「マーズ 火星移住計画 2」Huluで配信 感想・評価【海外ドラマレビュー】

マーズ 火星移住計画2

海外ドラマ「マーズ 火星移住計画 2」(シーズン2)が、ナショナルジオグラフィックで2019年2月5日から放送開始。
Hulu(フールー)のリアルタイム配信や見逃し配信でも視聴できます。
作品概要や配信情報、視聴した感想など、まとめました。


【第2話 感想:2019.2.12】
ネタバレなしで内容薄めですが、最新話の一言感想です。

マーズ 火星移住計画S2ep2、ドラマパートは、も~~何も書けないんですけど・・・とにかく、今回も見ごたえあり!
すごく、よかったです!
ドキュメンタリーパートも、おもしろかったです・・・けど、もっと宇宙に関するネタが見たいなあw
次回も、かなりヤバそう!
続きが楽しみです!

(Twitter @zacknet7 より転載)

スポンサーリンク

海外ドラマ「マーズ 火星移住計画 2」とは?

火星への移住を、ドラマとドキュメンタリーの融合で描いた「マーズ 火星移住計画」。
その続編となるシーズン2、「マーズ 火星移住計画 2」が、ナショナルジオグラフィックで放送スタートです。

ナショナルジオグラフィック(TV)公式サイトは、こちら。

【公式サイト】ナショナルジオグラフィック(TV)


以下、公式Twitterより引用です。


ナショナルジオグラフィックは、スカパー!ひかりTVdTVチャンネル、ケーブルテレビ(J:COMなど)で放送を見ることができます。

また、Hulu(フールー)のリアルタイム配信でも、ナショナルジオグラフィックの番組を視聴できます。
追加料金などは、かかりません。

一部作品は、見逃し配信もあります。

シーズン1となる前作「マーズ 火星移住計画」は、現在、Hulu(フールー)とNetflixで見放題配信中です。

Hulu(フールー)公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Hulu


Huluのサービス内容や料金など、詳しい解説はこちら。

Hulu(フールー)を始めてみたいけど、よくわからない。不安がある、という方もいるかもしれませんね。 そこで、Huluの始め方や料...


前作シーズン1では、ドラマパートは2033年が舞台。
人類の移住を目指し、主人公ハナをはじめとした6人のクルーが火星へと旅立ちました。
予想もしなかったアクイデントや悲劇の連続。
想像を絶する過酷な環境の中でのサバイバルは、本当にハラハラドキドキ!
さまざまな困難を乗り越え、ミッションに挑んでいく物語は胸を打ちましたね。

また、ドキュメンタリーパートでは、実際の宇宙開発の現実や、火星での厳しい問題点などを鋭く丁寧に描いていたと思います。
ドラマパートがさらに分かりすく、説得力が増しました。
まさにナショナルジオグラフィックらしい、異色の作品。

今作は、いよいよ、その続き。
ドラマパートは、前回のラストから5年後の2042年が舞台。
火星で活動できる環境が徐々に整い始め、民間企業も含めて、多く人類が火星へ降り立ちます。
やがてハナたちは、資源開発や利権の対立など、これまでにはなかった新たな問題に直面することになります。

ドキュメンタリーパートでは、最新の宇宙科学情報のほか、火星開発の未来予想や、隔離された人間の心理的影響などなど盛りだくさん。

予告動画は、こちら。
「マーズ 火星移住計画 2」 予告編

ドラマパートは、さらにスケール感もアップ!
今回も、見ごたえありそうですね!

制作総指揮は引き続き、「スプラッシュ」「アポロ13」などのプロデューサー、ブライアン・グレイザーと、「アポロ13」「ダ・ヴィンチ・コード」「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」などのヒットメーカー、ロン・ハワード。
ドラマとドキュメンタリーを融合させた面白さは、今回も健在!

ドラマパートのキャストとしては。
隊長ハナ・スンと姉ジュン・スンの二役を演じるジヘ(ジヘ・キム)をはじめ、アメリー役クレメンティーヌ・ポワダッツや、ハビエル役アルベルト・アンマンといった面々は再び登場。
生物学者マルタや機械工学者ロバートなども出てきます。

さらに、新たな登場人物として、民間企業ルクラムの隊長カート役に、「シカゴ・メッド」のジェフ・ヘフナー。
カートの部下ジェン役に、「エメラルドシティ」のロキシー・スターンバーグ。
他にも、副隊長マイク役ガンナー・コーザリーや、医師ジェイ役アルバクール・クルサなどが出演しています。

火星移住という壮大な物語が、再び始まります。
楽しみですね。

海外ドラマ「マーズ 火星移住計画 2」(シーズン2)は、Hulu(フールー)のリアルタイム配信で視聴できる「ナショナルジオグラフィック」で放送スタート。
吹替版は、2019年2月5日から毎週火曜22時。
字幕版は、2019年2月8日から毎週金曜21時に配信です。

Hulu公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Hulu


参考記事 Huluおすすめ海外ドラマ ラインナップ

参考記事 Huluとは?サービス内容や使い方など基本を解説

スポンサーリンク

「マーズ 火星移住計画 2」見逃し配信について

Huluでは、見逃し配信があります。

「マーズ 火星移住計画2」の見逃し配信は、吹替版が2019年2月6日から毎週水曜に配信。
字幕版は、2019年2月9日から毎週土曜に配信です。

期間限定配信だとは思いますが、スケジュールなどは、まだ正式に発表されていません。
詳細が分かり次第、記事を更新したいと思います。

Hulu公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Hulu


※以下、ややネタバレしています。ご注意ください。

「マーズ 火星移住計画 2」あらすじ

舞台は2042年の火星。
隊長ハナたちが人類初の火星着陸を果たしてから、およそ10年後の世界。
コロニー「オリンパス・タウン」は発展を遂げ、ISMF加盟国の基地も続々と建設されるなど、火星移住はもはや夢ではなくなりつつありました。
そんな中、民間企業ルクラムの宇宙船が到着。
隊長カートのもと、利益優先の天然資源開発が強引に進められていき、ハンナたちと対立していくことに。
さらに、滞在者が増えたことによる人間同士の軋轢や、長期滞在の精神的な問題、地球での政治的な駆け引きなど、これまになかった問題も表面化。
ハンタたちは、さまざまな困難に直面していきます。
火星での人類の未来はどうなるのか?
ハンナたちの運命は?

・・・というようなストーリーです。

スケールもドラマ性もアップ!第1話 感想

前回シーズン1から5年が経ち、だいぶ落ち着いてきた火星。
今回は、いよいよ本格的な開拓時代に突入!という感じ。

冒頭から、映像も気合い入ってましたね。
セットや美術も含めて、全体的にスケール感もアップ!

ストーリー的にも、見ごたえがあったと思います。
・・・初代着陸メンバーは、10年近く帰らずに、そのまま火星に残ってたんですねぇ。
スゴい!
そりゃ、アメリーのように、帰りたくもなるよなあ。
他にも、ISMFの事務局長が代わっていたりと、その後の時間経過と、人物たちがどう葛藤してきたが丁寧に描かれていたと思います。

民間企業ルクラムの登場で、思ってもいなかった展開になってきましたね。
やっぱ人が増えると、問題も増えるんだなあ。

ドキュメンタリーパートも、おもしろかったです。
「宇宙で起業」とか・・・そうかあ、そういう時代にもなるのかなあ。
また、北海油田で家族と離れ、社会と隔離された中で働くレポートも、よかったですね。

ドキュメンタリーだけでもホント見ごたえがありますが、ドラマのリアリティも増大!
今回も、ドラマとドキュメンタリーの相乗効果とバランスが絶妙。
この作品らしい面白さが、さらにパワーアップしていると思います。

地球以外の惑星に行ったら、どんなことが起こるのか?というのは、まったく予想できないですね。
その、先が見えないところが面白い!

続きが、すごく楽しみです。
今回も期待したいと思います。

以降の感想は随時追記します

個人的には、シーズン2も、かなりおもしろかったです。
これから毎週、見ていこうと思います。

以降の感想は、視聴次第、Twitter(@zacknet7)でツイートの上、この記事の冒頭でも、随時、追記していこうと思います。

海外ドラマ「マーズ 火星移住計画 2」、お見逃しなく!

Hulu(フールー)の公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Hulu