くの犠牲が出る事態に。
人類同士の内戦と、エイリアンの襲撃とが重なり、情勢は混迷を極めることになります。

やがて、惑星リーチにある国連宇宙軍司令部(UNSC)は、キャサリン・ハルゼイ博士を中心に、肉体を改造・強化した人間型兵器「スパルタン」を開発。
なかでも、マスターチーフが率いる「シルバーチーム」は、まさに最強兵器として、反体制派からもコヴナントからも恐れられる存在に。

そんなある日、惑星マドリガルをコヴナントの軍勢が襲撃。
そこにマスターチーフが率いる「シルバーチーム」が到着し、敵を鎮圧しますが、住人たちは全滅し、生き残ったのは少女クワン・ハただ一人。
そして、マスターチーフは、コヴナントが密かに発掘していた洞窟で、謎の物体「HALO」を見つけ、惑星リーチの本部に持ち帰ろうとします。

しかし、その出来事をきっかけに、失っていた記憶を取り戻し始めたマスターチーフは、本部からのクワン・ハ殺害命令を無視。
反逆者としてなって、追われる身となってしまいます。

不思議な力を持つ物体「HALO」をめぐり、攻防は次第に激化。
果たして、「HALO」とは何なのか?
人類とエイリアンの戦いの行方は?

・・・というようなストーリーです。

U-NEXT(ユーネクスト)のサービス概要や加入は、こちら。

【公式サイト】U-NEXT


※以下、さらにネタバレを含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

ドラマ「HALO」第1話 感想

第1話、見ました。
・・・お・・・思っていたより、面白かったです。(すまん)

正直に書くと、見る前は、あんま期待してませんでした。(すまんね。すまん)
以前から話題にはなっていて、配信前に見ていた予告動画も迫力ありそうだったんですけど・・・。
とはいえ、目玉の出演者は、マスターチーフ役パブロ・シュレイバーと、キャサリン・ハルゼイ博士役ナターシャ・マケルホーンくらいで、あとはよく知らない俳優さん。
娯楽作品ではあるものの、ドラマ性はそっちのけでショボそう・・・という、先入観。

冒頭の惑星マドリガルの戦いは、思った以上に迫力もあって、猛烈にスリリング。
FPSみたいな、原作ゲームを意識した演出もあって、ゲームファンはツボだったのではないでしょうか。
マスターチーフとシルバーチームの活躍も、かっこよかった・・・ですが、個人的には、動きのCGが、ちょっとアレ?かな?う~ん・・・。

とはいえ、異星人同盟コヴナントの殺し方が、結構エグくて、残忍性と恐怖がビンビン伝わってきましたね。
スゴかった。
シリーズのオープニングとしては、インパクトあったと思います。

以降、惑星リーチの軍本部のエピソードになりますが、やはりSFらしい専門用語が入り混じり、状況説明が多かった印象。
これは、まあ、仕方ないですかねぇ。
今後の深い描き方に期待したいと思います。

終盤に向けては、ググっと盛り上がっていきましたね。
クライマックスは、スリリングで面白かったです!

序盤の戦闘シーンもそうでしたが、やはり少女クワン・ハ役イェリン・ハの演技があってこその盛り上がりだったと思います。
あの、真に迫った恐怖の表情。
だからこそ伝わってきたように思います。

そして、ヘルメットを脱いだ中から、パブロ・シュレイバー登場!(笑)
人間味が表に出てきて、ドラマとしては、かなり盛り上がったと思います。
・・・熱い!熱いぜっ!(笑)

全体的には、なかなか見ごたえのある第1話だったと思います。
状況説明も多かったですが、シリーズの出だしとしては、つかみはOK!みたいな。(笑)

「HALO」をめぐる謎もあって、続きが気になりますよね。
マスターチーフとクワン・ハは、どうなるのか?
今後が猛烈に楽しみです!

あ。そうそう。
今作は4K配信だそうです。
ウチのポンコツテレビでも、やっぱ、いつもよりキレイ。
4K視聴環境がある方は、より楽しめると思います。

ドラマ「HALO」以降の感想は随時追記します

個人的には、なかなか面白かったです。
大迫力のSF大作ドラマ。
これから毎週楽しんでいこうと思います。

その他の詳細や、視聴した感想などは、改めてこの記事に追記したいと思います。
新しい情報があれば、Twitter(@zacknet7)などでも、つぶやいていこうと思います。

ドラマ「HALO」、お見逃しなく!

U-NEXT(ユーネクスト)のサービス概要や加入は、こちら。

【公式サイト】U-NEXT

スポンサーリンク