2019年 第25回SAG賞:全米映画俳優組合賞ノミネート発表!作品一覧まとめ

ネット動画配信

2019年 第25回SAGアワード:全米映画俳優組合賞のノミネートが発表になりました。
候補一覧や、映画作品の公開状況、Hulu、Netflix、Amazonプライムビデオなどの動画配信サービスでの視聴状況まとめです。

スポンサーリンク

2019年 第25回SAG賞ノミネート発表!

日本時間2018年12月13日、2019年のSAGアワード:全米映画俳優組合賞のノミネートが発表になりました。

以下、公式Twitterより引用です。


SAGアワード(サグ・アワード)は、全米映画俳優組合(Screen Actors Guild=SAG)に所属する俳優たちが投票して決定する賞です。
賞は、映画部門とテレビドラマ部門の二つに分かれています。

いわば、俳優たち自身が、優れた俳優を選出して栄誉を称える賞。
それもあってか、「作品賞」ではなく、「キャスト賞」とか「アンサンブル賞」とか、ちょっと他では聞きなれない名称も。

日本では、あまり馴染みのない賞のように感じるかもしれませんが。
SAGアワードは、投票する全米映画俳優組合の会員と、アカデミー賞を選出するアカデミー会員と、メンバーが重なることが多いため、アカデミー賞の行方を占う前哨戦として、いつも大きな注目を集めています。

映画部門、テレビドラマ部門、それぞれ、どんな作品がノミネートされたのか?
詳細は、以下の通りです。

なお、ノミネート一覧は、SAGアワード公式サイトから引用させていただきました。
公式サイトは、こちら。

【公式サイト】Screen Actors Guild Awards

【公式サイト】NOMINEES & RECIPIENTS 2019


各賞の結果は、日本時間2019年1月28日(月)に発表される予定です。

スポンサーリンク

2019年 第25回SAGアワード:全米映画俳優組合賞 ノミネート一覧

映画部門

■キャスト賞
「ブラックパンサー」
「ブラック・クランズマン」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「クレイジー・リッチ!」
「アリー スター誕生」

■主演男優賞
クリスチャン・ベール「バイス/Vice(原題)」
ブラッドリー・クーパー「アリー スター誕生」
ラミ・マレック「ボヘミアン・ラプソディ」
ヴィゴ・モーテンセン「グリーンブック」
ジョン・デイビット・ワシントン「ブラック・クランズマン」

■主演女優賞
グレン・クローズ「天才作家の妻 40年目の真実」
レディー・ガガ「アリー スター誕生」
エミリー・ブラント「メリー・ポピンズ リターンズ」
オリヴィア・コールマン「女王陛下のお気に入り」
メリッサ・マッカーシー「Can You Ever Forgive Me?(原題)」

■助演男優賞
マハーシャラ・アリ「グリーンブック」
ティモシー・シャラメ「ビューティフル・ボーイ/Beautiful Boy(原題)」
アダム・ドライバー「ブラック・クランズマン」
サム・エリオット「アリー スター誕生」
リチャード・E・グラント「Can You Ever Forgive Me?(原題)」

■助演女優賞
エマ・ストーン「女王陛下のお気に入り」
エミリー・ブラント「クワイエット・プレイス」
マーゴット・ロビー「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」
レイチェル・ワイズ「女王陛下のお気に入り」
エイミー・アダムス「バイス/Vice(原題)」

ドラマ部門

■ドラマ部門 アンサンブル賞
「ジ・アメリカンズ」
「ベター・コール・ソウル」
「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
「オザークへようこそ」
「THIS IS US」

■ドラマ部門 男優賞
ジェイソン・ベイトマン「オザークへようこそ」
スターリング・K・ブラウン「THIS IS US」
ジョセフ・ファインズ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
ジョン・クラシンスキー「トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン」
ボブ・オデンカーク「ベター・コール・ソウル」

■ドラマ部門 女優賞
ジュリア・ガーナー「オザークへようこそ」
ローラ・リニー「オザークへようこそ」
エリザベス・モス「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
サンドラ・オー「キリング・イヴ/Killing Eve」
ロビン・ライト「ハウス・オブ・カード 野望の階段」

コメディ/テレビ映画・リミテッド部門

■コメディ部門 アンサンブル賞
「GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」
「アトランタ」
「バリー/BARRY」
「コミンスキー・メソッド」
「マーベラス・ミセス・メイゼル」

■コメディ部門 男優賞
アラン・アーキン「コミンスキー・メソッド」
マイケル・ダグラス「コミンスキー・メソッド」
ビル・ヘイダー「バリー/BARRY」
トニー・シャルーブ「マーベラス・ミセス・メイゼル」
ヘンリー・ウィンクラー「バリー/BARRY」

■コメディ部門 女優賞
アレックス・ボースタイン「マーベラス・ミセス・メイゼル」
アリソン・ブリー「GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」
レイチェル・ブロズナハン「マーベラス・ミセス・メイゼル」
ジェーン・フォンダ「グレイス&フランキー」
リリー・トムリン「グレイス&フランキー」

■テレビ映画・リミテッド部門 男優賞
アントニオ・バンデラス「ジーニアス:ピカソ」
ダレン・クリス「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」
ヒュー・グラント「英国スキャンダル セックスと陰謀のソープ事件」
アンソニー・ホプキンス「King Lear(原題)リア王」
ビル・プルマン「The Sinner 隠された理由」

■テレビ映画・リミテッド部門 女優賞
エイミー・アダムス「KIZU 傷/Sharp Objects」
パトリシア・アークエット「Escape at Dannemora(原題)」
パトリシア・クラークソン「KIZU 傷/Sharp Objects」
ペネロペ・クルス「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」
エマ・ストーン「マニアック」

スポンサーリンク

ノミネート作品の映画公開状況

映画部門にノミネートされた作品の、日本での公開状況は以下の通りです。
(あくまでも2018年12月現在の状況です。ご注意ください)

■公開済み
「ブラックパンサー」
「クレイジー・リッチ!」
「クワイエット・プレイス」
「ボヘミアン・ラプソディ」(公開中)
「アリー スター誕生」(2018年12月21日公開)

■公開予定
「天才作家の妻 40年目の真実」(2019年1月26日~)
「メリー・ポピンズ リターンズ」(2019年2月1日~)
「女王陛下のお気に入り」(2019年2月15日~)
「グリーンブック」(2019年3月1日~)
「ブラック・クランズマン」(2019年3月22日~)
「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」(2019年3月)
「バイス/Vice(原題)」(2019年4月)
「ビューティフル・ボーイ/Beautiful Boy(原題)」(2019年04月)
「Can You Ever Forgive Me?(原題)」(日本公開未定)

動画配信サービスで視聴できるノミネート作品ラインナップ

テレビドラマ部門で、今現在、HuluやNetflixなどの動画配信サービスで視聴できるノミネート作品は、以下の通りです。
(あくまでも2018年12月現在の状況です。ご注意ください)

■ Hulu
「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」

■ Netflix
「オザークへようこそ」
「ハウス・オブ・カード 野望の階段」
「GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」
「コミンスキー・メソッド」
「グレイス&フランキー」
「マニアック」
「The Sinner 隠された理由」
「ジ・アメリカンズ」
「ベター・コール・ソウル」
「アトランタ」

■ Amazonプライム・ビデオ
「マーベラス・ミセス・メイゼル」
「トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン」
「THIS IS US」
「バリー/BARRY」

■ その他、放送中または放送済み
「ジーニアス:ピカソ」は、ナショナル・ジオグラフィックで放送済み。

「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」「KIZU 傷」は、スターチャンネルで放送済み。

「英国スキャンダル セックスと陰謀のソープ事件」は、WOWOWで放送済みです。

■ 今後、配信予定
「キリング・イヴ/Killing Eve」は、2019年2月にWOWOWで放送予定。

Showtime放送の「Escape at Dannemora(原題)」と、Amazonオリジナル「King Lear(原題)リア王」は、今現状では、日本での配信は未定です。


配信状況の詳細は、各サービスの公式サイトでご確認ください。

【公式サイト】Hulu

【公式サイト】Amazon Prime Video

【公式サイト】Netflix

スポンサーリンク

第25回SAGアワード ノミネート感想

映画部門では、ゴールデングローブ賞に続き、「ブラックパンサー」がノミネート。
マーベル映画ガチ勢の私としては(笑)うれしい限り。
ワカンダ・フォーエバー!

そして、やっぱり「ボヘミアン・ラプソディ」「アリー スター誕生」もノミネート。
ラミ・マレック VS ブラッドリー・クーパー、どちらも素晴らしい演技だっただけに、受賞の行方が気になりますね。

「アリー スター誕生」からは、レディー・ガガ様もノミネート。
女優としても、本当に素晴らしかったので、ぜひぜひ応援したい!

「女王陛下のお気に入り」からは、主演女優賞にオリヴィア・コールマン、助演女優賞にエマ・ストーン、レイチェル・ワイズと、3人がノミネート。
日本ではまだ公開されていませんが、以前からかなり話題だった今作。
俄然、注目度アップ!ですね。

「女王陛下のお気に入り」は、18世紀初頭の英国宮廷を舞台に、女王アンの寵愛をめぐるコメディだそうです。

予告動画はこちら
女王陛下のお気に入り 予告

ちなみに。
女王アンを演じるオリヴィア・コールマンは、Netflixオリジナルドラマ「ザ・クラウン シーズン3」でエリザベス女王を演じることが決まっています。
・・・女王女優。(笑)
しかし、ホント芸達者ですよねぇ。

ドラマ部門は、今回もNetflixとHBOが強かったですね。
わりと順当な顔ぶれ。

正直、ゴールデングローブ賞のノミネートはピンと来ませんでしたが。
SAG賞では、「THIS IS US」「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」そして「ベター・コール・ソウル」もノミネート。

「オザークへようこそ」が大健闘ですが・・・個人的には、今度こそ、ボブ・オデンカークさんに取ってほしい!

コメディ/テレビ映画・リミテッド部門も、「アトランタ」「バリー」「GLOW」と、わりと順当。
やっぱり、レイチェル・ブロズナハンとダレン・クリスで決まり!な感じはありますが。
果たして、どうなる?

テレビ映画・リミテッド部門女優賞は、なかなかの激戦。
エイミー・アダムス、ペネロペ・クルス、エマ・ストーンと、すごい顔ぶれ。
誰が取ってもおかしくない感じですね。
そこも注目したいと思います。

第25回SAGアワード 授賞式は2019年1月28日

2019年のSAGアワード授賞式は、現地時間2019年1月27日(日)に開催される予定です。
日本時間では、2019年1月28日(月)。

日本で、どこかが放送・配信する、というのはなさそうですが・・・。
ネットで見れるのかしら?

果たして、栄冠は誰の手に?
注目ですね!

結果が分かり次第、また記事にまとめたいと思います。
その他、新しい情報が分かり次第、随時、この記事を更新し、Twitter(@zacknet7)などでも、つぶやいていこうと思います。

楽しみです!

スポンサーリンク