ドラマ「NIGHTFLYERS/ナイトフライヤー」全話見ました!感想と評価【Netflix】

NIGHTFLYERS/ナイトフライヤー

海外ドラマ「NIGHTFLYERS/ナイトフライヤー」シーズン1、見ました!
個人的な感想と評価です。


【追記:2019.2.21】
残念ながら、「NIGHTFLYERS/ナイトフライヤー」は、打ち切りが決まったようです。
以下、Twitterより引用です。

スポンサーリンク

海外ドラマ「NIGHTFLYERS/ナイトフライヤー」とは?

未知の生命体をめぐる、宇宙空間での恐怖を描いたSFスリラー。

舞台は、2093年の未来世界。
滅亡の危機に瀕した地球を救うため、宇宙物理学者カール・ディブラニンをはじめとした科学者たちは、ナイトフライヤー号へ乗船し、宇宙へと旅立ちます。
やがて、クルーたちに想像を超えた恐ろしい異変が・・・。
不可解な現象に、疑心暗鬼になっていくクルーたち。
ナイトフライヤー号の中に、ただならぬ気配を感じたカールたちは、異変の原因を調べ始めますが、さらなる恐怖に見舞われることになります。

外に逃れることができない宇宙船内での閉塞感が、恐怖を増幅!
謎や疑惑が交錯し、やがて明らかになる真相に驚愕!
まさに息をのむSFホラーです。

原作は、「ゲーム・オブ・スローンズ」の作者ジョージ・R・R・マーティンの同名小説。
ジョージ・R・R・マーティンは製作総指揮にも名を連ねていますが、制作には関与してないようです。

今作は、米国のケーブル放送局SyfyとNetflixとの共同制作。
Syfyは、「12モンキーズ」「アウトランダー」「マジシャンズ」「Zネーション」などなど、SF系ドラマがメインの放送局。
最近では、スーパーマンの前日談を描いた「KRYPTON/クリプトン」も制作・放送しています。

本国では、すでにSyfyにて2018年12月に放送済み。
それ以外の国では、Netflixでの独占配信ということのようです。

製作総指揮は、「デクスター」「コンスタンティン」「メンタリスト」など、数多くの作品を手がけてきたダニエル・セローン。
そして、第2話と第6話の監督は、「セント・エルモス・ファイアー」「プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角」「レス・ザン・ゼロ」で知られる、俳優アンドリュー・マッカーシー。
近年では、ドラマの監督業でも活躍し、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」「ブラックリスト」も演出しています。
監督としての手腕にも注目です!

キャストとしては。
主人公カールを演じるのは、 映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」や、ドラマ「ナイトシフト真夜中の救命医」のオーエン・マッケン。
精神科医アガサ・マシソン役に、「ボードウォーク・エンパイア 」「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」のグレッチェン・モル。

そして、船長ロイ・エリスに、映画「ジュピター」「ワイルド・スピード EURO MISSION」や、ドラマ「フォーリングウォーター」「ブラック・ミラー シーズン2」のデビット・アジャラ。
宇宙生物学者ローワンに、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のアンガス・サンプソン。

メル役に、「ラストシップ」のジョディー・ターナー・スミス。
ロミー役に、「ティーン・ウルフ」マヤ・エシェト。

どのキャストも大熱演!
緊迫感が、すごかったですね。
ローワンやロミーなどは、難しい役どころだったと思うのですが、鬼気迫る迫真の演技は見事!
必見です。

ほかにも、テレパスのセールに、新鋭サム・ストライクや、船の指揮を執るアーギーに、「ミルドレッド・ピアース 幸せの代償」「フラッシュフォワード」のブリアン・F・オバーンなどが出演しています。


海外ドラマ「NIGHTFLYERS/ナイトフライヤー」は、現在シーズン1まで制作されています。
シーズン1がファイナルで、シリーズとしては完結しているようです。

シーズン1は、2018年制作。
各話43分程度の全10話です。

現在 Netflix(ネットフリックス)で配信されています。
(紹介している作品は、2019年1月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はNetflix公式ホームページにてご確認ください。)

Netflix公式サイトはこちら。

【公式サイト】Netflix


参考記事 Netflixおすすめオリジナルドラマ・最新ラインナップまとめ

参考記事 Netflixオリジナル以外のおすすめ海外ドラマ・最新情報まとめ

  
※以下、かなりネタバレしています。くれぐれも、ご注意ください。

スポンサーリンク

「NIGHTFLYERS/ナイトフライヤー」あらすじ

西暦2093年。
地球ではウイルスが蔓延し、人類に絶滅の危機が迫っていました。
そんな中、宇宙の遥か彼方に未知の生命体「ヴォルクリン」の存在を確認し、それこそが地球の危機を救う方法だと確信した物理学者カール・ディブラニンは、精神科医アガサや生物学者ローワン、そして「L1」と呼ばれるテレパスのセールら仲間たちと共に、宇宙船ナイトフライヤー号で旅立ちます。
しかし、出発から間もなくしてトラブルが続出。
さらに船内では、考えられないような恐ろしい異変が、次々とカールたちに襲い掛かります。

まるで、ヴォルクリンとの接触を阻むような現象の数々。
人も殺せる力を持つテレパスのセール。
意志を持っているかのような船内システムの異常。
原因を突きとめようと調べ始めるカールたちでしたが、さらなる恐怖に直面することになり、やがて驚愕の真相が明らかになっていくのでした。

・・・というようなストーリーです。

予告動画はこちら。
NIGHTFLYERS/ナイトフライヤー 予告編

ジョージ・R・R・マーティンらしい、謎と驚きとエグみのあるSFスリラー

第1話の冒頭からして、ぎょええ~!
いきなり遠慮なくガツン!(笑)

序盤から中盤は、かなりグイグイと来てましたね。
ホラーテイストでドキドキしながら、深まっていく謎が面白かったです。

テレパスのセールへの疑惑と不信感。
実体を見せない船長エリス。
不可解なシステム障害。
幽霊のように姿を見せる少女・・・と、見どころ満載。

セールは「テレパス」というより「サイコパス」な感じだもんね。(笑)

追い詰められていくカールたちにドキドキ。
明らかになっていく真相に驚愕!
先が読めないおもしろさだったと思います。

全体的には、わりとオーソドックなSFスリラーの作り。
それに、いかにもジョージ・R・R・マーティンらしい、エグさがプラス。
・・・う~、相変わらず、描写も人間性もドロっとしている。(笑)
赤ちゃんのアレとか・・・うう~~・・・。

また、古典映画作品のテイストやオマージュも色濃かったと思います。
「エイリアン」「2001年 宇宙への旅」「惑星ソラリス」は、もちろんですが。
終盤のローワンとか、まさに「シャイニング」。
ほかにも、名作映画を思い起こさせるエピソードが多め。
・・・ジョージ・R・R・マーティンは、キューブリックが大好きなのかも?

でも、それでいて、現代らしい新しさもあったと思います。
夢や記憶の操作、思考のシステム化、遺伝子操作などは、いかにも現代の科学ネタらしくて、違和感なし。
人体にモジュールを埋め込んで、システムの中に入り込むというのも、ビジュアル効果も含め、おもしろかったです。

逃げ場のない宇宙空間で起こる、おぞましい事件の数々。
不可解で理解が及ばないヴォルクリン。
ホラー要素と驚愕展開のストーリーで、見ごたえのあるSFスリラーだと思います。

・・・なんですが!
が!
が!(笑)

とはいえ、説明不足や唐突感も、かなり目立っていたように思います。

まず、どれだけ地球が危機でヤバいのか、あんま説明ない。(笑)
そして、その危機を救うカギとなるのが、なぜヴォルクリンなのか?
いつ現れたの?ヴォルクリン。

なので、「地球を救うため」とは、みんな言うけれど、動機の理解が薄くて、あまり必然性というか、応援する気にはならないかも。

そして。
何事も唐突。
何事も曖昧に許しちゃう。

マーフィに、あんなことしたセールは、うやむやに罪に問われず。
そして、そんなセールとマーフィも、8か月後には仲良しに。(笑)
・・・うそだろぉ。マーフィ、あんなにテレパス憎んでたのに。
セールがマーフィに手をかざしたあのシーンで、憎しみの記憶が消されたってこと?

さらには、アガサのL3発覚からの幽体離脱。(笑)
極めつけは、ローワンうやむやに正気に戻って、うやむやに合流。
・・・ローワンの凶行って、やっぱハチのせい?(ハチミツ食べてたし)

胞子騒動も唐突で、なぜそうなったかも、うやむや。
アガサが「救助無用。近寄るな」とメッセージを流したのも、なぜなのか?(シンシアがいるから?)
・・・などなど、などなど。
もしかしたら、色々と理由や理屈はあるのかもしれないんですけど、やっぱり説明不足と唐突感は否めず。

また、結果的に、みんな自分のことだけ。(笑)
カールが必死になるのも、娘に会いたいからという欲望の描写が強すぎて、後半は「地球を救う」という使命感に説得力がなくて。
もしかしたら、キャラクターに感情移入するのが難しいかもしれませんね。

そして、あのラスト。
う~ん・・・。

SFスリラーとして、エンターテイメントという部分では、かなりおもしろかったと思います。
見どころも、スケール感も満点!
続きが気になる面白さ。
決して、つまらなくはないと思います。

ただ、理解が難しかったり、ハマれないと、終盤は特に納得はいかないかも。
不可解な部分が多くて、モヤモヤっとするかもしれませんね。

中盤までは、かなりおもしろくて、まとまりもあったんですけどねぇ。
終盤は怒涛の展開でしたが、そのぶん、消化不良も目立ったかも。

人によっては、評価が分かれる作品だと思います。

シーズン2はなし!これで完結!評価が分かれるドラマ

個人的には、なかなか面白かったです。
多少、納得できない部分はありましたが(笑)ドキドキしながら楽しめました。
ただ、評価は分かれそうですね。

あのラストでは、ちょっと消化不良な感じがしますけど。
一応、まとまってはいるので・・・どうかなあ?

あれから、どう続くのか?は、想像でいいのかも、と、個人的には思っていたりもします。

【以下追記:2019.2.21】
残念ながら、今作はシーズン1で打ち切りが決定したようです。
う~ん・・・これで、よかったかなあ。

「NIGHTFLYERS/ナイトフライヤー」は、シーズン1でファイナル。
シーズン2は、ありません。

・・・てか、地球は、ど~なった?(笑)