ハンドメイズ・テイル 侍女の物語 シーズン2 Huluで配信 感想と解説

Hulu

海外ドラマ「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」シーズン2が、Hulu(フールー)で配信スタートしました。

【追記:2018.11.21】
「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」シーズン2、全話配信されました。


【追記:2018.9.21】
「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」が、本年度2018年のエミー賞で、15部門にノミネートされ、ゲスト女優賞(サミラ・ワイリー)、編集賞、プロダクションデザイン賞を受賞しました!
エミー賞の詳細は、こちら。

2018年 第70回エミー賞の授賞式が開催! 各賞の受賞結果と、HuluやNetflix、Amazonプライム・ビデオなどでの配信...
スポンサーリンク

「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」シーズン2 Huluで配信!

有名小説を原作に、ディストピア世界を描いた米国Huluオリジナルドラマ「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」(原題:The Handmaid’s Tale)。
そのシーズン2が、Hulu(フールー)で配信スタートです!

Hulu(フールー)公式サイトはこちら。

【公式サイト】Hulu


作品の概要や、前作シーズン1の感想などは、こちら。

海外ドラマ「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」シーズン1を全話観ました。 個人的な感想と評価です。 海外ドラマ「ハンドメイズ...


前回のシーズン1では、近未来の独裁宗教国家ギレアド共和国を舞台に、ただ子供を産むためだけの道具「侍女」となってしまった主人公オブフレッドの壮絶な人生が、美しくも恐ろしく描かれていきました。

目をそむけたくなるよう絶望的な恐怖の世界で、それでも希望を捨てず、懸命に生きるオブフレッドの生きざまは、本当に胸を打つストーリーでしたね。
また、司令官ウォーターフォードや夫人のジョイ、リディア叔母、モイラやジャニーンといった侍女たちなど、まわりを取り巻く人々の人間模様も濃厚に描かれ、見ごたえがありました。

最終話では、侍女たちの決意の行動に、胸が熱くなりましたが・・・かなり気になるラストでしたね。

今回のシーズン2は、いよいよ、その続き!
あの後、オブフレッドは、どうなってしまったのか?
終わりの見えない絶望の中、再びオブフレッドの壮絶な戦いが描かれていきます。
侍女たちに希望はあるのか?

原作は、カナダの作家マーガレット・アトウッドの同名小説「侍女の物語」。
日本でも購入できるようですよ。

私、原作を読んだことがないので、今回のシーズン2が、原作のどの部分をドラマ化したのかは、ちょっとわかりません。
オリジナル要素もあるのかな?

制作・配信は、引き続き、米国Hulu。

キャストとしては。
主人公オブフレッド役には、「マッドメン」「トップ・オブ・ザ・レイク」のエリザベス・モス。
今回も、大熱演!

そして、司令官ウォーターフォード役ジョセフ・ファインズ、ウォーターフォード夫人役イヴォンヌ・ストラホフスキー、モイラ役サミラ・ワイリーなどは、引き続き登場します。

また、今回から新たなに、「24 TWENTY FOUR」「トランスペアレント」「11/22/63」などの大ベテラン、チェリー・ジョーンズや、「ダムネーション」などの新鋭ローハン・ミードなども出演するようですよ。

前作シーズン1は、その衝撃的な内容もさることながら、クオリティも高く評価され、エミー賞8冠、ゴールデン・グローブ賞2冠をはじめ、数々の賞を受賞しました。
2017年度を代表する秀作ドラマだと思います。

【追記:2018.9.21】
今年2018年も、第70回エミー賞ドラマ・シリーズ部門において、3部門受賞しました。

前作を見た誰もが待ち望んでいた、シーズン2!
いよいよ日本で配信です!

海外ドラマ「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」シーズン2は、Hulu(フールー)で、2018年8月29日(水)から配信スタート!
以降、毎週水曜に最新話を1話ずつ配信予定です。

【追記:2018.11.21】
「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」シーズン2、全話配信されました。

Hulu(フールー)公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Hulu


参考記事 Huluおすすめ海外ドラマ・最新ラインナップまとめ


※以下、かなりネタバレしてますので、未見の方はご注意ください。

スポンサーリンク

恐ろしくも美しい悪夢の世界、再び!「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」シーズン2 第1話 感想

待望のシーズン2!
あの衝撃のシーズン1ラストから、直結する形で始まります。

画面が、どアップすぎてギューギューの圧迫感と息苦しさ。
そして、俯瞰(真上からの図)やシンメトリー(左右対称)で描かれる美しさ。
その対比とバランスの演出は健在。

もう冒頭からスゴかった!
ドキドキ!
そして、繰り広げられるエグすぎる胸糞展開!(笑)
これがまた、精神的にダメージ食らう、恐ろしい悪夢の世界。

・・・なんか・・・個人的には、シーズン1よりも見てられなかったです。
シーズン1を見終わって、すっかり平和な日常に戻って忘れかけてたところで、またまた悪夢の世界に引き戻されたような、いや~~な感じ。
見ている側も精神的に厳しい展開は、さらにパワーアップしているように思います。

ただ。
オブフレッドは、それでも心が折れてなかったですね。
それが救いでもあるし、さらに感情移入しやすかったです。

シナリオも、素晴らしかったと思います。
先の見えない暗闇を、ただただ出口を求めて走る様とか。
妊娠を通して描かれる、過去の回想と現在の過酷な状況の対比も、すごくよかったです。
見ごたえありました。

そして、最後のエピソードがスゴかった!
オブフレッドの、強烈なまでの決意が、ひしひしと伝わってきましたね。

光と影の使い方や、鮮血の映える姿もあって、ビジュアル的な見ごたえもありましたが。
なにより、声ひとつ出さず痛みに耐えて、自由を手にするオブフレッドの、執念ともいえる姿に胸が熱くなりました。

主演のエリザベス・モスは、今回も素晴らしかったです。
そして、リディア叔母役アン・ダウドも、さすが!
二人のシーンは、もう圧巻。

個人的には、出番は少なかったですが、ウォーターフォード夫人を演じるイヴォンヌ・ストラホフスキーが、すごくよかったです。
登場した瞬間から、存在感と圧がスゴかった。
出た~~!出ました~~!という感じ。(笑)
それでいて、女性の繊細で複雑な心境を、見事に演じていたと思います。

オブフレッドもさることながら、ウォーターフォード夫人も、目が離せないですね。

最後は、自由を手にしたかに思えたオブフレッド。
いよいよ、反撃に出るのか?
それとも、さらに過酷な運命が待っているのか?
続きがメチャクチャ気になりますね。

早く続きが見たい!
・・・けど、精神的に耐えられるのかしら?(笑)

今回も、恐ろしすぎるけど美しい、悪夢のような世界が描かれていくようですが。
覚悟を決めて、オブフレッドの壮絶な戦いを応援したいと思います。

・・・ホント、毎回、見終わると、ぐったり疲れるヘビーなドラマですよね。(笑)

「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」シーズン2 以降の感想は随時追記します

個人的には、シーズン2も第1話からおもしろかったです!
予想通り、さすがのクオリティ。
そして、予想を超えたエグさと胸糞展開!(笑)

第2話以降の感想は、視聴次第、Twitter(@zacknet7)でツイートの上、この記事の冒頭でも、随時、追記していこうと思います。

「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」シーズン2、お見逃しなく!