「マスケティアーズ パリの四銃士」シーズン2・感想と評価【海外ドラマレビュー】

「マスケティアーズ パリの四銃士」シーズン2

海外ドラマ「マスケティアーズ パリの四銃士」シーズン2を観ました!
個人的な感想と評価です。

スポンサーリンク

「マスケティアーズ パリの四銃士」シーズン2とは?

有名な小説「三銃士」を原作にした、歴史冒険活劇の第2弾。
17世紀のパリを舞台に、国王ルイ13世に仕える銃士隊の活躍を描いたドラマです。

作品の概要と、シーズン1の個人的な感想はこちら。

海外ドラマ「マスケティアーズ パリの四銃士」シーズン1を鑑賞しました。 個人的な感想と評価です。 「マスケティアーズ パリの...


シーズン1では、国や国王を守るため、リシュリュー枢機卿の陰謀に立ち向かった銃士たち。
見ごたえあるアクション!正義と忠義!燃え上がるロマンス!
ハラハラドキドキのストーリー展開で、目が離せない面白さでしたね。

今回のシーズン2では、枢機卿に代わり、野望に燃えるロシュフォール伯爵が台頭。
スペインの陰謀も見え隠れし、国をも揺るがす危機が銃士隊に襲い掛かります。

ダルタニアンをはじめ、アトス、アラミス、ポルトスの四銃士は、もちろん登場!
コンスタンス、トレビル、ミレディなど、おなじみのキャラクターも勢ぞろい。
ストーリーもアクションも、さらにパワーアップし、前作以上に見ごたえのある作品になっています。

ドラマ「マスケティアーズ パリの四銃士」は、シーズン3まで制作されています。
シーズン3がファイナル・シーズンで、シリーズとしては完結。
打ち切りで、シーズン4はありません。

シーズン2は、2015年制作。
各話52分の全10話です。

DVDのレンタルは、シーズン1~2まで。
動画配信サービスでは、現在、Huluでシーズン3まで、全話見放題で配信されています。
(紹介している作品は、2020年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各サービスの公式サイトにてご確認ください)

Hulu公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Hulu


参考記事 Huluとは?サービス内容や使い方など基本を解説

参考記事 Huluおすすめ海外ドラマ ラインナップ


※以下、ややネタバレしてます。ご注意ください。

スポンサーリンク

「マスケティアーズ パリの四銃士」シーズン2 あらすじ

リシュリュー枢機卿の腹心だったロシュフォール伯爵が、捕らえられていたスペインから脱出し、帰国。
フランス国王ルイ13世の信頼を得ると、親衛隊長となり、王宮での影響力を強めていきます。
しかし、ロシュフォールには、危険な野望と秘密が・・・。
アトスたち銃士隊は、ロシュフォールの謀略を察し、国を守るべく日々奔走するのですが。
やがて、王宮をも巻き込んだ、かつてない最大の危機を迎えるのでした。
果たして四銃士たちは、フランスや国王を守ることができるのか?

・・・というようなストーリーです。

予告動画はこちら。
The Musketeers: Series2

ストーリーもアクションもロマンスも、すべてがパワーアップ!おもしろさ倍増のシーズン2!

個人的には、今回のシーズン2は、前作以上におもしろかったです!
もう最高!
すごかったですね!

ストーリーも、毎回多彩なエピソードで新鮮味があって、「今回は、どんな物語かな」と期待させるような、おもしろさだったと思います。
趣向が凝らしてあってマンネリ化せず、アイデアも素晴らしくて、練り込まれたシナリオだったと思います。

個人的には、第2話・第6話の国王ルイ13世が絡むストーリーが、よかったですね。
結構、ルイ13世の人間味が描かれていて、第6話の究極の葛藤は、もう手に汗握るおもしろさ!

さらに、ダルタニアンとコンスタンス、アラミスとアンヌ王妃のロマンスや、アトスの過去、ポルトスの出生の秘密など、盛りだくさん!
ドラマ性としても、それぞれのキャラクターを丁寧に描いていて、かなり見ごたえのあるストーリーでした。

冒険活劇としても、前作よりパワーアップしていたと思います。
アクションも、さらに壮大になって大迫力!
第1話のクライマックスとか、燃えるっ!(笑)
とにかく、大爆破が増えましたね。
また、前回以上にマスケット銃での戦いがメインになって、さらに西部劇っぽくなったかな?

また、ストーリー的にもハラハラドキドキ!
忠義に燃え、悪と戦う銃士隊がカッコいいっ!
ロシュフォールの野望を主軸に、終盤はもう、目が離せなくて釘づけ!
最終話は、すごかったですね!
燃えたっ!(笑)

ちょっと、言葉は悪いのですけど。
敵となるキャラクターが、お年寄りで悪知恵で勝負する枢機卿から、若くて冷酷で戦いもできるアグレッシブなロシュフォールに代わったことも大きかったと思います。
悪としての脅威や怖さ、銃士隊の危機感や、戦いのアクション性などが、格段におもしろくなりましたね。
「ロシュフォール憎し!ダルタニアンたち、ヤバくね?」というハラハラ感が増して、すごくよかったです。

手に汗握る冒険活劇や、結構ベタベタで熱い展開(笑)などは、そのままに。
それでいて、常に新鮮で期待感のあるエピソードばかりで、すごくおもしろかったです!
見やすさと刺激のバランスが、絶妙でしたね。
毎回、楽しみ!もっと観たい!と、思わずにはいられないドラマだと思います。
・・・これは、ハマっちゃいますね!(笑)

誰もが楽しめる、娯楽ドラマの秀作だと思います!

キャラクターの魅力もパワーアップ!

登場人物たちのエピソードも、さらにドラマチックになって見ごたえがありましたね。

中でも、ダルタニアンとコンスタンスのラブロマンスは、燃えたっ!
ベタベタだとわかっていても、第6話の終わりとか、もうウルウルしちゃって。(笑)
最終話も、最高でしたね!

コンスタンスは、本当に魅力的だったと思います。
・・・あれは、ホレちゃうよねぇ。(笑)

アラミスとアンヌ王妃との秘めた恋とか、アトスとミレディの関係とか、すごくよかったです。
・・・ポルトス・・・今回は、恋愛ネタはなかったですね。(笑)

他にも、ルイ13世やアンヌ王妃など、メインの四銃士たち以外の登場人物も、より深く描かれていたと思います。
特に、ロシュフォールがよかったですね。
あの憎々しさや、ちょっと異常な部分があったからこそ、ストーリー全体のおもしろさが増したと思います。
最終話がすごかったのも、ロシュフォールの存在感があってこそ、でしたね。

あと、個人的には、今回も隊長トレヴィルがよかったです!
・・・誘いを断って、一兵卒に格下げとか・・・不器用すぎるだろっ!(笑)
それでも銃士として、忠義と男気を通すあたりは、さすがっ!
すごく、よかったです!

前作以上に、キャラクターの個性的な部分をより丁寧に描いていて、さらに魅力が増していたと思います。

シーズン3はどうなる?期待せずにはいられない!

個人的には、シーズン2も猛烈におもしろかったです!
期待以上でした!
娯楽作品としてのクオリティが高く、まさに秀作ドラマだと思います。
未見なら、絶対に見るべきドラマだと思います。

最終話では、新たな展開を期待させるようなラストでしたね。
もう・・・早く、続きが観たいっ!

本国では、シーズン3はすでに放送済みです。

シーズン3の予告動画はこちら。
The Musketeers: Series 3

メチャクチャおもしろそうっ!
今度は、かなりハードな展開になりそうですね!

「マスケティアーズ パリの四銃士」はシーズン3で打ち切り、ファイナルシーズンになるそうですけど。
果たして、どんな結末なのか?

シーズン3が、猛烈に楽しみですっ!

次のシーズン2を見た個人的な感想はこちら。
「マスケティアーズ パリの四銃士」シーズン3 感想と評価