「ウォーキング・デッド」シーズン4 感想と評価【海外ドラマレビュー】

ウォーキング・デッド・シーズン4

海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シーズン4見ました。
個人的な感想と評価です。

スポンサーリンク

「ウォーキング・デッド」シーズン4とは?

ゾンビを題材にしたサバイバル・ホラー・ドラマの第4弾です。
作品の概要と、前シーズンの詳細はこちら。

シーズン1・2
シーズン3

「ウォーキング・デッド」は、現在シーズン7まで制作されています。
シーズン4は、2013年製作。
各話45分程度の全16話です。
基本的に、前作までをすべて観ていることが前提の内容だと思います。

DVDの発売・レンタルをはじめ、HuludTVNetflixAmazonプライム・ビデオなどで配信中です。
(記事作成時点での情報のため、すでに配信が終了している場合もあります。ご注意ください)

詳しくは、各サービスの公式サイトでご確認ください。

【Hulu公式サイト】 Hulu

【dTV公式サイト】 dTV

なお。
Huluでは、スピンオフのショートムービーシリーズ「恐怖の倉庫」を。
Amazonプライム・ビデオでは、スピンオフドラマ「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」を見ることができます。

「ウォーキング・デッド」シーズン4 あらすじ

刑務所で平穏に暮らすリックたち。
人も増え、コミュニティーらしくなってきましたが、さまざまな困難が襲い掛かり、やむなく刑務所を追われてしまいます。
仲間たちはバラバラに。
再会すべく、それぞれが線路をたどり「終着駅」と呼ばれるコミュニティーを目指しますが、そこで待っていた結末とは?
・・・というようなストーリーです。

予告動画はこちら。
THE WALKING DEAD Season 4

シリーズ屈指の名エピソードぞろい!

前回のシーズン3は、個人的にはかなりつらかったのですが。
今回のシーズン4は、とってもおもしろかったです。
平穏が戻って、またリックに感情移入できるようになったのが大きかったです。

ドラマ性が、今まで以上によかったです!
仲間がバラバラになることで、個々のキャラクターの描写が濃くなった気がします。

特に、ミショーン。
心を開いていく彼女のエピソードは必見!
これまで謎だった過去も明らかになっていきます。

また、ダリルとベスのエピソードが素晴らしい!
たぶん、シリーズNo1といっても過言ではない名シーンだと思います。

ダリルもミショーンも人気キャラなので、今回かなりスポットが当たった感じですね。

ドラマチックな展開も多かったです。
ハーシェルのことや、グレンとマギーの絆など、見ごたえ十分です!

絆や信頼感。断ち切る気持ち

仲間がバラバラになることで、絆や信頼感がうまく描けていると思います。
より一層、仲間たちの絆が強まり、リーダーのリックの責任感にも共感できるようになったと思います。
・・・仲間を守るためなら、甘いこと言ってられないですよね。やっぱり。

今回は、さまざまな厳しい決断も多かったと思います。
キャロルに関するエピソードは、本当につらいものが多かったです。
・・・相変わらず、子供にも容赦ない。
リックやタイリースの断腸の思いも、心に響きます。

そういったドラマ性も、今回の大きな見どころだと思います。

見ごたえ十分のシリーズ

個人的には、かなり満足度の高いシーズンでした。
おもしろかったです!
・・・シーズン3を耐え抜いて、よかった。(笑)

最終話は、そんなところで終わるのかよっ!という「生殺し」状態。
続きが気になって仕方なくなりますね。

次のシーズン5を見た個人的な感想はこちら。
「ウォーキング・デッド」シーズン5 感想と評価

スポンサーリンク