2020年 第26回SAG賞:全米映画俳優組合賞ノミネート発表!作品一覧まとめ

ネット動画配信

2020年 第26回SAGアワード:全米映画俳優組合賞のノミネートが発表になりました。
候補一覧や、映画作品の公開状況、Hulu、Netflix、Amazonプライムビデオなどの動画配信サービスでの視聴状況まとめです。


【追記:2020.1.20】
第26回SAGアワード:全米映画俳優組合賞の授賞式が開催。
受賞結果は、こちら。

2020年 第26回SAGアワード:全米映画俳優組合賞の授賞式が開催! 受賞結果や感想、HuluやNetflixなど動画サービスで...
スポンサーリンク

2020年 第26回SAGアワード ノミネート発表!

日本時間2019年12月12日、2020年のSAGアワード:全米映画俳優組合賞のノミネートが発表になりました。

SAGアワード(サグ・アワード)は、全米映画俳優組合(Screen Actors Guild=SAG)に所属する俳優たちが投票して決定する賞です。
賞は、映画部門とテレビドラマ部門の二つに分かれています。

いわば、俳優たち自身が、優れた俳優を選出して栄誉を称える賞。
それもあってか、「作品賞」ではなく、「キャスト賞」とか「アンサンブル賞」とか、ちょっと他では聞きなれない名称も。

日本では、あまり馴染みのない賞のように感じるかもしれませんが。
SAGアワードは、投票する全米映画俳優組合の会員と、アカデミー賞を選出するアカデミー会員と、メンバーが重なることが多いため、アカデミー賞の行方を占う前哨戦として、いつも大きな注目を集めています。

映画部門、テレビドラマ部門、それぞれ、どんな作品がノミネートされたのか?
詳細は、以下の通りです。

なお、ノミネート一覧は、SAGアワード公式サイトから引用させていただきました。
公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Screen Actors Guild Awards

【公式サイト】NOMINEES & RECIPIENTS 2020

スポンサーリンク

2020年 第26回SAGアワード:全米映画俳優組合賞 ノミネート一覧

映画部門

■キャスト賞
「スキャンダル」(原題:Bombshell)
「アイリッシュマン」
「ジョジョ・ラビット」
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
「パラサイト 半地下の家族」

■主演男優賞
クリスチャン・ベール「フォードvsフェラーリ」
レオナルド・ディカプリオ「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
アダム・ドライバー「マリッジ・ストーリー」
タロン・エジャトン「ロケットマン」
ホアキン・フェニックス「ジョーカー」

■主演女優賞
シンシア・エリボ「Harriet(原題)」
スカーレット・ヨハンソン「マリッジ・ストーリー」
ルピタ・ニョンゴ「Us/アス」
シャーリーズ・セロン「スキャンダル」(原題:Bombshell)
レニー・ゼルウィガー「ジュディ 虹の彼方に」

■助演男優賞
ジェイミー・フォックス「黒い司法 0%からの奇跡」
トム・ハンクス「A Beautiful Day in the Neighborhood(原題)」
アル・パチーノ「アイリッシュマン」
ジョー・ペシ「アイリッシュマン」
ブラッド・ピット「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

■助演女優賞
ローラ・ダーン「マリッジ・ストーリー」
スカーレット・ヨハンソン「ジョジョ・ラビット」
ニコール・キッドマン「スキャンダル」(原題:Bombshell)
ジェニファー・ロペス「ハスラーズ」
マーゴット・ロビー「スキャンダル」(原題:Bombshell)

ドラマ部門

■ドラマ部門 アンサンブル賞
「ビッグ・リトル・ライズ」
「ザ・クラウン」
「ゲーム・オブ・スローンズ」
「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
「ストレンジャー・シングス」

■ドラマ部門 男優賞
スターリング・K・ブラウン「THIS IS US」
スティーヴ・カレル「ザ・モーニングショー」
ビリー・クラダップ「ザ・モーニングショー」
ピーター・ディンクレイジ「ゲーム・オブ・スローンズ」
デヴィッド・ハーバー「ストレンジャー・シングス」

■ドラマ部門 女優賞
ジェニファー・アニストン「ザ・モーニングショー」
ヘレナ・ボナム=カーター「ザ・クラウン」
オリビア・コールマン「ザ・クラウン」
ジョディ・カマー「キリング・イヴ」
エリザベス・モス「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」

コメディ/テレビ映画・リミテッド部門

■コメディ部門 アンサンブル賞
「BARRY/バリー」
「Fleabag/フリーバッグ」
「コミンスキー・メソッド」
「マーベラス・ミセス・メイゼル」
「シッツ・クリーク」

■コメディ部門 男優賞
アラン・アーキン「コミンスキー・メソッド」
マイケル・ダグラス「コミンスキー・メソッド」
ビル・ヘイダー「BARRY/バリー」
アンドリュー・スコット「Fleabag/フリーバッグ」
トニー・シャルーブ「マーベラス・ミセス・メイゼル」

■コメディ部門 女優賞
クリスティナ・アップルゲイト「デッド・トゥ・ミー さようならの裏に」
アレックス・ボースタイン「マーベラス・ミセス・メイゼル」
レイチェル・ブロズナハン「マーベラス・ミセス・メイゼル」
キャサリン・オハラ「シッツ・クリーク」
フィービー・ウォーラー=ブリッジ「Fleabag/フリーバッグ」

■テレビ映画・リミテッド部門 男優賞
マハーシャラ・アリ「TRUE DETECTIVE/迷宮捜査」
ラッセル・クロウ「The Loudest Voice(原題)」
ジャレッド・ハリス「チェルノブイリ」
ジャレル・ジェローム「ボクらを見る目 」
サム・ロックウェル「Fosse/Verdon(原題)」

■テレビ映画・リミテッド部門 女優賞
パトリシア・アークエット「The Act(原題)」
トニ・コレット「アンビリーバブル たった1つの真実」
ジョーイ・キング「The Act(原題)」
エミリー・ワトソン「チェルノブイリ」
ミシェル・ウィリアムズ「Fosse/Verdon(原題)」

スポンサーリンク

ノミネート作品の映画公開状況

映画部門にノミネートされた作品の、日本での公開状況は以下の通りです。
(あくまでも2019年12月現在の状況です。ご注意ください)

■公開済み
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
「ロケットマン」
「ジョーカー」
「Us/アス」
「アイリッシュマン」(Netflix)

■公開予定
「パラサイト 半地下の家族」(2020年1月10日)
「フォードvsフェラーリ」(2020年1月10日)
「ジョジョ・ラビット」(2020年1月17日)
「ハスラーズ」(2020年2月7日)
「スキャンダル」(原題:Bombshell)(2020年2月21日)
「黒い司法 0%からの奇跡」(2020年2月28日)
「ジュディ 虹の彼方に」(2020年3月6日)
「A Beautiful Day in the Neighborhood(原題)」(未定)
「Harriet(原題)」(未定)

動画配信サービスで視聴できるノミネート作品ラインナップ

テレビドラマ部門で、今現在、HuluやNetflixなどの動画配信サービスで視聴できるノミネート作品は、以下の通りです。
(あくまでも2019年12月現在の状況です。ご注意ください)

■ Hulu
ハンドメイズ・テイル/侍女の物語
ゲーム・オブ・スローンズ

■ Netflix
ザ・クラウン
ストレンジャー・シングス
「ボクらを見る目 」
「デッド・トゥ・ミー さようならの裏に」
「アンビリーバブル たった1つの真実」
「コミンスキー・メソッド」
「シッツ・クリーク」

■ Amazonプライム・ビデオ
THIS IS US
「BARRY/バリー」
「Fleabag/フリーバッグ」
「マーベラス・ミセス・メイゼル」

■ スターチャンネル・スターチャンネルEX
ビッグ・リトル・ライズ」(賞の対象はシーズン2)
「ゲーム・オブ・スローンズ」(賞の対象はシーズン8)
「チェルノブイリ」

※上記作品は、今現在、スターチャンネルEXに加入すると見放題。
また、Amazonビデオで個別に有料で視聴することもできます。

■ Apple TV+
ザ・モーニングショー

■ その他、放送中または放送済み
「キリング・イヴ」シーズン1は、U-NEXTで見放題配信中。
賞の該当作品となるシーズン2は、WOWOWで放送中です。


配信状況の詳細は、各サービスの公式サイトでご確認ください。

【公式サイト】Hulu

【公式サイト】Netflix

【公式サイト】Amazon Prime Video

【公式サイト】スターチャンネルEX

【公式サイト】Apple TV+

【公式サイト】U-NEXT

スポンサーリンク

第26回SAGアワード ノミネート感想

やはり、俳優組合の賞だけに、他の賞とは、ちょっと違いますね。
あくまで演技中心の選出という色合いが強くて、有名俳優がズラリ。

今年の映画部門では、「アイリッシュマン」「マリッジ・ストーリー」といった、Netflixオリジナル映画が大躍進!
すでに配信中で、すぐに見られる、というのがいいですよね。
「スキャンダル」(原題:Bombshell)は、シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーと、3人ともノミネート。
公開前から話題になっている作品ですが、これで、さらに注目度アップ!
個人的には、「ジョーカー」のホアキン・フェニックスに取ってほしいなあ。

ドラマ部門では、Apple TV+の「ザ・モーニングショー」が大健闘!
ジェニファー・アニストン、リース・ウィザースプーン、スティーヴ・カレル・・・は、いいとして、報道局長コリー・エリソン役ビリー・クラダップもノミネート。
実際、ビリー・クラダップ、演技は素晴らしいと思います。
知名度だけではなく、しっかり実力評価されるあたりが、俳優組合の賞らしいですね。

・・・にしても。
「ビッグ・リトル・ライズ」のメリル・ストリープがノミネートされていないのは、ちょっと解せないですねぇ。

コメディ・リミテッド部門では、やはり「マーベラス・ミセス・メイゼル」「Fleabag/フリーバッグ」「コミンスキー・メソッド」が強いですね。
かなり接戦になりそう。

リミテッド部門は、「チェルノブイリ」ジャレッド・ハリスに、がんばってほしい。
・・・ステラン・スカルスガルドがノミネートされていないのは、ちょっと解せないですねぇ。

今年は、かなりの混戦模様で、甲乙つけがたし。
どんな結果になるのか、注目したいと思います。

第26回SAGアワード 授賞式は2020年1月20日

2020年のSAGアワード授賞式は、現地時間2020年1月19日(日)に開催される予定です。
日本時間では、2020年1月20日(月)。

昨年よりは、1週早い開催ですね。
日本で、どこかが放送・配信する、というのはなさそうですが・・・。
ネットで見れるのかな?

果たして、栄冠は誰の手に?
注目です!

結果が分かり次第、また記事にまとめたいと思います。
その他、新しい情報が分かり次第、随時、この記事を更新し、Twitter(@zacknet7)などでも、つぶやいていこうと思います。

楽しみです!

スポンサーリンク