海外ドラマ「ナイト・マネジャー」全話見ました 感想と評価レビュー

ナイト・マネジャー

海外ドラマ「ナイト・マネジャー」を全話観ました。
個人的な感想と評価です。


【追記:2018.4.21】
無料BS放送Dlife(ディーライフ)でも、2018年4月21日から放送スタートしました。

スポンサーリンク

海外ドラマ「ナイト・マネジャー」とは?

ベストセラー小説を原作に、武器密輸を巡る攻防をスリリングに描いたスパイ・サスペンス。

エジプトのホテルで夜間マネジャーを務めていた元軍人の主人公ジョナサン・パインが、ある出来事をきっかけに、大物武器商人リチャード・ローパーの組織にスパイとして潜入することに。
違法な武器取引を阻止し、ローパー逮捕のため奔走します。

身分を隠し続けながら、情報を探る緊張感!
騙して裏をかく攻防戦がスリリングに繰り広げられ、ハラハラドキドキの連続!
スケール感も壮大で、かなり見ごたえのあるドラマだと思います。

原作は、映画「ナイロビの蜂」「裏切りのサーカス」(ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ)の作者としても知られるジョン・ル・カレの同名小説「ナイト・マネジャー」。
日本でも、翻訳本が発売されているようです。
小説は1993年に発表されましたが、今回のドラマ版では、2011年の民主化運動「アラブの春」から物語が始まるなど、舞台が現代に変更されているようです。

今作は、「SHERLOCK/シャーロック」「マスケティアーズ」「ドクター・フー」などで知られる英国国営放送BBCと、「ブレイキング・バッド」「ウォーキング・デッド」「プリーチャー」などでお馴染み米国AMCとの共同制作。
クオリティが高いドラマ作品で定評のあるBBCと、アクが強くてバイオレンス系な(笑)作品が多いAMCのタッグ。
・・・あまりに異色すぎる、ある意味、夢の組み合わせ。(笑)

キャストとしては。
主人公ジョナサン・パインを演じるのは、トム・ヒドルストン。
「アベンジャーズ」「マイティー・ソー」シリーズのロキ役が有名で、今やイギリスを代表する名俳優。
・・・てか、もうトムヒ様の説明は不要ですよね。
今作でも、トムヒ様の魅力が大爆発!(笑)
さすがです!

そして、武器商人リチャード・ローパー役には、「Dr.HOUSE/ドクター・ハウス」「Veep/ヴィープ」のヒュー・ローリー!
これがまた、迫力と存在感が素晴らしかったです!

トム・ヒドルストンとヒュー・ローリーの豪華共演!
二人のバチバチな演技対決も、見どころです!

また、国際執行機関所属アンジェラ・バー役に、「ブロードチャーチ 殺意の町」「フリーバック」などのオリヴィア・コールマン。
MI6の幹部ジョフリー・ドロムグール役には、「アウトランダー」ランダルや「ゲーム・オブ・スローンズ」エドミュアでおなじみ、トビアス・メンジーズ。

今作では、二人は激しく対立する役どころですが。
なんと!
ドラマ「ザ・クラウン」最新作シーズン3では、この二人が、エリザベス女王と夫フィリップを演じることが決定済み!
今度は夫婦役。(笑)
それも楽しみですね!

さらに、ローパーの妻ジェドに、エリザベス・デビッキ。
メチャクチャ美人さんですよね。(笑)
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」にも出演し、ソヴリンの女王を演じていますが・・・全身が金メッキの役で気づかないかも。(笑)

米国CIA諜報員ジョエルに、「HOMELAND/ホームランド」「スーパーガール」ハンク・ヘンショウ役デヴィッド・ヘアウッド。
ローパーの仲間サンディに、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」「ザ・テラー」「SHERLOCK/シャーロック」ショルトー大佐役などのアリステア・ペトリー。
ローパーの部下コーキー役には、トム・ホランダー。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」のカトラー・ベケット卿役で有名ですが・・・気づきました?

また、第1話でジョナサンから書類を受け取る英国大使館員サイモン役で、「ルッキング」「クワンティコ シーズン2」ハリー役ラッセル・トーヴィーも出演しています。

本当に豪華な俳優陣が集結!
迫真の演技は、必見です!

今作は、2016年のエミー賞リミテッドシリーズ/テレビムービー部門で監督賞と作曲賞、ゴールデン・グローブ賞テレビ映画・ミニシリーズ部門の主演男優賞(トム・ヒドルストン)、助演男優賞(ヒュー・ローリー)、助演女優賞(オリヴィア・コールマン)を受賞しています。
クオリティも高く評価された秀作です。

海外ドラマ「ナイト・マネジャー」は、現在シーズン1まで制作されています。
ミニドラマシリーズなので、今作で完結。
シーズン2や続編は、今現在、ありません。

・・・ただ。
シーズン2制作の噂は、ちらほらと出ているようです。
ひょっとして、もしかしたら、シーズン2がある・・・かも?(あくまで憶測です)
できれば、続きはを見てみたいですね。

シーズン1は、2016年制作。
各話43分程度の全8話です。
なお、本国放送時は全6話だったようです。

現在 Amazonプライム・ビデオ で見放題で配信されています。
2017年に一度、配信が終了しましたが、2018年3月に再配信されました。
現在は、視聴できます。
(紹介している作品は、2018年4月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はAmazon公式ホームページにてご確認ください。)

Amazonプライム・ビデオ公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Amazonプライム・ビデオ


※以下、ややネタバレしていますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

ドラマ「ナイト・マネジャー」あらすじ

時は、2011年。
エジプト民主化運動「アラブの春」で沸く夜。
カイロのホテルで夜間支配人(ナイト・マネジャー)を務める元軍人ジョナサン・パインは、悪名高き地元有力者ハミドの愛人ソフィーと親しくなります。
ソフィーから、大物武器商人リチャード・ローパーが、違法な武器取引をしている証拠があることを知らされたジョナサンは、知人のいる英国大使館へと通報するのですが。
しかし、それが大きな悲劇を招くことに。

それから4年後。
心に傷を抱えたジョナサンは、スイスの雪山にあるホテルでナイト・マネジャーとして働いていました。
そこに偶然、あのリチャード・ローパーが宿泊客としてやってきます。
思いもかけずローパーと対面したジョナサンは、正義感と復讐心から、再び英国機関に通報。
英国国際執行機関アンジェラ・バーの誘いを受け、ローパーの組織にスパイとして潜入することになります。

身分を隠してローパーに近づき、信用を得ていくジョナサン。
幾度となく正体がバレそうになりながらも、違法取引の証拠をつかんでいくのですが・・・。
やがて、絶体絶命の大きな危機に直面します。

果たして、ジョナサンの運命は?
ローパーを倒すことができるのか?

・・・というようなストーリーです。

予告動画はこちら。
The Night Manager:Trailer

壮大なスケール!スリリングに描く英国王道スパイドラマ!

オープニングの気品漂うCGとテーマ曲からして、映画「007」シリーズの雰囲気。
まさに英国スパイアクションの王道といったテイストで、メチャクチャおもしろかったです!

スケール感も壮大!
イギリスはもとより、エジプト、スイス、スペイン、トルコと、世界各国が舞台。
ロケーションも豪華で、街中や建物内の作り込みも丹念。
気品あるホテル内や、ゴージャスなお屋敷にウットリ。
素晴らしかったです!

さらに、アクションシーンも派手で、見ごたえありましたね。
クライマックスは、なかなかの大迫力!

そして!
何といっても!
主人公を演じるトムヒ様の魅力が炸裂!(笑)

これは、ショボい役者が演じたら、ここまで面白くはなかったと思います。(笑)

ナイト・マネジャーとしての気品や優雅さ。
潜入のため悪に手を染めるダーティーさ。
危険な任務の中、燃え上がるラブロマンス!(笑)

トムヒ様の見事な演技と存在感があってこそ、ハラハラドキドキしたり、ウットリできたのではないでしょうか。
オジサンの私から見ても、カッコよかった!(笑)
ホント、007映画を彷彿とさせる面白さでした。

(・・・トムヒ様、ジェームス・ボンド役、イケるんじゃない?)

ストーリー的には、序盤は、それほどでも・・・というのが、正直なところでした。
最初は、潜入を決意してからの行動が、ど~にも、よくわからなくて。
・・・なぜ、田舎で悪事を働く?ショボくね?みたいな。(笑)

ただ、それが「前フリ」で、ローパー一味に潜入できてからは、もうグイグイ!
任務もロマンスも、バレるかもしれん・・・いや、もう、バレちゃってる?というスリル!(笑)
微妙な人間関係や心理描写も繊細で、シナリオも緻密。
先が読めず、続きが気になる面白さでしたね。

敵役リチャード・ローパー=ヒュー・ローリーの名演も、大きかったと思います。
あの存在感。
・・・ま、あまりにも人の噂を鵜呑みにしすぎなチキン・ハートかな?と思わなくもないですが。(笑)
それだけ用心深くて、あまり表には出さないけれど、冷酷で残忍。
ローパーのあなどれない存在が、さらに面白さを増していたと思います。

あと、イギリス政府側のエピソードも、よかったですね。
指揮を執るアンジェラ・バーが妊婦さんという設定も、大胆!
任務に執念を燃やして奔走する姿もさることながら、CIAジョエルとの微妙な関係や、ドロムグールとの対立や駆け引きなど、見どころの多いエピソードばかり。
政府内での攻防も、かなりスリリングで面白かったです。

最終話は、本当にスゴかったですね!
絶体絶命の大ピンチ!
ハラハラドキドキ!
まさに、クライマックスにふさわしい、手に汗握る攻防でした!

ラストについては、もしかしたら、色々と意見の分かれるところかもしれませんが。
個人的には、すごくよかったです。
逆に余韻が深くて、いいラストだったと思います。

全8話と短めで、ムダが少なくテンポがよく、楽しみやすいと思います。
まさに、英国ドラマらしいクオリティの高さと、歴史ある王道スパイドラマの面白さですね。

・・・てか。
共同制作のAMCらしさが、やや薄かったかな?
あれか。血まみれの死体とか、そういうとこ?(笑)

シーズン2はあるのか?ぜひシリーズ化を!

個人的には、メチャクチャおもしろかったです!
これ、テレビドラマよね?という、スケール感とクオリティ。
劇場映画にしても、全然イケるんじゃないでしょうか。

何より、単純にハラハラドキドキして、ストーリーがおもしろかったです。
かなり、おすすめです!

今作はミニシリーズのため、今現状では、続編となるシーズン2はありません。
これで完結です。

ただ、続編制作の噂だけは、何度か囁かれている様子。

・・・う~ん・・・完結だからこそ、あのラストの余韻が深いというのもあるかなあ。
でも、もっと続きが見たい気もする!

トムヒ様もさることながら、妊婦アンジェラ・バーもメチャクチャいいキャラだったので。(笑)
もう少し深く見たいかなあ。
ローパーのその後も、気になるところ。

できれば、シリーズ化してほしいですね。
続きが見られることを期待したいと思います。