ドラマ「ホイール・オブ・タイム」日本配信中 感想と解説

ホイール・オブ・タイム

海外ドラマ「ホイール・オブ・タイム」(時の車輪)が、Amazonプライム・ビデオで2021年11月19日から配信スタート。
以降、毎週金曜に最新話を1話ずつ配信予定です。
作品概要や解説、感想などまとめました。

■ 第5話 感想:2021.12.3

ホイール・オブ・タイムep5、今回もおもしろかったです!
若者5人以外も含め、それぞれの絆と、動き出す運命がドラマチック。
そして、少し政治色が出てきたかな?
新キャラも登場したりと、盛りだくさん。
・・・ただ、マットが心配ですね。
最後は、涙、涙・・・。
次回も楽しみです!

あと・・・出てきてないけど、やっぱ黄アジャはいるのねww
そして、「骨折り熱」が、ちょ~~怖ぇ。

護衛士ステピンを演じるのは、フィンランドの俳優ペーテル・フランツェーン。
ドラマ「ヴァイキング」のハーラル1世=ハラルド・ファインヘア王役が有名。
今作は、忠義にあつい役柄でしたね。
あっぱれ!

(Twitter @zacknet7 より転載)


【追記:2021.11.24】
今作「ホイール・オブ・タイム」の初回配信が、本年度オリジナル作品の初回配信で一番視聴された模様です。
以下、公式Twitterより引用。


【追記:2021.11.24】
ドラマ「ホイール・オブ・タイム」の配信ページでは、設定の解説や地図画像などが公開中。
配信ページの「エピソード」の隣に「探す」があるのでクリック、です。
以下、公式Twitterより引用です。

スポンサーリンク

ドラマ「ホイール・オブ・タイム」Amazonプライムで配信中


ホイール・オブ・タイム

Amazon:ホイール・オブ・タイム(字幕・吹替版)


ベストセラー小説を原作に、壮大なスケールで描く冒険ファンタジー「ホイール・オブ・タイム」(時の車輪)。
注目の最新オリジナル作品が、Amazonプライム・ビデオで配信スタートです。


Amazonプライム・ビデオ公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Amazonプライム・ビデオ


以下、公式Twitterより引用です。

魔法使いの女性たちの集団「アエズ・セダーイ」(異能者)。
その一員モイレインは、ある村に住む5人の若者たちのひとりが、世界を救うか破滅させると予言されている「竜王の再来」であると確信し、彼らと共に旅立つことになります。
かつて世界を破滅させた「闇王」の追っ手が迫る中、大きな試練と危険を乗り越えながら、旅を続ける一同。
やがて、さらなる運命の出来事が・・・。
「竜王の再来」は誰なのか?
救済か?破滅か?
世界の運命は?

予告動画は、こちら。
「ホイール・オブ・タイム」予告編

壮大なスケールで描かれる、冒険ファンタジー大作。
・・・お金かかってる感。(笑)
また、突然、運命に翻弄されることになってしまった、若者たちの苦悩や葛藤といった、ドラマ性の面白さも見どころだと思います。

不気味な魔物の登場や、魔法使いや剣士の活躍などなど、まさに王道のファンタジー。
ただ、そこそこエグかったりグロかったりするので、ご注意を。
一応、16歳以上推奨。

子供向けというよりは、わりと大人が楽しみやすい、刺激の強い作品だと思います。

原作は、ロバート・ジョーダンの長編ファンタジー小説「時の車輪」シリーズ。
私は、原作を読んだことがありませんが、シリーズは全14部 + 外伝と、かなり壮大な物語だそうです。

日本でも翻訳本が発売されていて、読むことができるようです。
原作とドラマを見比べてみるのも楽しいかもしれませんね。
ただ、第1部だけで上・中・下巻の3冊構成というスケール感。
そして、今現在(あくまで今現在)では、第13・14部が日本語未訳だそうです。

そんな大長編ファンタジー小説を、Amazonがオリジナル作品としてドラマ化したのが今作。
ソニー・ピクチャーズ・テレビジョンとの共同制作のようです。

製作総指揮は、「エージェント・オブ・シールド」「CHUCK/チャック」「ヘムロック・グローヴ」などの制作・脚本を務めたレイフ・ジャドキンス。
今作でも、第1話の脚本を担当しています。

レイフ・ジャドキンスはじめ、他の制作陣も、今作のような大作を作り上げるのは初めての模様。
その手腕に注目です。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

キャストとしては。
アエズ・セダーイの一員モイレイン・セダーイに、ロザムンド・パイク。
映画「ゴーン・ガール」の失踪した妻エイミー役が有名。
最近では、映画「パーフェクト・ケア」に出演し、ゴールデン・グローブ賞 主演女優賞を受賞しています。
実力派の貫禄と存在感は、今作でも健在。

トゥー・リバースの村の若者ランド・アル=ソアには、ジョシャ・ストラドウスキー。
エグウェーン・アル=ヴィアに、「ピクニックatハンギングロック」のマデリーン・マッデン。
マット・コーソンに、バーニー・ハリス。
ペリン・アイバラに、マーカス・ラザフォード。
そして、村の賢女ナイニーブ・アル=メアラに、「パワーレンジャー・ニンジャスティール」のゾーイ・ロビンズ。

「竜王の再来」・・・かもしれない、運命の5人を演じるのは、いずれも今後の活躍が期待されている、新鋭の若手俳優たち。
あまり馴染みがないぶん、フレッシュな顔ぶれ。
果たして、誰が?・・・というのも、見どころですね。

さらに、モイレインの護衛士ラン・マンドラゴランに、「クリミナル・マインド FBI行動分析課」のダニエル・ヘニー。
ランドの父タム・アル=ソアに、「ゲーム・オブ・スローンズ」ルース・ボルトン役マイケル・マケルハットン。
・・・今作では、いい人なルース・ボルトン。(違)

また、自らを竜王と名乗るロゲインに、「ペーパー・ハウス」の教授役でおなじみ、アルバロ・モルテ。
アミルリン位シウアン・サンチェには、「ラチェッド」「ホロウ・クラウン 嘆きの王冠」「モダン・ラブ シーズン2」などなど、英国を代表する女優ソフィー・オコネドーも登場。

新鋭俳優を支える、豪華なベテラン俳優陣にも注目です。


ホイール・オブ・タイム

Amazon:ホイール・オブ・タイム(字幕・吹替版)


ずいぶん前から、Amazonオリジナルの大作として話題になっていた今作。
いよいよ、配信スタートです!
全8話予定で、すでにシーズン2も決定しています。

なお、最終回の第8話は、2021年12月24日クリスマス・イヴに配信予定。
・・・ちょっと盛り上がるといいですね。

果たして、どんな物語が繰り広げられるのか?
期待したいと思います。

海外ドラマ「ホイール・オブ・タイム」(時の車輪)は、Amazonプライム・ビデオで、2021年11月19日から配信スタート。
初回は3話同時。以降、毎週金曜に最新話を1話ずつ追加です。

何か変更などあれば、この記事に追記したいと思います。

Amazonプライム・ビデオ公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Amazonプライム・ビデオ


Amazonプライム・ビデオのおすすめ海外ドラマ最新ラインナップは、こちら。

Amazonプライム・ビデオで配信中の海外ドラマの中から、実際に鑑賞した上で、おすすめ作品をまとめてみました。 ※この記事は随時更...
スポンサーリンク

Amazonオリジナル「ロード・オブ・ザ・リング」にも注目

Amazonでは、プライム・ビデオのオリジナル作品として、もう一作、大型ファンタジードラマが配信予定。
それが、「ロード・オブ・ザ・リング」です。

以下、公式Twitterより引用です。

映画作品としても有名な「ロード・オブ・ザ・リング」
J・R・R・トールキンの小説「指輪物語」を、今度はAmazonがドラマ化。
10億ドルの予算で、すでにシーズン5までの製作を計画。
(製作費的にも)かなり気合い入ってるようで(笑)映画にも負けないスケール感との期待から、ファンの間では話題になっています。

キャストとしては、「ゲーム・オブ・スローンズ」で若き日のエダード・スタークを演じたロバート・アラマヨをはじめ、おなじく「ゲーム・オブ・スローンズ」のベンジェン叔父さん、ジョゼフ・マウルや、「トップ・オブ・ザ・レイク」「ウエストワールド」のピーター・マランなどなど、豪華出演者が共演予定。

配信日は、今現状では、2022年9月2日の予定です。
まだ予告動画も公開されてない状況ですが、今から猛烈に楽しみですね。

フロドやガンダルフが、新しい形で帰ってきます。
今作「ホイール・オブ・タイム」ともども、注目です。

Amazonプライム・ビデオ公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Amazonプライム・ビデオ


※以下、ややネタバレを含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

ドラマ「ホイール・オブ・タイム」あらすじ

特別な魔力を持つ女性たち「アイズ・セダーイ」(異能者)の一人であるモイレイン・セダーイは、世界を救うか破滅させると予言されている「竜王」の生まれ変わりが、すでにこの世に誕生し、成人になっていると察知します。
そして、かつて世界を破滅させた「闇王」が再び目覚め、「竜王の再来」を狙っていることを知り、護衛のラン・マンドラゴランとともに、「竜王の再来」を探すため、旅立つことに。

長い旅路の末、いにしえの民の子孫たちが住むトゥー・リバースの村にたどり着いたモイレインは、村の若者ランド、エグウェーン、マット、ペリン、そして村の賢女ナイニーブの5人のうち、誰かひとりが「竜王の再来」であると気づくのですが・・・。
しかし、そんな矢先、闇王の軍勢トロロークたちが村を襲撃。
モイレインはランドやエグウェーンを連れ、再び旅立つことに。

闇王の追っ手を振り切りながら、特別な異能者アイス・セダーイの待つ「白い塔」を目指し、旅を続ける一同。
やがて、さらなる運命の出来事に直面します。
果たして、「竜王」の再来は誰なのか?
世界の運命は、どうなるのか?

・・・というようなストーリーです。


Amazonプライム・ビデオ公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Amazonプライム・ビデオ

  
※以下、さらにネタバレを含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

ドラマ「ホイール・オブ・タイム」第1~3話 感想

私は、原作を読んだことはもちろんのこと、原作そのものの存在も、全然知らなくて。(お恥ずかしい)
まったく予備知識なしで、見始めました。
以前から話題になってはいた注目作ですが、思っていた以上に気合い入っていて(笑)初回から面白かったです。

なかなか、スケール感ありましたね。
CGとの合成も多いですが、それでも結構、雄大な自然のロケーションは圧巻。
結構ガチで、すごいとこまでロケに行ってるんですね。
そこも見どころだと思います。

見る前は、そこそこティーンエイジャー系のファンタジーかな?と思ってましたが。
子供っぽさも薄く、どちらかといえば大人向けの傾向が強い作品で、意外でした。
・・・暴力描写もエグかったりして、ハード。

ランドやエグウェーンといった若者を主人公に置くのではなく、モイレインをリード役に全体的な群像劇っぽい構成に広げているのも、ティーンエイジャー系の要素が薄くなっている要因かもしれませんね。
苦難の中で成長していく若者たちの物語だけでなく、まわりの大人たちも含めた人間模様が描かれていて、より「ファンタジードラマ」なテイストが強くなっていたと思います。

内容的には、まさにファンタジーの王道。といった感じ。
魔物や魔法が出てくる世界観で繰り広げられる冒険譚。
安定の面白さ。

・・・モイレイン様の魔法が、これまた、ファイガ!サンダガ!で、癒しもケアルガ!みたいな。(FFに影響されすぎ)
ファンタジー系が好きな方は、かなりはまりやすいのではないかと思います。
どストライクかな?これ。

しかも、それほど難しい設定はなく、主要な登場人物も少なめ、というのも見やすかったですね。
あれこれ考えず、気軽に入り込みやすい展開だったと思います。
テンポもよく、見どころも多くて面白かったですね。

・・・ただ、あまりに王道すぎて、安定はしてるけど新鮮味や驚きは、まだちょっと少ないかな?
あと、ドラマ性を深く掘り下げるという部分は、弱いかも。
どちらかというと、エンターテイメントとして楽しむ感じが強いですかね。
そのあたりが、今後どうなっていくのかがポイントかもしれませんね。

まだまだ序盤で、謎が多い感じではありますが。
続きが、すごく気になる展開ですよねぇ。
第3話の最後も、またまた新キャラ登場。
ど~なっちゃうの?

思ったよりは、ゴリゴリなファンタジードラマ。
今後の物語に期待したいと思います。

ドラマ「ホイール・オブ・タイム」以降の感想は随時追記します

個人的には、序盤の第1~3話から面白かったです。
見やすくて、ハマりやすいドラマではあると思います。
これから毎週、楽しみです!

以降の感想は、視聴次第、Twitter(@zacknet7)でツイートの上、この記事の冒頭でも、随時、追記していこうと思います。
一緒に楽しみましょう!

「ホイール・オブ・タイム」(時の車輪)、お見逃しなく!

Amazonプライム・ビデオ公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Amazonプライム・ビデオ