ザ・モーニングショー シーズン2 Apple TV+で配信 感想と解説

ザ・モーニングショー シーズン2

海外ドラマ「ザ・モーニングショー」シーズン2が、Apple TV+(アップルTVプラス)で2021年9月17日から配信スタート。
以降、毎週金曜に1話ずつ追加予定です。
作品概要や解説、最新情報などまとめました。

スポンサーリンク

「ザ・モーニングショー」シーズン2 Apple TV+(アップルTVプラス)で配信開始

朝のニュース番組制作を舞台に、さまざまな人々の人間模様を描いたヒューマンドラマ「ザ・モーニングショー」。
その最新作となる待望のシーズン2が、Apple TV+(アップルTVプラス)で配信スタートです。

Apple TV+の公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Apple TV+

  
以下、公式Twitterより引用です。


前作「ザ・モーニングショー」シーズン1は、現在、Apple TV+で見放題配信中です。
未見の方は、この機会にぜひ!

作品概要など、詳しくはこちら。

Apple TV+(アップルTVプラス)オリジナルドラマ「ザ・モーニングショー」、全話見ました! 個人的な感想と評価です。 ...


※以下、シーズン1のネタバレを含みますので、くれぐれもご注意ください。


前回のシーズン1では、朝のニュース番組「ザ・モーニングショー」の男性司会者チップのセクハラ問題が明るみになったところから、物語が始まりました。
大手メディア局UBAを代表する長寿番組の不祥事に、世間も現場も大混乱。
チップはすぐに解雇され、パートナーだった女性司会者アレックスと番組は、存続の危機を迎えることに。

そんな中、局に着任したばかりの報道局長コリー・エリソンは、「暴言の女王」の異名を持つ、型破りな地方局リポーターのブラッドリー・ジャクソンを、新たな司会者に起用。
それが、さまざまな思惑の中で、軋轢や対立を生むことになりました。

セクラハ問題中心のストーリー展開ではありましたが、性別や年齢の差別問題など、働く女性の苦悩を深く描いていたと思います。
セクラハ問題が、理不尽にもみ消されている過程も丁寧に描かれていて、考えさせられる展開が多かったですね。

また、ニュース番組の裏側で繰り広げられる、さまざまな人間模様を描いた群像劇としても、おもしろかったです。
チップの不祥事と、自身の人気に陰りが見え始めて焦るアレックスと、正義感の強いブラッドリーとの対立も、見ごたえありましたね。
また、密かに野望に燃える報道局長エリソン、番組の指揮を執るプロデューサーのチップ、ほかにも、セクハラ騒動で浮き彫りになる、現場スタッフたちのエピソードなどなど、盛りだくさん。
個人的には、気象キャスターのヤンコの社内恋愛が、なかなかよかったです。

終盤では、問題を隠蔽し事態を終わらせたい社長ミックレン派と、真実を明らかにし新体制を目指すエリソン派の対立が激化。
どうなっちゃうの?と、先が読めない展開にハラハラドキドキ。
かなりスリリングでしたね。

しかし、そんな最中に起こってしまう大きな悲劇・・・。
最終話のクライマックスでは、周囲の静止を押し切ったアレックスとブラッドリーが、決死の覚悟で生放送で真実を伝えました。
いやあ・・・本当に見ごたえありましたよね。
胸を打つ、余韻が深く残るラストだったと思います。
圧巻でした。

クオリティーも高く評価され、数々の賞にノミネート。
コリー・エリソン役ビリー・クラダップが、見事エミー賞を受賞し、ここ数年を代表する秀作ドラマとして知られるようになりました。

そんな、話題作の続編となるシーズン2が、いよいよ登場!
あの騒動から数か月後。
新たな年を迎えウイルス騒動で混乱が続く中、放送を続ける「ザ・モーニングショー」。
しかし、番組の人気は低迷し、再び存続の危機に。
報道局長のコリー・エリソンは、番組を去ったアレックスを再び呼び戻そうとしますが、それが再び周りを巻き込んで、新たな騒動へと発展していくことになります。

予告動画は、こちら。
ザ・モーニングショー シーズン2 予告

今回は、さらにドラマチックな展開になりそうですね。
大注目!

制作・配信は、引き続きApple。
今作は、Apple TV+オリジナル制作のドラマです。

製作総指揮も、これまでと同じく、ドラマ「ベイツモーテル」の制作総指揮や脚本を務めたケリー・エイリン、映画「ピースメーカー」「ディープ・インパクト」の監督ミミ・レダーや、 映画「Cake/ケーキ 悲しみが通り過ぎるまで」のクリスティン・ハーンなどが務めています。
もちろん、ジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーンも製作総指揮に参加。

脚本ケリー・エイリン、監督ミミ・レダーのコンビも続投。
前作シーズン1の手腕は、本当に素晴らしかったと思います。
シーズン2も期待!

キャストとしては。
アレックス・レヴィ役の「フレンズ」ジェニファー・アニストンや、ブラッドリー・ジャクソン役の「ビッグ・リトル・ライズ」リース・ウィザースプーンは、もちろん登場。
この二人の関係が、どうなっていくのか?
そこは今回も見どころですね。

また、報道局長コリー・エリソン役ビリー・クラダップや、元番組プロデューサーのチップ役マーク・デュプラス、スタッフのミア役カレン・ピットマン、ヤンコ・フローレス役ネスター・カーボネルなど、おなじみの顔ぶれが再集結。
ジャーナリストのマギー・ブレナー役マーシャ・ゲイ・ハーデンも出てきます。

そして。
前回、セクハラ問題で解雇されたミッチ・ケスラー役スティーヴ・カレルも出演。
あの後、ミッチはどうなったのか?
今回のシーズン2でも、またまた波乱を起こしそうな予感。
注目です!

さらに、新たな登場人物として、局のニュースキャスターであるローラ・ピーターソン役で、あのジュリアナ・マルグリーズが登場!
「ER 緊急救命室」をはじめ、何といっても「グッド・ワイフ」の主人公アリシア・フロリックで有名な大ベテラン。
ジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーンだけでも、十二分に濃いのに(笑)さらに大御所参戦!
物語に、どう絡んでくるのか?
本当に楽しみですね。

さらに、ブラットリーの新しいパートナー、エリック・ノマニに、Netflix「ハサン・ミンハジ:愛国者として物申す」で物議をかもしたコメディアン、ハサン・ミンハジも登場。
ほかにも、新報道局長ステラ・バック役に、「ロシアン・ドール: 謎のタイムループ」グレタ・リーや、SNS担当スタッフのTY・バートンに、「スパニッシュ・プリンセス キャサリン・オブ・アラゴン物語」のルアイリ・オコナーなどが出演しています。

今回も、キャストの演技に注目です。


前作シーズン1は、2019年11月から12月にかけて配信されました。
今作シーズン2は、やはり昨今のウイルス騒動の影響で、撮影が一時中断したようで、2021年9月ようやく配信スタートとなりました。
前作から、ほぼほぼ2年。
ホント、待ってた!
今のところ、今回も全10話になるようです。

話題作の続編が、いよいよ登場!
今度は、どんなストーリーになるのか?
猛烈に楽しみです!

ドラマ「ザ・モーニングショー」シーズン2は、Apple TV+で、2021年9月17日から配信スタート。
以降、毎週金曜に最新エピソードを追加していく予定です。

お見逃しなく。

Apple TV+の公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Apple TV+


Apple TV+のサービスの詳細や、料金、加入方法などは、こちら。

Apple(アップル)の動画配信サービス「Apple TV+」(アップルTVプラス)が、日本でサービス開始。 オリジナル制作の映画...


参考記事 Apple TV+おすすめ作品オリジナルドラマ・映画 最新情報


※以下、ややネタバレしていますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

「ザ・モーニングショー」シーズン2 あらすじ

あの騒動から数か月後。
年が明け、新たに迎えた2020年。
世の中がウイルス騒動で混乱を極める中、大手放送局UBAを代表する朝のニュース番組「ザ・モーニングショー」は、放送を続けていました。

その後、アレックスは降板し、ブラッドリーと新たな司会者エリック・ノマニとのコンビで、番組はリニューアル。
しかし、騒動の影響や、番組の顔として長年勤めてきたアレックスが不在というのもあって、人気は低迷し、再び番組の存続危機に直面することに。
報道局長のコリー・エリソンは、現状打破のため、アレックスを番組に呼び戻すことにするのですが・・・。
やがてその出来事が、ブラッドリーや現場スタッフたちの新たな混乱と対立を招くことになります。

さらに、セクハラ問題で番組を追われた元司会者ミッチ・ケスラーが、あの騒動の暴露本出版を画策。
アレックスやブラッドリーたちは、否応なく、再びスキャンダルと向き合うことに。

またまた大きな混乱に直面する「ザ・モーニングショー」。
果たして、どうなってしまうのか・

・・・というようなストーリーです。

Apple TV+の公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Apple TV+

スポンサーリンク

「ザ・モーニングショー」シーズン2 第1話 感想

待ちに待った新シーズンが、いよいよ配信スタート。
早速、第1話を見ました!
期待通り、おもしろかったです!

前回シーズン1のラストから、直結する形でスタート。
してやったり!のコリー・エリソン・・・のはずが、まさか、まさかの解雇寸前だったんですね。(まあ、そりゃそうか)
結局、UBA社長フレッドは証拠不十分で休職扱い。
まあ・・・こういうリアルな感じも、このドラマらしい描き方ですね。

アレックスは、すっかり隠居生活。
ブラッドリーは、新しいパートナーのエリックと番組の顔となったものの、視聴率は低迷。
でも、その後、あの騒動を利用せず、逆に女性団体を叩いたとか、何とも正義感の強いブラッドリーらしかったですね。

そして!
お天気キャスターのヤンコ!
そうかあ・・・クレアとは離れてしまったかあ。
クレアは、ハンナの死を直接見ちゃいましたからねぇ。
この二人の関係、ちょっと残念だなあ。

そんな、誰も彼もが行き詰まりつつある状況の中での、新年2020年。
まさに、この後、パンデミクスでロックダウンとなる直前。
そのから始まるという脚本が見事。

ウイルス騒動の話題から逃げず、そして、新年の新たな幕開けという舞台から物語が始まるというのが絶妙。
新年で大勢の人が集うタイムズ・スクェア。
今2021年に見ると、密すぎて恐ろしいし。(笑)
希望に燃える新年のあと、世の中とんでもないことになっちゃう2020年を知ってるだけに、見ている心境も複雑。
そこらへんを、計算して描いているあたりは、さすが、でしたね。

結局、アレックスは復帰しそう。
ただ、コリー・エリソンとブラッドリーの関係は、ちょっと微妙になってきましたね。
そのあたりも、今後の展開が楽しみ。

そして最後は、あのハンナの家族からの提訴。
いやあ・・・これはまた、大波乱の予感。

ハンナの死は、みんな避けて通っている感じでしたが。
やはり、向き合わざるを得なくなるのかな。

初回の第1話から、見ごたえのある内容で、今後が楽しみですね。
またまた、目が離せないストーリーになりそう。

続きに期待したいと思います。

「ザ・モーニングショー」シーズン2 以降の感想は随時追記します

個人的には、シーズン2も第1話から面白かったです!
見ごたえあるストーリーは健在。
早く続きが見たいっ!
これから毎週、楽しみです。

以降の感想は、視聴次第、Twitter(@zacknet7)でツイートの上、この記事の冒頭でも、随時、追記していこうと思います。
一緒に楽しみましょう!

「ザ・モーニングショー」シーズン2、お見逃しなく!

Apple TV+の公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Apple TV+