2020年ゴールデングローブ賞 授賞式!受賞結果一覧とHulu・Netflixなどの配信状況

ネット動画配信

2020年 第77回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が開催!
各賞の受賞結果の一覧と、HuluやNetflixなど動画サービスでの配信状況をまとめました。

スポンサーリンク

2020年 第77回ゴールデングローブ賞授賞式 開催!

日本時間2020年1月6日(月)に、第77回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が開催されました。

テレビドラマ部門のノミネート作品の詳細はこちら。

2020年 第77回ゴールデン・グローブ賞のノミネート作品が発表! テレビドラマ部門の候補作品の一覧や、Hulu、Netflix、...

77回目となるゴールデン・グローブ賞。
授賞式の模様は、本国では今年もNBCで放送されました。
残念ながら、日本での生中継はなし。
・・・テレビで授賞式を見られるようにしてほしいですよねぇ。

果たして、栄冠を手にしたのは?
受賞結果の詳細は、以下の通りです。

なお、ゴールデングローブ賞は、映画部門とテレビドラマ部門とに分かれています。
あくまでテレビドラマ部門だけ、まとめました。
ご注意ください。

作品一覧は、ゴールデングローブ賞の公式サイトから引用させていただきました。
公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Golden Globes

【公式サイト】Golden Globes:Winners & Nominees 2020

スポンサーリンク

第77回ゴールデングローブ賞テレビドラマ部門 受賞結果一覧

ドラマシリーズ部門

■作品賞
「キング・オブ・メディア(原題:Succession)」

■男優賞
ブライアン・コックス「キング・オブ・メディア(原題:Succession)」

■女優賞
オリビア・コールマン「ザ・クラウン」

ミュージカル/コメディ・シリーズ部門

■作品賞
「フリーバッグ」

■男優賞
ラミー・ユセフ「Ramy(原題)」

■女優賞
フィービー・ウォーラー=ブリッジ「フリーバック」

テレビ映画・ミニシリーズ部門

■作品賞
「チェルノブイリ」

■男優賞
ラッセル・クロウ「The Loudest Voice(原題)」

■女優賞
ミシェル・ウィリアムズ「Fosse/Verdon(原題)」

助演賞

■助演男優賞
ステラン・スカルスガルド「チェルノブイリ」

■助演女優賞
パトリシア・アークエット「The Act(原題)」

HuluやNetflixなどで視聴できる受賞作品ラインナップ

受賞作品の中で、現在、NetflixやAmazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスで視聴できるドラマは、以下の通りです。
(あくまでも、2020年1月現在の情報です。配信が終了している場合もありますので、ご注意ください)

■ Netflix
「ザ・クラウン」

■ Amazonプライム・ビデオ
「フリーバッグ」

■ スターチャンネルEX
「キング・オブ・メディア(原題:Succession)」(賞の対象はシーズン2)
「チェルノブイリ」

※上記作品は、今現在、スターチャンネルEXに加入すると見放題。
「チェルノブイリ」は、Amazonビデオで個別に有料で視聴することもできます。

■ 日本未放送・未配信
「Ramy(原題)」
「The Loudest Voice(原題)」
「Fosse/Verdon(原題)」
「The Act(原題)」


この機会に鑑賞してみてはどうでしょうか。

配信状況の詳細は、各サービスの公式サイトでご確認ください。

【公式サイト】Netflix

【公式サイト】Amazon Prime Video

【公式サイト】スターチャンネルEX

スポンサーリンク

第77回ゴールデングローブ賞 受賞結果の感想

いつにも増して大混戦だった、今年のノミネート。
ドラマシリーズでは、「キング・オブ・メディア(原題:Succession)」が圧勝。
「ビッグ・リトル・ライズ」「ザ・クラウン」を退けての受賞となりました。

女優賞は、「ザ・クラウン」のオリビア・コールマン。
実際、「ザ・クラウン」のオリビア・コールマンは神がかっていた。(笑)
素晴らしかったですよね。
おめでとうございます!

「ザ・モーニングショー」のジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーン、「ビッグ・リトル・ライズ」ニコール・キッドマンは受賞ならず。
誰もが素晴らしい演技だったので、まさに激戦だったと思います。

ミュージカル/コメディ・シリーズ部門は、「フリーバッグ」圧勝!
「バリー」「マーベラス・ミセス・メイゼル」は、受賞ならず。
女優賞を受賞した、フィービー・ウォーラー=ブリッジの快進撃は止まらず、という感じでしたね。

テレビ映画・ミニシリーズ部門は、さらに大激戦!
制したのは、「The Loudest Voice(原題)」のラッセル・クロウ。
「Fosse/Verdon(原題)」サム・ロックウェルや、「チェルノブイリ」ジャレッド・ハリスは受賞ならず。

「The Loudest Voice(原題)」は日本で未放送・未配信で見れないので、何とも言えないですが・・・ジャレッド・ハリスの、「チェルノブイリ」のあの演技で、賞を取れないのかあ。
ホント素晴らしかっただけに、残念すぎますねぇ。

助演賞は、「チェルノブイリ」ステラン・スカルスガルドと、「The Act(原題)」のパトリシア・アークエット。
ステラン・スカルスガルドは、まあ、妥当。
スゴかったですよねぇ。
おめでとうございます!

「The Act(原題)」は、日本ではまだ視聴できないので、詳細はわかりませんが。
エミー賞をはじめ、各賞でパトリシア・アークエットの評価は高いですね。
・・・早く見たいぞ、「The Act(原題)」。

ただ、「ビッグ・リトル・ライズ」のメリル・ストリープが受賞を逃すというのは、本当に残念。
あの演技はスゴかったですよね。

それだけ、今年はクオリティの高い作品が多かったうえに、Apple TV+の参入などもあって、混戦が激しかったと思います。
今後は、さらに良作が増えて、ノミネートされるのすら大変になるほど、激戦になっていくのかもしれませんね。
ますます目が離せなくなっていきそうな気がします。
今後の海外ドラマの動向に、期待したいと思います。

まとめ

今年のゴールデン・グローブ賞の結果、みなさんは、どうだったでしょうか?
来年に向け、新たな作品で盛り上がっていくといいなと思います。

その他、新しい情報があれば、随時、Twitter(@zacknet7)などで、ツイートしていこうと思います。

これから、どんな面白いドラマに出会えるのか、楽しみですね。