Disney+(ディズニー・プラス)とは?11/12本国で開始!日本はいつ?

ネット動画配信サービス

ディズニーの新しい動画配信サービス「Disney+」(ディズニー・プラス)が、2019年11月12日から米国でサービス開始が決定。
作品ラインナップなども発表されました。
日本でのサービス開始は、いつなのか?
最新情報など、まとめました。


【追記:2019.4.15】
Disney+のスター・ウォーズ オリジナル作品「マンダロリアン」の概要が発表に。
記事を修正・追記しました。
以下、公式Twitterより引用です。

スポンサーリンク

Disney+(ディズニー・プラス)はいつから?11月12日 本国サービス開始!日本は?

ディズニーが自社独自に始める新動画配信サービス「Disney+」(ディズニー・プラス)が、2019年11月12日から本国アメリカでサービス開始!
料金や対応機器、作品ラインナップの一部が正式に発表されました。

以前から世界中が大注目だったDisney+。
ついにキタ!

以下、Disney公式Twitterより引用です。


ミッキーマウスでおなじみ、誰もが知ってるディズニー。
「シンデレラ」や「白雪姫」「ライオン・キング」「アナと雪の女王」などのアニメ映画はもちろん、「パイレーツ・オブ・カリビアン」「マレフィセント」「メリー・ポピンズ リターンズ」といった実写映画作品でも知られています。

また、米国テレビ局ABCをはじめ、多くの企業を傘下におさめ、「トイ・ストーリー」「リメンバー・ミー」などのCG映画を手掛けるピクサー、「アベンジャーズ」でおなじみマーベル作品、そしてスター・ウォーズシリーズも、ディズニー作品。
さらには、FOXグループも新たに買収。
21世紀フォックスの映画作品のほか、FOXチャンネルやナショナルジオグラフィックといったテレビ番組も、グループに加わりました。
おまけに、FOXが所有していた米国Huluの株も引き継ぎ、ディズニーが大株主に。
・・・無敵すぎる。(笑)


そんなディズニーですが。
いよいよ、ネットの動画配信サービスにも進出!
それが、「Disney+」(ディズニー・プラス)です。

これまで、HuluやNetflixに作品は提供していたものの、自社独自のネット動画配信サービスはありませんでした。
しかし、2018年11月に、Disney+のサービス立ち上げを発表。
今後は、ディズニー映画はもちろん、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズといったグループ作品は、このDisney+で配信されていくことになりそうです。

サービス開始は、いつからなのか?
どんな作品が見放題になるのか?
オリジナル作品はあるのか?
ファンの間では、以前から注目が集まっていましたが。
それが!
ついに!
詳細が発表!
いよいよ動き出します!

動画配信サービス「Disney+」(ディズニー・プラス)は、2019年11月12日から米国でサービス開始です!

スポンサーリンク

Disney+ 日本でのサービス開始はいつから?

大注目のDisney+ですが、今現在、日本でのサービス開始は、まだ不明です。

ただ、ディズニーからは「今後2年間で、世界の各主要地域でリリースする予定」という発表がありました。
また、アジア圏では、来年2020年から2021年にかけ、徐々にサービスを展開するつもりだとの発言もあったようです。

果たして、Disney+の日本でのサービス開始は、いつ頃になるのか?
大注目ですね。

詳細が分かり次第、記事を更新したいと思います。

Disney+とDisney DELUXEの違い

すでに日本国内では、2019年3月26日から、ディズニーの動画配信サービス「Disney DELUXE」(ディズニー・デラックス)のサービスが始まっています。
ディズニー作品やピクサー、スター・ウォーズ、マーベル作品などが、見放題で配信中です。

Disney DELUXEの詳細は、こちら。

ディズニーの動画配信サービス「Disney DELUXE」(ディズニー・デラックス)が、2019年3月26日(火)からサービス開始。...


Disney DELUXE公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Disney DELUXE


Disney DELUXEは、NTTドコモとディズニーがタッグを組んで、国内唯一のディズニー公式動画サービスとしてスタートしました。

ただし、あくまでも今現状では、「Disney DELUXE」と「Disney+」は、別物だと言われています。
これは、Disney DELUXEサービス開始時の記者会見でも、公式に明言されていました。

・・・とはいえ。
じゃ、何が違うのか?というのは不明。(笑)

あくまでも憶測ですが、Disney+はオリジナル制作の作品が目玉になるのではないかと思います。

とりあえず。
ディズニー関連の過去作品を見放題で楽しみたいなら、Disney DELUXEで今すぐ見ることはできます。
Disney+の日本でのサービスが始まるまで、楽しんでみるのもいいかもですね。

今現在のラインナップは、Disney DELUXEの動画配信サイト「Disney THEATER」(ディズニー・シアター)で確認できます。

Disney THEATER公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Disney THEATER


マーベル作品の配信状況をまとめた記事は、こちら。

ディズニーの動画配信サービス「Disney DELUXE」(ディズニー・デラックス)で、現在、見放題配信中のマーベル映画・ドマラ・ア...


Disney DELUXEの加入方法や契約手順の詳細は、こちら。

Disney DELUXE(ディズニー・デラックス)の加入や登録方法について、手順や注意点をまとめました。 契約は、思ったよりも簡...

Disney+の料金

あくまで本国アメリカでの場合、ですが。
Disney+の料金も発表になりました。

Disney+は、月額6.99ドル、または69.99ドルの年間前払い。
追加料金なしの定額見放題サービスです。

日本円に換算すると、月額780円、年払いだと7,800円・・・くらい?ですかね。
それで見放題!

今現在、すでに日本でサービスが始まっているDisney DELUXEは、月額700円(税抜)。
それよりは、ちょっぴりだけ高いですが、それでも1,000円以下。
や、安いなあ!

もちろん、日本でサービスを開始した場合の料金は不明ですが、それでも、かなりリーズナブルな値段になりそうですね。

詳細が分かり次第、この記事に追記したいと思います。

Disney+の対応デバイス・視聴機器

Disney+を視聴できるデバイスや機器は、以下の通りです。

・パソコン
・スマホ、タブレット
・Amazon Fire TV
・Apple TV
・Chromecast
・PS4(PlayStation 4・プレステ4)
・Nintendo Switch(スイッチ)
・Xbox One

ゲーム機で視聴できるのは、ありがたいですね!

また、ダウンロード機能にも対応し、オフラインで視聴できるようです。

あくまでも本国での話なので、日本でのサービス開始時には、どうなるかは不明ですが。
視聴機器は、かなり幅広く使えそうですね。

その他、詳細が分かり次第、この記事に追記したいと思います。

スポンサーリンク

Disney+の作品ラインナップ

大注目の作品ラインナップですが。
最初の1年で、7,500エピソード、500の映画作品を配信予定。
また、オリジナル作品として、最初の1年で、シリーズ作品25エピソード、映画10作品が新たに制作されるそうです。

おもな配信作品としては、

・ディズニーチャンネルの5,000エピソードや、映画100作品。
・過去の映画400作品。
・ピクサーの映画作品が、最初の1年で全作配信
・スター・ウォーズ シリーズが、最初の1年で全作配信
・マーベル映画は「キャプテン・マーベル」が見放題
・ナショナルジオグラフィックのコンテンツ250時間
・アニメ「ザ・シンプソンズ」全30シーズン

・・・などが配信予定です。

Disney+のオリジナル作品ラインナップ

Disney+の最大の魅力は、新たに制作されるオリジナル作品。
今回、公式に発表された、おもなタイトルは、以下の通りです。

Disney+のマーベル・オリジナル作品

・ロキを主人公にしたオリジナルドラマシリーズ

・スカーレット・ウィッチ(ワンダ)とビジョンを主人公にした、オリジナルドラマシリーズ

・ファルコンとウィンター・ソルジャーを主人公にした、オリジナルドラマシリーズ

正式発表はありませんでしたが、ホークアイのオリジナルドラマも決まっているようです。

Disney+のスターウォーズ・オリジナル作品

・「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のキャシアンを主人公にした、オリジナルドラマシリーズ。
K-2SOも登場する模様です。
製作総指揮は、ドラマ「ジ・アメリカンズ」のスティーヴン・シフ。

・タイトル「マンダロリアン」。
「エピソード6/ジェダイの帰還」から5年後が舞台。
ジャンゴ・フェットやボバ・フェットのような姿の「マンダロリアン」と呼ばれるバウンティハンターを描いたストーリーのようです。
プロデューサーは、マーベル映画シリーズのハッピー役で、「アイアンマン」の監督で知られるジョン・ファヴロー。
主演は、ペドロ・パスカル。

Disney+そのほかのオリジナル作品

Disney+では、マーベルやスター・ウォーズ以外にも、オリジナル作品が製作されるようです。
おもな作品は、以下の通りです。

・ナショジオのオリジナル作品「The World According」。
俳優ジェフ・ゴールドブラム出演。

・アンナ・ケンドリックとビル・ヘイダー出演のコメディ映画「NOELLE(原題)」

・「スポットライト 世紀のスクープ」でアカデミー賞を受賞したトム・マッカーシーのアニメ「Timmy Failure(原題)」

・ベストセラー小説を原作にした映画「Stargirl(原作)」

・ウィレム・デフォー主演、犬ぞりでジフテリア血清を輸送するストーリーらしい(?)オリジナル映画「Togo(原題)」

Disney+に大注目!

ついに全容が明らかになったDisney+。
本国アメリカでのサービス開始は、2019年11月12日から。
日本でのサービス開始は、まだ未定ですが、オリジナル作品もあるので、今後の動向に目が離せませんね。
注目です!

そのほか、最新情報などありましたら、この記事に随時追記の上、Twitter(@zacknet7)などでもツイートしていこうと思います。

Disney+、期待したいと思います!

スポンサーリンク