ドラマ「アレックス・ライダー」全話見ました 感想と評価

アレックス・ライダー

海外ドラマ「アレックス・ライダー」シーズン1、全話見ました。
個人的な感想と評価です。

スポンサーリンク

海外ドラマ「アレックス・ライダー」とは?


アレックス・ライダー

Amazon:アレックス・ライダー(字幕版)

Amazon:アレックス・ライダー(吹替版)


大ベストセラー小説を原作に、若き諜報員の活躍と成長を描いたスパイアクションドラマです。

舞台は、イギリス。
平凡な生活を送る高校生アレックス・ライダーは、叔父の死に不信を抱き、調べ始めたことをきっかけに、英国秘密情報部にスカウトされ、エージェントとして活動することになります。
やがて、叔父の死の真相を追うため、人里離れた問題児たちの更生施設へと潜入したアレックスは、そこで恐ろしい計画を察知し、危険を顧みず、巨大な陰謀を阻止するため立ち向かうことに。
果たして、アレックスの運命は?

まさに英国伝統とも言える、本格スパイドラマ。
主人公は高校生のティーンエイジャーですが、その活躍は大人顔負けのプロフェッショナルな雰囲気。
それでいて、家族や友人との関係など、青春モノらしさのテイストも見どころ。
スリリングでハラハラドキドキのエンターテイメント作品です。

原作は、アンソニー・ホロヴィッツの小説「アレックス・ライダー」シリーズ。
全世界で2,000万部以上を売り上げた、大人気シリーズなのだとか。
日本でも、シリーズの一部は翻訳され、買えるようです。
機会があれば、ドラマ版と比べてみるのもいいかも。

2006年には、映画「アレックス・ライダー」も制作・公開されました。
この時の原作は、小説シリーズ第1作目「ストームブレイカー」。

主人公アレックス役には、「マジック・マイク」のアレックス・ペティファー。
当時は16歳。
ほかにも、叔父イアン役ユアン・マクレガーをはじめ、アリシア・シルヴァーストーン、ミッキー・ローク、ダミアン・ルイスなどなど、豪華なキャストが出演しています。


アレックス・ライダー

Amazon:アレックス・ライダー(字幕版)


今現在(あくまでも今現在)DVDのリリースのほか、U-NEXT(ユーネクスト)とAmazonプライムビデオで配信中です。
機会があれば、ぜひ。
(紹介している作品は、2022年11月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各サービスの公式サイトにてご確認ください)


各サービスの詳細や加入は、こちら。

【公式サイト】U-NEXT

【公式サイト】Amazonプライム・ビデオ

そんな有名作を、ドラマ化したのが今作。
今回のドラマ版では、小説シリーズ第2作目「ポイントブランク」がベースになっています。

製作総指揮と脚本は、「メディチ」「暗号探偵クラブ」「ボルジア家 愛と欲望の教皇一族」などの脚本家ガイ・バート。
原作者アンソニー・ホロヴィッツも、製作総指揮として名を連ねています。

キャストとしては。
主人公アレックス・ライダー役に、「戦争と平和」「ミセス・ウィルソン」「女刑事マーチェラ」のオット・ファラント。
演技力や存在感もさることながら、アクションの動きも素晴らしい。(若いって素晴らしい。笑)
・・・イケメンだしね。(笑)
この作品で、これから注目度がアップしそうですね。

そして、秘密情報部の特別作戦局局長アラン・ブラントには、「THE TUNNEL/トンネル 国境に落ちた血」「ザ・クラウン」や「ゲーム・オブ・スローンズ」のスタニス役など、数々の作品でおなじみ名優スティーヴン・ディレイン。
今作は、また違った雰囲気の役どころを見事に演じていますね。
さすがの存在感。

そして、叔父イアン・ライダーに、「ブロードチャーチ 殺意の町」「アガサ・クリスティー ABC殺人事件」のアンドリュー・バカン。
「ザ・クラウン」シーズン3では、アン王女と親しくなるアンドリュー・パーカー・ボウルズ役でした。

アレックスの親友トムに、「ゲーム・オブ・スローンズ」のブレノック・オコナー。
ジョン・スノウを慕っていた、ナイツウォッチの少年オリー。あの子です。
・・・すっかり大人になっちゃったなあ。(笑)

ほかにも、特別作戦局副局長ジョーンズ夫人に、「ライン・オブ・デューティ」のヴィッキー・マクルア。
叔父イアンの相棒だったマーティンに、「ザ・テラー」「24:リブ・アナザー・デイ」「ワンス・アポン・ア・タイム」アーサー王役のリアム・ギャリガン。
ヤッセン・グレゴロヴィッチに、「ストライクバック:極秘ミッション」「コバート・アフェア」のトーマス・レヴィン。

さらに!
特殊部隊のリーダー、ウルフには、「マスケティアーズ パリの四銃士」ポルトス役ハワード・チャールズ。
ポイントブランクの学部長エヴァステレン・ボッシュに、「エメラルドシティ」西の魔女役アナ・ウラル。

英国を代表する、豪華俳優陣がそろってますね。
キャストの演技にも注目です。


アレックス・ライダー

Amazon:アレックス・ライダー(字幕版)

Amazon:アレックス・ライダー(吹替版)


海外ドラマ「アレックス・ライダー」は、現在シーズン2まで制作されています。
シーズン1は、2020年制作。
各話45分程度の全8話です。

現在、U-NEXT(ユーネクスト)では、シーズン1~2が見放題配信中。
Amazonプライムビデオなどでは、シーズン1が有料レンタル配信中です。
(紹介している作品は、2022年11月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各サービスの公式サイトにてご確認ください)


各サービスの詳細や加入は、こちら。

【公式サイト】U-NEXT

【公式サイト】Amazonプライム・ビデオ


参考記事 U-NEXTおすすめ海外ドラマ・映画 ラインナップ

参考記事 Amazonプライムビデオおすすめ海外ドラマ


※以下、ややネタバレしていますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

ドラマ「アレックス・ライダー」あらすじ

イギリスのロンドンで、平凡な生活を送る高校生アレックス・ライダー。
ある日、育ての親である銀行家の叔父イアンを交通事故で失いますが、その死に不信を抱いたアレックスは独自に事故の真相を調べ始め、ある謎の組織へと行きつきます。
その組織とは、英国秘密情報部の特別作戦局。
アレックスは、叔父イアンは銀行家ではなく、政府秘密機関のエージェントで、任務中に殺害されたことを知ります。
叔父イアンが追っていたのは、問題児を更生させる施設「ポイントブランク」。

やがて、特別作戦局局長アラン・ブラントにスカウトされ、エージェントとなったアレックスは、叔父イアンの死の真相と、次々と殺害された大富豪の死の接点を探るため、雪に覆われたアルプス山脈にある、孤立した施設「ポイントブランク」へと潜入します。
そこで、恐るべき陰謀を知ったアレックスは、危険を顧みず計画を阻止しよう奮闘するのですが・・・。

果たして、叔父イアンの死の真相とは?
「ポイントブランク」に隠された謎とは?
アレックス・ライダーの運命は、いかに。

・・・というようなストーリーです。

予告動画はこちら。
アレックス・ライダー 予告


※以下、ややネタバレしていますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

ドラマ「アレックス・ライダー」感想

シーズン1、全話見ました。
いや~、おもしろかったです!
やはり、いかにも英国製ドラマ、という雰囲気でしたね。
ド派手に大爆破!とかいうのではなく、じわじわと静かに「暗躍」する感じ。
裏の世界、闇の陰謀という、謎めいたムードが漂う面白さ。

それでいて、ストーリーのテンポはよくて、展開は早めでしたね。
第1話は、あっという間に終わった感じ。
あれよあれよという間に、スカウトされちゃった。
アレックスへの「圧」の掛け方も、何とも政府の秘密組織っぽい。(笑)

また、高校生のティーンエイジャーな一面も、よかったと思います。
親友トムとの日常や、複雑な家庭で孤独に悩むナイーブな一面もあったりと、見どころ多かったと思います。
確かに、状況説明も多く、ドラマ性を深く描く・・・という部分では、物足りなさもあったかもしれませんが。
スパイアクションの面白さ、という部分では、サクサクと進んで、見やすかったと思います。
序盤から追跡シーンなどもあって、意外とハラハラドキドキ。
アクションも見せ方がうまくて、なかなか迫力ありましたね。

そして、中盤からは「ポイントブランク」への潜入捜査。
アレックスの洞察力とか、「ポイントブランク」というキーワードの謎とか、秘密の政府組織とか、まさにスパイドラマの王道のおもしろさ、という感じでしたね。
・・・そういうとこも、ある意味、英国ドラマっぽい。(笑)

「秘密諜報員」「陰謀」という、このドラマのジャンル特有の面白さが際立っていたと思います。
「ポイントブランク」とは、何なのか?
その裏に隠された、陰謀とは?
派手さはないけど、謎めいたスリリングな展開で、続きが気になる展開。

そして、終盤はかなり盛り上がりましたね。
アクションも多めで、まさにクライマックス!
見ごたえありました。

・・・で。
陰謀も阻止できて、事件は無事に解決。
と思いきや。
最終話で、また一段、意外な展開。
まさか、まさか、アレックスが二人!
最後の最後まで、ハラハラドキドキの、気の抜けないストーリーだったと思います。

キャクターも、魅力的でよかったと思います。
主人公アレックス・ライダー役オット・ファラント。
・・・正直、見始める前は、そんな強そうでもない感じで(失礼!)エージェント役とか大丈夫なのかな?と、やや不安でしたが。
なかなか、どうして。
結構、よかったですね。
ほんと、普通の高校生っぽいんだけど、どこかちょっと違う、というキャラクター性を、うまく演じていたと思います。

アレックスの親友トムもよかったですね。
・・・X-MENを、女子に熱く語るオタクなテイストに、激しく共感。(わかる。わかる。笑)

局長アラン・ブラント役スティーヴン・ディレインや、副局長ジョーンズ夫人役ヴィッキー・マクルアといった、アレックスを取り巻く大人たちも、すごくよかったです。
寡黙でクールな感じが、さすが!でしたね。

全体的には、ティーンエイジャーものと英国スパイドラマの要素がバランスよく構成された、まさに王道の面白さ。
子供っぽくはなく、わりとハードでシリアスなトーンで、見ごたえのある娯楽作だと思います。
・・・映画ネタが多めなのも、よかったです。(笑)

続編は制作済み。アレックスの運命は?

個人的には、かなり面白かったです。
展開も早くて、ハラハラドキドキ。
想像していたよりはスパイドラマ要素が強くて、楽しみやすかったですね。

最後は、いつもの日常を取り戻したアレックス。
任務は一度きりの約束で、平和な高校生活に戻った・・・というアレックスを遠くから見ている局長ブラントと副局長ジョーンズ夫人。
かなり思わせぶりなラストでした。

この続きは、すでに制作されています。
・・・やはりアレックスは、再び危険な任務に挑むことになるのか?
果たして、アレックスの運命は?

次回を楽しみにしたいと思います。

次のシーズン2の詳細は、こちら。
アレックス・ライダー シーズン2 感想と解説