海外ドラマ「t@gged/タグド」Huluで配信 感想と評価レビュー

t@gged

海外ドラマ「t@gged/タグド」が、Hulu(フールー)で2019年1月9日から配信スタート。
初回は、第1~3話一挙配信。
以降、毎週水曜に最新話を1話ずつ追加予定です。
作品の概要や最新情報など、まとめました。


【第4話 感想:2019.1.16】
ネタバレなしで内容薄めですが、最新話の一言感想です。

t@gged/タグドep4、今回も短くでサックリ見やすい感。
登場人物の数は少ないので、おのずと犯人は絞られていくのですけど、動機がわからない。
今回も、何がしたかったのか?
・・・ただクレイジーなだけ?w
色々と想像・推理するのが、おもしろいのかも。
にしても警察行かないのはなあ・・・

(Twitter @zacknet7 より転載)


【追記:2019.1.9】
今作は本国配信時は全11話だったようですが、今回のHuluでの配信は再編集版の全8話だそうです。
以下、公式カスタマーTwitterアカウントの返答です。

スポンサーリンク

海外ドラマ「t@gged/タグド」とは?

ソーシャルメディアを題材にしたサスペンス・スリラー「t@gged/タグド」。
新感覚の話題作が、Hulu(フールー)で配信開始です。

Hulu(フールー)の公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Hulu

  
以下、公式Twitterより引用です。


ある日、ヘイリー、ローワン、エリシアの女子高生3人が、謎のアカウント「モンキーマン」から、おぞましい動画にタグ付けされてしまいます。
「モンキーマン」とは、何者なのか?
やがて、それぞれの秘密が暴露され、さらなる恐怖が襲い掛かります。
女子高生3人の運命は?

予告動画はこちら。
「t@gged/タグド」予告編

今では身近で当たり前となったインターネット。
その奥に潜むSNSの闇。
スマホやソーシャルといった現代らしい題材を活かしたスリラーです。


この作品自体も、元々は「go90」というソーシャル向けの動画アプリで配信された、オリジナルのネットドラマ。
テレビ放送ではなく、スマホで視聴するドラマだったようで、それもあってか、各話が24分と尺も短め。

シーズン2も制作されましたが・・・なんと、2018年でアプリのサービスが終了。
シーズン3は、米国Huluで配信されたそうです。
・・・そういう遍歴も、なかなかソーシャルっぽくて現代的。(笑)

そんなわけで。
ストーリー的にも、今作はスマホなどのモバイル機器で視聴すると、よりリアルに感じるかもしれませんね。


キャストとしては。
ヘイリー役を演じるのは、リア・マリー・ジョンソン。
女優・歌手でもあるそうですが、大人気ユーチューバーとして知られているそうです。

YouTubeチャンネルは、登録者数180万人で、動画は1億1000万ビュー超え。
Instagramのフォロワーは130万人。
・・・化け物だろっ!(笑)

ご本人のサイトは、こちら。

LiaMarieJohnson YouTubeチャンネル
Instagram:@lia

大人気のユーチューバーが、ソーシャルメディアを題材にしたネット配信ドラマに主演する、というのも、リアル感が出ているのかなと思います。

また、ローワン役には、新鋭ルール・アンタリクサ。
ドラマ「オリジナルズ」のスピンオフ「Legacies(原題)」にも出演しています。

そして!
エリシア役で、「ウォーキング・デッド」シリーズのイーニッドでおなじみ、ケイトリン・ネイコンも出演!
・・・鼻輪!(ピアスだって。笑)
イーニッドとは、また違ったキャクターをどう演じるのかも大注目!

他にも、ローワンの姉ブリーに、「マクガイバー」のライリー役トリスティン・メイズ。
今作でも、コンピューター系。(笑)

エリックに、「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド外伝:フライト462」「The OA」ジェス役のブレンダン・マイヤー。
アッシュ役に「13の理由」ティモシー・グラナデロスなども出演しています。

この他にも、ネットやYouTubeで人気のティーンエイジャーや、新進気鋭の俳優たちも数多く登場。
フレッシュな出演陣も要チェックです。


海外ドラマ「t@gged/タグド」は、Hulu(フールー)で、2019年1月9日から配信スタート。
初回は、第1~3話一挙配信。
以降、毎週水曜に最新話を1話ずつ追加予定です。


公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Hulu


参考記事 Huluとは?サービス内容や使い方など基本を解説
参考記事 Huluおすすめ海外ドラマ ラインナップ

※以下、ややネタバレしています。ご注意ください。

スポンサーリンク

「t@gged/タグド」あらすじ

新学期を迎えた女子高生のヘイリーとローワン。
2人は無二の親友でしたが、ある出来事がきっかけで疎遠となり、顔を合わせても気まずい雰囲気に。

そして、授業が始まるのですが・・・。
2人のスマホに、見知らぬアカウント「モンキーマン」から、動画にタグ付けされたと通知が届きます。
そこに映っていたのは、銃で撃たれ殺される少女の姿。
同じく動画にタグ付けされた女子高生エリシアを加えたローワンたち3人は、それを契機に、謎の「モンキーマン」に次第に追い詰められていくことに。

3人に、ジワジワと迫りくる危機と恐怖。
「モンキーマン」の正体は?
なぜ、3人が狙われることになったのか?

すべてが繋がった時、想像もしなかった驚愕の真相が明らかになるのでした。

・・・というようなストーリーです。

気軽に楽しめる謎と恐怖。「t@gged/タグド」第1~3話 感想

アプリ配信のネットドラマ、ということもあってか、全体的なスケール感としては、やや小粒。
さすがに、テレビ放送のドラマと同じ規模とはいかないですが。
とはいえ、かなり見やすく、意外と謎も多くて、そこそこ面白かったです。

各話が短いので、正直、ドラマ性の深みとしては弱い気がしますが、そのぶん余計なエピソードが少なく、絞り込んで描かれていると思います。
気軽にサクサクと、テンポよく視聴できる感じ。

SNSの見せ方や使い方も効果的で、結構よかったですね。
普通のドラマだと、キャラクターの会話や行動を通して、事情を説明したり、人間関係が描かれていきますが。
そういった部分は、わりとスマホやアプリの画面や、アップされた写真などを使って、ビジュアル的に描かれているのが特徴的だと思います。

ネットにアップされた写真や情報を、ペラペラとスワイプして見せることで、その人物の人となりが分かったり。
裏アカで意外な面を知ったり。

親が話している時にスマホをいじって、話を全然聞いてないとか、すごくリアルでしたね。(笑)
そうか・・・説教されてる時、そういうスマホのイジり方してんのね、みたいな。
実際、スマホ画面の映像に見入っちゃって、親のセリフ、全然聞いてなかった。(笑)

しかし、ま~、アメリカのティーンエイジャーは、飲酒してる動画とかも撮っちゃうんですね。

ほかにも、ドラッグの問題や、ティーンエイジャーが抱える心の問題なども、ソーシャルをうまく使って描かれていると思います。
同年代の若い人は、より感情移入しやすかもしれませんね。

ストーリー的にも、意外と謎も多くて、楽しみやすかったです。
「モンキーマン」は誰なのか?
なぜ、3人は狙われるのか?
過去に色々と秘密も隠されているようで、気になる展開。
迫りくる「モンキーマン」の恐怖を描いたスリラー要素と、隠された謎が明らかになるミステリー要素が、うまくマッチしていると思います。

・・・よ~く見ると、謎の人物が映ってたりするんですよね。
意外とジワジワ来てます。(笑)

ただ、まだまだ序盤なのか、ドキドキして死にそうになるほど怖いか、といわれると、ちょっと弱いかな?
謎も、まだネタフリだけの感じ。
今後に期待。

出演者の演技も、思っていたよりは(失礼)よかったです。
大人気のユーチューバーだというヘイリー役リア・マリー・ジョンソンも、意外とがんばってた。(笑)

中でも、ローワン役ルール・アンタリクサは、すごくよかったですね。
これから人気が出るかも。
他にも、イーニッド=ケイトリン・ネイコンや、「マクガイバー」のライリー、「The OA」のジェスなどなど、実力派がしっかり脇を固めていて、意外とクオリティは保たれてるかな。
等身大のティーンエイジャーのリアルさと、リアル感あるプロの演技とが、うまく融合している感じですね。

あまり深く考えず、誰もが気軽に楽しめるドラマだと思います。
ソーシャルの特徴を生かし、それこそスマホでサクサクと視聴するのに向いてる作り。
謎も多くて、続きが気なる展開なのも、おもしろいと思います。

果たして、どんな結末を迎えるのか?
続きが楽しみです。

「t@gged/タグド」以降の感想は随時追記します

個人的には、なかなかおもしろかったです。
正直、そこまで期待してなかったんですけど(すいません。笑)意外と謎も気なっちゃいましたね。
これから毎週、視聴していこうと思います。

以降の感想は、視聴次第、Twitter(@zacknet7)でツイートの上、この記事の冒頭でも、随時、追記していこうと思います。

「t@gged/タグド」、お見逃しなく!

Hulu(フールー)の公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Hulu

スポンサーリンク