海外ドラマ「FBI:特別捜査班」FOXで放送中 感想と最新情報

FBI:特別捜査班

海外ドラマ「FBI:特別捜査班」シーズン1が、Hulu(フールー)で視聴できるFOXチャンネルで、2021年1月12日(火)から放送スタート。
以降、毎週火曜22時に最新話を放送です。
作品解説や感想など、最新情報をまとめました。

■ 第1話 感想:2021.1.12

FBI:特別捜査班ep1、2回目ですがテンポもよく面白かったです。
犯罪捜査ドラマの王道の面白さに、より現代的な手法や題材をプラスした新しさ、という感じですかね。
あえていえば・・・捜査班、精鋭すぎて人数少なっ!とは思ったww
始まったばかりなので、今後に期待。
毎週、楽しみたいと思います

(Twitter @zacknet7 より転載)

スポンサーリンク

海外ドラマ「FBI:特別捜査班」はいつから? 1月12日FOXチャンネルで放送開始

テロや凶悪犯罪に立ち向かうFBI精鋭チームの活躍を描いた犯罪捜査ドラマ「FBI:特別捜査班」。
全米大ヒットの注目作が、いよいよFOXチャンネルのリアルタイム配信でスタートです!

Hulu公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Hulu


以下、公式Twitterより引用です。

凶悪事件が多発するアメリカ。
主人公マギー・ベルや相棒ジダンをはじめとしたFBI捜査官の精鋭チームは、国家の安全を守るため、ニューヨークを拠点に、危険な犯罪や脅威と戦っていきます。
それぞれが事情や過去を抱え、葛藤しながらも、最前線に立つ捜査官たち。
そんな中、マギーの過去と因縁のある「ある出来事」が次第に浮き彫りになり、事態はさらに大きな展開を迎えることになります。

予告動画は、こちら。
「FBI:特別捜査班」予告

これまでの犯罪捜査ドラマとは一線を画す、スピード感と迫力。
アメリカのさまざまな政府機関との連携や、音声照会システム、熱探知ドローンといった最新技術など、ディテールにこだわった捜査手法の描写も見どころだと思います。

さらに、事件を通じて描かれる人間模様はもちろん、白人女性と中東系男性という異色コンビを中心にすることで、性別や人種の問題、権力腐敗など、社会問題にも深く切り込んでいて、ドラマ性も見ごたえ十分。
ハラハラドキドキの緊迫感と、胸を打つ人間ドラマとが、うまくマッチした作品だと思います。


Amazon:シカゴ P.D. (字幕版)

Amazon:シカゴ P.D. (吹替版)


制作・放送は、米国3大ネットワークのひとつ、CBS。
「NCIS ネイビー犯罪捜査班」をはじめとした「NCI」シリーズや「クリミナル・マインド FBI行動分析課」のほか、「S.W.A.T.」「グッド・ワイフ」「HAWAII FIVE-0」といったヒットドラマの放送局として知られています。

製作総指揮は、「LAW & ORDER」「シカゴ」シリーズを手掛けたディック・ウルフ。
ちなみに。
「LAW & ORDER」「シカゴ」シリーズは、ライバル放送局NBCのドラマ。(笑)

今作「FBI:特別捜査班」でも、ヒットメーカーの手腕をいかんなく発揮。
本国では、当初から注目度も人気も高く、シーズン1途中でスピンオフも決定。
・・・それこそ、「シカゴ」シリーズのように、今後、ユニバースとして広がっていく可能性もありそう。
そこも注目です。

キャストとしては。
主人公の女性捜査官マギー・ベルを演じるのは、「HEROES/ヒーローズ」「ヴァン・ヘルシング」のミッシー・ペリグリム。
結構ハードなアクションもありますが、大熱演。
気迫溢れる演技も見どころです。
ちなみに。
最初に結婚したダンナ様は、「シャザム!」「CHUCK/チャック」でおなじみ、ザッカリー・リーヴァイ。

そして、ベルの相棒オマル・アドム・ジダンには、「24:レガシー」のジーコ・ザキ。
主演は、今作が初となる新進気鋭の俳優さん・・・とは思えない、存在感と演技。
人種問題の苦悩など、なかなか難しい役どころですが、すごくよかったと思います。
今後も注目ですね。

また、捜査官ジュバル・バレンタインに、「シックス・フィート・アンダー」「LAW & ORDER」などのベテラン、ジェレミー・シスト。
最近では、「ロング・ロード・ホーム」でベテラン兵士ミルテンバーガー軍曹役が素晴らしかったです。

主任特別捜査官デイナ・モージャーには、「CSI:NY」「Dr.HOUSE」のセーラ・ウォード。
映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」では、女性大統領を演じていました。

ほかにも、分析官クリステン・チャザル役で、新鋭エボニー・ノエルなどが出演しています。

緊迫感と人間味があふれる、キャストの演技にも注目です。

ドラマ「FBI:特別捜査班」は、本国で2018年9月から放送スタート。
瞬く間に大人気となり、2020年11月からは最新作シーズン3が放送中。
また、スピンオフも2020年1月から放送され、現在、シーズン2が放送中です。
かなり盛り上がっているようですよ。

注目の犯罪捜査ドラマ。
果たして、どんなストーリーなのか?
猛烈に楽しみです!

海外ドラマ「FBI:特別捜査班」シーズン1は、Huluで視聴できるFOXチャンネルのリアルタイム配信で、2021年1月12日から放送スタート。
以降、毎週火曜22時に放送予定です。

字幕版は、2021年1月13日から、毎週水曜23時に放送。

Huluでの見逃し配信は、2021年1月13日から毎週水曜に最新話を一話ずつ配信予定です。
期間限定なので、お見逃しなく。

Hulu公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Hulu


参考記事 Huluとは?サービス内容や使い方など基本を解説

参考記事 Huluおすすめ海外ドラマ ラインナップ

スポンサーリンク

海外ドラマ「FBI:特別捜査班」U-NEXTで見放題配信中

今作「FBI:特別捜査班」シーズン1は、日本では2020年4月に、すでにWOWOWで放送されました。
見た方も多いかもしれませんね。
シーズン2の日本上陸がいつなのかは、まだ不明です。

シーズン1は、前半1~12話が2021年1月22日から、後半13~22話が2021年2月26日から、DVDレンタル開始。

ネット配信では、シーズン1がU-NEXTで見放題配信中です。(えっ!?)
・・・そう。
今すぐ全話、見れちゃいます。

U-NEXTのサービス詳細や、加入はこちら。

【公式サイト】U-NEXT

(本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)


また、まだ正式なアナウンスがないので、ただの憶測ですが。
もしかして、ひょっとしたら、今後、AmazonやTSUTAYA TVなどでも、有料レンタル配信がある?かも?しれません。(まだ憶測です)
詳細が分かり次第、この記事に追記したいと思います。

見逃し配信に間に合わなかった、録画に失敗した、という方は、DVDレンタルかU-NEXTで、追いつけるかもしれません。
うまく利用できると、ちょっと安心ですね。

U-NEXTは、初回加入時は31日間無料。
気軽に試してみるのが、おすすめですよ。

U-NEXTのサービス詳細や、加入はこちら。

【公式サイト】U-NEXT

スポンサーリンク

「FBI:特別捜査班」のスピンオフ「FBI: Most Wanted」にも注目!

本国では、「FBI:特別捜査班」のスピンオフドラマ「FBI: Most Wanted」(原題)が製作されています。
「Most Wanted」とは、「最重要指名手配」みたいな意味だそうです。
・・・もし日本で放送されたら、そんなタイトルになるかな?

最重要指名手配者の追跡を専門とする、FBI特別チームの物語だそうです。

予告動画は、こちら。
FBI: Most Wanted Season 1 Trailer

「FBI: Most Wanted」は、本家「FBI:特別捜査班」放送中に制作決定。
パイロット版として、本家シーズン1第18話で、スピンオフメンバーのエピソードが描かれているそうです。
大注目!
お見逃しなく。

その後、2020年1~5月に「FBI: Most Wanted」シーズン1が放送。
シーズン2も決定し、2020年11月17日から本国放送中です。

キャストとしては。
特捜班のリーダー、ラクロイ捜査官に、映画「ファンタスティック・フォー:銀河の危機 」や「Hunters/ハンターズ」「Runaways/ランナウェイズ」のジュリアン・マクマホン。
ほかにも、捜査官ケニー・クロスビーに、「トワイライト」シリーズのケラン・ラッツや、アナリストのハナ・ギブソン役で、「ゲーム・オブ・スローンズ」オバラ・サンドのケイシャ・キャッスル=ヒューズなどが出演しています。

製作総指揮ディック・ウルフが手掛けた「LAW & ORDER」「シカゴ」シリーズのように、今後、さまざまな派生があるかもしれませんね。

「FBI: Most Wanted」の日本放送は、まだ不明ですが。
スピンオフにも注目です。


※以下、ややネタバレ含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

「FBI:特別捜査班」第1話 感想・評価

放送前に、U-NEXTの見放題配信で、第1話を先に見ちゃいました。
正直、見る前は・・・あんま、期待してなかったんですよね。(すいません!)
放送局CBSは、いわば「地上波放送局」なので、誰もが楽しめるように、エログロなく(笑)当たり障りなく、悪く言えば「よくありがちな」犯罪捜査モノかな、とい先入観。

ただ、実際に見てみた感想としては、結構、おもしろかったです。
てか、逆に見てる側の裏を突いてくる「意外性」がおもしろい。

冒頭から、インパクトある始まり。
1発目でビックリなのに・・・まさかの2発目。
いや~、さらにビックリ。

・・・で。
「よくありがちな」犯罪捜査モノなら、初回なので、このあとはキャラクターの日常だとか性格だとかを説明するために、平穏なシーンが入るのがパターンですが。
そういうの、一切なし。(笑)
会話と小道具を使った、必要最低限の説明だけで、もう、すぐさま捜査。
事件解明が、グイグイと進む感じ。
・・・意外。

そして、すぐさま、また爆破。(笑)
意外。
「また!?」って、思わず言っちゃっいましたね。(笑)

ベルとジダンの過去の背景はもちろん、ジダンが蜘蛛が怖いとか(笑)意外な一面も、短いけど丁寧に描かれていたと思います。
ジダンはチームに赴任して、それほど日が経ってないようで、コンビとしては、まだまだ深い関係ではないあたりも、微妙な空気感で、おもしろかったです。
・・・普通の、よくありがちなドラマだと、ジダンがチームに赴任するところから始めそうなもんですけどねぇ。

ただ、正直、そのぶん、キャラクターへ深く感情移入できたか?というと、そこは、やっぱり、薄かったかも。
説明最低限で、あくまで事件捜査の面白さに絞っているので、まだまだキャラクターやドラマ性の描き方は、薄味だったかもしれませんね。
そこらへんは、今後に期待したいと思います。

初回は、爆弾事件ということもあって、かなりスリリングでハラハラドキドキ。
事件の真相も、意外性があって、人種差別の問題など、社会性を盛り込んだドラマ性も、よかったと思います。
エログロはないですが(笑)内容は、そこそこハード。

さらに、最新技術を盛り込んだ捜査も、なかなか新鮮味ありましたね。
・・・血液で似顔絵とか作れちゃう時代なんですねぇ。
そのあたりも、見どころだったと思います。

全体的には、テンポもよく、1話完結で見やすいと思います。
これから、どんな展開になっていくのか。
期待したいと思います。

海外ドラマ「FBI:特別捜査班」最新情報は随時追記します

海外ドラマ「FBI:特別捜査班」シーズン1は、FOXチャンネルで2021年1月12日から放送スタート。
楽しみですね。
これから毎週、見ていこうと思っています。

以降、何か情報が入り次第、この記事を更新し、Twitter(@zacknet7)などで、随時、つぶやいていく予定です。

「FBI:特別捜査班」、お見逃しなく!

Hulu公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Hulu