2019年ゴールデングローブ賞ノミネート発表 作品一覧やHuluなどの配信状況まとめ

ネット動画配信

2019年 第76回ゴールデングローブ賞のノミネートが発表に。
候補作品の一覧や、Hulu、Netflix、Amazonプライムビデオなど、動画配信サービスで視聴できる作品を、まとめました。

スポンサーリンク

2019年 第76回ゴールデングローブ賞テレビドラマ部門ノミネート発表!

日本時間2018年12月6日、2019年ゴールデン・グローブ賞テレビドラマ部門のノミネート作品が発表になりました。

以下、公式Twitterより引用です。


ゴールデングローブ賞は、映画部門とテレビドラマ部門とに分かれています。
海外ドラマの世界では、エミー賞と並ぶ、権威ある大きな賞。
映画の世界では、アカデミー賞の前哨戦としても、毎回注目されます。

テレビドラマ部門は、今年はどんな作品がノミネートされたのか?
ノミネート詳細は、以下の通りです。

なお、作品一覧は、ゴールデングローブ賞の公式サイトから引用させていただきました。
公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Golden Globes

【公式サイト】Nominees 2019


各賞の結果は、日本時間2019年1月7日(月)の授賞式で発表されます。
果たして、栄冠は誰の手に?

スポンサーリンク

第76回ゴールデングローブ賞ノミネート作品一覧

ドラマシリーズ部門

■作品賞
「ジ・アメリカンズ」
「ボディガード 守るべきもの」
「Homecoming(原題)」
「キリング・イヴ/Killing Eve」
「Pose(原題)」

■男優賞
ジェイソン・ベイトマン「オザークへようこそ」
ステファン・ジェームス「Homecoming(原題)」
リチャード・マッデン「ボディガード 守るべきもの」
ビリー・ポーター「Pose(原題)」
マシュー・リス「ジ・アメリカンズ」

■女優賞
カトリーナ・バルフ「アウトランダー」
エリザベス・モス「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
サンドラ・オー「キリング・イヴ/Killing Eve」
ジュリア・ロバーツ「Homecoming(原題)」
ケリー・ラッセル「ジ・アメリカンズ」

ミュージカル/コメディ・シリーズ部門

■作品賞
「バリー」
「グッド・プレイス」
「Kidding(原題)」
「コミンスキー・メソッド」
「マーベラス・ミセス・メイゼル」

■男優賞
サシャ・バロン・コーエン「Who Is America?(原題)」
ジム・キャリー「Kidding(原題)」
マイケル・ダグラス「コミンスキー・メソッド」
ドナルド・グローヴァー「アトランタ」
ビル・ヘイダー「バリー」

■女優賞
クリスティン・ベル「グッド・プレイス」
キャンディス・バーゲン「Murphy Brown(原題)」
アリソン・ブリー「GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」
レイチェル・ブロズナハン「マーベラス・ミセス・メイゼル」
デブラ・メッシング「Will & Grace(原題)」

テレビ映画・ミニシリーズ部門

■作品賞
「エイリアニスト」
「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」
「Escape at Dannemora(原題)」
「KIZU 傷」(原題:Sharp Objects)
「英国スキャンダル セックスと陰謀のソープ事件」

■男優賞
アントニオ・バンデラス「ジーニアス:ピカソ」
ダニエル・ブリュール「エイリアニスト」
ダレン・クリス「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」
ベネディクト・カンバーバッチ「パトリック・メルローズ」
ヒュー・グラント「英国スキャンダル セックスと陰謀のソープ事件」

■女優賞
エイミー・アダムス「KIZU 傷」(原題:Sharp Objects)
パトリシア・アークエット「Escape at Dannemora(原題)」
コニー・ブリットン「Dirty John(原題)」
ローラ・ダーン「ジェニーの記憶」
レジーナ・キング「運命の7秒」

助演賞

■助演男優賞
アラン・アーキン「コミンスキー・メソッド」
キーラン・カルキン「キング・オブ・メディア」
エドガー・ラミレス「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」
ベン・ウィショー「英国スキャンダル セックスと陰謀のソープ事件」
ヘンリー・ウィンクラー「バリー」

■助演女優賞
アレックス・ボースタイン「マーベラス・ミセス・メイゼル」
パトリシア・クラークソン「KIZU 傷」(原題:Sharp Objects)
ペネロペ・クルス「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」
タンディ・ニュートン「ウエストワールド」
イヴォンヌ・ストラホフスキー「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」


※助演男優賞・助演女優賞は、部門の区別はなく、すべてのドラマ作品から選ばれるようです。

スポンサーリンク

動画配信サービスで視聴できるノミネート作品ラインナップ

今現在、HuluやNetflixなどの動画配信サービスで視聴できるノミネート作品は、以下の通りです。
実際に観た作品は、作品概要や感想付きです。
(あくまでも、2018年12月現在の情報です。配信が終了している場合もありますので、ご注意ください)

■ Hulu
ハンドメイズ・テイル/侍女の物語
アウトランダー

■ Netflix
ジ・アメリカンズ
「ボディガード 守るべきもの」
「オザークへようこそ」
「グッド・プレイス」
「コミンスキー・メソッド」
「アトランタ」
「GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」
「エイリアニスト」
「運命の7秒」

■ Amazonプライム・ビデオ
「バリー」
「マーベラス・ミセス・メイゼル」

■ その他、放送中または放送済み
「ジーニアス:ピカソ」は、ナショナル・ジオグラフィックで放送済み。

「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」「KIZU 傷」「ジェニーの記憶」「キング・オブ・メディア」は、スターチャンネルで放送済み。

「英国スキャンダル セックスと陰謀のソープ事件」は、WOWOWで放送済みです。

■ 今後、配信予定
「パトリック・メルローズ」は、12月23日よりスターチャンネルで放送予定。
「キリング・イヴ/Killing Eve」は、2019年2月にWOWOWで放送予定です。

Amazonオリジナルドラマ「Homecoming(原題)」は、本国では11月2日に配信済みなんですが・・・。
日本に来ないんですよねぇ。これが、なかなか。(笑)
早く見たい!


どのノミネート作品も、クオリティの高い作品ばかり。
この機会に鑑賞してみてはどうでしょうか。

配信状況の詳細は、各サービスの公式サイトでご確認ください。

【公式サイト】Hulu

【公式サイト】Amazon Prime Video

【公式サイト】Netflix

第76回ゴールデングローブ賞ノミネートの感想

今年も、NetflixとHBOのドラマが強い印象ですね。

・・・ただ。
日本でまだ放送・配信されていないもの、個人的にまだ見ていないものが多いせいか、ちょっと、なんか・・・いまいちピンとこないノミネート。(笑)

例えば、作品賞のノミネートに「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」「This Is Us」「ウエストワールド」「アトランタ」などがなかったですね。

・・・あれ?
「ベター・コール・ソウル」ないんですけど・・・ノミネート期間外?

俳優陣のノミネートは、とにかく知名度あるビックネームがズラリと並んだ印象。
ジュリア・ロバーツ、ジム・キャリー、マイケル・ダグラス、アントニオ・バンデラスをはじめ、ペネロペ・クルス、パトリシア・アークエット、そしてキャンディス・バーゲンと、すごい顔ぶれ。

その反面、例えば、「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」アン・ダウド(リディア叔母)やサミラ・ワイリー(モイラ)、「ウエストワールド」のジェフリー・ライト(バーナード)や、「This Is Us」のキャストといった面々はノミネートがなかったですね。

続編だったり、ノミネート期間の影響もあるとは思うのですが、今年は豪華で色々と濃い(笑)ノミネートという感じがします。

個人的には、ドラマシリーズ部門は「ジ・アメリカンズ」。
マシュー・リスとケリー・ラッセルに、ぜひ夫婦で受賞してほしい。

ミュージカル/コメディ・シリーズ部門は、「マーベラス・ミセス・メイゼル」。
「バリー」のビル・ヘイダーと、「マーベラス・ミセス・メイゼル」レイチェル・ブロズナハンが取りそうな気がします。

テレビ映画・ミニシリーズ部門は、「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」かなあ。
男優賞はダレン・クリスで決まりとして、女優賞は、やはり「KIZU 傷」のエイミー・アダムスですかねぇ。

助演女優賞は、ぜひとも「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」のウォーターフォード夫人役イヴォンヌ・ストラホフスキーに、あげてほしい。
も~、スゴかった!色々。(笑)

「ウエストワールド」のメイヴ役タンディ・ニュートンも、日本語含め(笑)大熱演でしたけど、あのウォーターフォード夫人の素晴らしい演技に、ぜひぜひ賞を!

第76回ゴールデングローブ賞授賞式は2019年1月7日

授賞式は、日本時間2019年1月7日(月)

残念ながら、今年は「成人の日」の祝日ではなく、普通の平日。(笑)

・・・なんですけど。
毎年、CS放送のAXNが生中継をするのですが・・・今年は、どこも放送なし?
日本でテレビで見るのは、難しいのかなあ?

その他、新しい情報が分かり次第、随時、この記事を更新し、Twitter(@zacknet7)などでも、つぶやいていこうと思います。

果たして、結果はどうなるのか?
楽しみですね!