2019年 第25回SAG:全米映画俳優組合賞 受賞結果まとめ Hulu・Netflixなどの配信状況

ネット動画配信

2019年 第25回SAGアワード:全米映画俳優組合賞の授賞式が開催!
受賞結果や感想、HuluやNetflixなど動画サービスでの配信状況をまとめました。

スポンサーリンク

2019年 第25回SAGアワード:全米映画俳優組合賞授賞式 開催!

日本時間2019年1月28日(月)に、 第25回SAGアワード:全米映画俳優組合賞の授賞式が開催されました。

ノミネート作品の詳細はこちら。

2019年 第25回SAGアワード:全米映画俳優組合賞のノミネートが発表になりました。 候補一覧や、映画作品の公開状況、Hulu、...


以下、公式Twitterより引用です。


司会は、「ふたりは友達!?ウィル&グレイス」などに出演の女優メーガン・ムラリーが務めました。
以下、公式Twitterより引用です。


SAGアワード(サグ・アワード)は、全米映画俳優組合(Screen Actors Guild=SAG)に所属する俳優たちが投票して決定する賞で、映画部門とテレビドラマ部門の二つに分かれています。
アカデミー賞直前の前哨戦として、毎年大きな注目を集めています。
(アカデミー賞授賞式は、日本時間2019年2月25日開催)

映画部門、テレビドラマ部門、それぞれ栄冠を手にしたのは?

詳細は、以下の通りです。

なお、受賞結果一覧は、SAGアワード公式サイトから引用させていただきました。
公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Screen Actors Guild Awards

【公式サイト】NOMINEES & RECIPIENTS 2019

スポンサーリンク

2019年 第25回SAGアワード:全米映画俳優組合賞 受賞結果

映画部門

■キャスト賞
「ブラックパンサー」

■主演男優賞
ラミ・マレック「ボヘミアン・ラプソディ」

■主演女優賞
グレン・クローズ「天才作家の妻 40年目の真実」

■助演男優賞
マハーシャラ・アリ「グリーンブック」

■助演女優賞
エミリー・ブラント「クワイエット・プレイス」

ドラマ部門

■ドラマ部門 アンサンブル賞
「THIS IS US」

■ドラマ部門 男優賞
ジェイソン・ベイトマン「オザークへようこそ」

■ドラマ部門 女優賞
サンドラ・オー「キリング・イヴ/Killing Eve」

コメディ/テレビ映画・リミテッド部門

■コメディ部門 アンサンブル賞
「マーベラス・ミセス・メイゼル」

■コメディ部門 男優賞
トニー・シャルーブ「マーベラス・ミセス・メイゼル」

■コメディ部門 女優賞
レイチェル・ブロズナハン「マーベラス・ミセス・メイゼル」

■テレビ映画・リミテッド部門 男優賞
ダレン・クリス「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」

■テレビ映画・リミテッド部門 女優賞
パトリシア・アークエット「Escape at Dannemora(原題)」

スポンサーリンク

各賞受賞の映画公開状況

映画部門で受賞した作品は、現在、すべて日本で公開済み。
詳細は、以下の通りです。
(あくまでも2019年1月現在の状況です。ご注意ください)

■公開済み
「ブラックパンサー」
「クワイエット・プレイス」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「天才作家の妻 40年目の真実」

動画配信サービスで視聴できる受賞作品ラインナップ

テレビドラマ部門で、今現在、HuluやNetflixなどの動画配信サービスで視聴できる受賞作品は、以下の通りです。
(あくまでも2019年1月現在の状況です。ご注意ください)

■ Netflix
「オザークへようこそ」

■ Amazonプライム・ビデオ
「マーベラス・ミセス・メイゼル」
「THIS IS US」

■ その他、放送中または放送済み
「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」は、スターチャンネルで放送済み。

■ 今後、配信予定
「キリング・イヴ/Killing Eve」は、2019年2月にWOWOWで放送予定。
Showtime放送の「Escape at Dannemora(原題)」は、今現状では、日本での配信は未定です。


配信状況の詳細は、各サービスの公式サイトでご確認ください。

【公式サイト】Amazon Prime Video

【公式サイト】Netflix

スポンサーリンク

2019年 第25回SAGアワード:全米映画俳優組合賞 受賞結果の感想

映画部門は、まだ日本では見れない作品も多いので、何とも言えないとこですが。
助演女優賞は「クワイエット・プレイス」エミリー・ブラント。
エマ・ストーン、マーゴット・ロビー、レイチェル・ワイズ、エイミー・アダムスと、すごい面々を抑えての受賞!
本当に、おめでとうございました!

主演女優賞を受賞したのは、「天才作家の妻 40年目の真実」グレン・クローズ。
ゴールデングローブに続く受賞。
さすがでしたね。

主演男優賞は「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレック。
やっぱり強い!

そして!
作品賞に当たるキャスト賞は!
なんと!
「ブラックパンサー」!!
キターーーー!!
「ボヘミアン・ラプソディ」「アリー スター誕生」「ブラック・クランズマン」などを抑えての堂々の受賞!
うれしすぎるっ!
本当に、おめでとうございます!

アカデミー賞の前哨戦、という観点から見ると。
ラミ・マレックは、オスカーも取るんじゃない?
取ってほしい!
「ブラックパンサー」も、ちょっとわからなくなってきましたね!

アカデミー賞の行方も、かなり混沌としてきた感じがします。

ドラマ部門では、女優賞は「キリング・イヴ/Killing Eve」のサンドラ・オーが受賞。
そして!男優賞は「オザークへようこそ」のジェイソン・ベイトマン!
「THIS IS US」スターリング・K・ブラウン、「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」ジョセフ・ファインズなどを抑えて、ついに受賞!
「ベター・コール・ソウル」ボブ・オデンカークは、またしても受賞ならず。
残念すぎる。
しかし同様に、毎回ノミネートはされるものの、なかなか受賞できなかったジェイソン・ベイトマンが悲願達成。
おめでとうございます。

・・・もういい加減、我らがボブ・オデンカークさんにあげてほしい。

作品賞にあたるアンサンブル賞も、ここ最近受賞から遠のいていた「THIS IS US」が受賞。
「ジ・アメリカンズ」「ベター・コール・ソウル」「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」などは、受賞ならず。

コメディ/テレビ映画・リミテッド部門では、やはり「マーベラス・ミセス・メイゼル」が圧勝。
「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」ダレン・クリスも順当に受賞しましたね。
昨年度を代表する名作。
ほんと、強い。

パトリシア・アークエットが女優賞を受賞した「Escape at Dannemora(原題)」は、まだ日本での配信は未定のようですが。
「KIZU 傷」エイミー・アダムスや、「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」ペネロペ・クルスを抑えての受賞なので、期待が高まりますね。
早く見てみたい!

このSAGアワードは、俳優組合の選出する賞なので、出演者の評価が中心の賞ですが。
個人的には、今回は順当と大健闘が入り混じった結果だったように感じましたね。

みなさんは、どうでしたか?

まとめ

今年のSAGアワードの結果、みなさんは、どうだったでしょうか?
映画部門は、ますますアカデミー賞が楽しみになってきましたね。

その他、新しい情報があれば、随時、Twitter(@zacknet7)などで、ツイートしていこうと思います。

来年へ向け、これからどんな面白い映画・ドラマに出会えるのか、楽しみですね。

スポンサーリンク