ドラマ「9-1-1 LA救命最前線」FOXチャンネルで配信中

【追記:2018.8.29】
「9-1-1 LA救命最前線」の初回放送は、2018年8月28日に終了しました。
現在は、放送終了または再放送中かもしれませんので、ご注意ください。


【追記:2018.7.24】
見逃し配信は、すでに第1話の配信が終了し、毎週1話ずつ終了しています。
現在、第1話は視聴できませんので、ご注意ください。


【追記:2018.9.1】
dTVのFOXチャンネル・リアルタイム配信は、2018年8月31日でサービス終了がしました。
現在は、見れませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

海外ドラマ「9-1-1 LA救命最前線」FOXチャンネルのリアルタイム配信スタート!

救命救急の現場を描いたレスキュー・ヒューマンドラマ「9-1-1:LA救命最前線」。
本国で人気の高い新ドラマが、いよいよ日本初登場です!


「9-1-1」とは緊急通報の電話番号のことで、いわば日本の「110番」にあたります。
舞台は、ロサンゼルス。
さまざまなケースの事故や事件が頻発する大都会で、911に届く助けを求める声。
救命センターのオペレーター、消防隊や救命チーム、ロス市警の警官たちが、命を救うために奮闘する姿が描かれていきます。

一刻を争う状況での、スピード感やスリリングな展開。
命と向き合う人々の感動のヒューマンストーリー。
救命現場を通じ、さまざまな人間模様が交錯する、1話完結型のドラマです。

製作総指揮を務めるのは、あのライアン・マーフィー。
ドラマ「glee/グリー」をはじめ、「アメリカン・ホラー・ストーリー」「アメリカン・クライム・ストーリー」「スクリーム・クイーンズ」「フュード/確執 ベティvsジョーン」などなど、数々の名作を作り上げたヒットメーカー。

キャストとしては。
警察官アシーナ・グラント役に、映画「TINA/ティナ」「ブラックパンサー」をはじめ、 「アメリカン・ホラー・ストーリー」シリーズでもおなじみ、アンジェラ・バセット。
911の通話オペレーター、アビー・クラーク役に、「アメリカン・ホラー・ストーリー:呪いの館」「ナッシュビル」などのコニー・ブリットン。
救命隊隊長ボビー・ナッシュ役に、「シックス・フィート・アンダー」のピーター・クラウスなどが出演しています。

ほかにも、消防士バック役で、あの「バッドランド 最強の戦士」のライダー、オリバー・スタークも登場!
(・・・てか、テンション上がってるのは、たぶん、バッドランドが大好きな私だけ。笑)

そして!
警察官アシーナの夫マイケル役で、「THE PATH/ザ・パス」や「プリズン・ブレイク」シーノートで知られる、ロックモンド・ダンバも出演しています。

実力派俳優が顔をそろえた、豪華なキャストにも注目です!


本国では、かなりの人気作だったようで、すでにシーズン2も決定しているそうですよ。
果たして、どんなストーリーなのか?
猛烈に楽しみですね!

ドラマ「9-1-1 LA救命最前線」は、Hulu・U-NEXTで視聴できるFOXチャンネルのリアルタイム配信で、2018年6月26日(火)22時から放送スタート!
以降、毎週火曜22時に放送予定です。

【追記:2018.8.29】
「9-1-1 LA救命最前線」の初回放送は、2018年8月28日に終了しました。
現在は、放送終了または再放送中かもしれませんので、ご注意ください。

海外ドラマ「9-1-1 LA救命最前線」見逃し配信について

【追記:2018.7.24】
すでに第1話の配信が終了し、毎週1話ずつ終了しています。
現在、第1話は視聴できませんので、ご注意ください。


※以下、かなりネタバレを含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

ドラマ「9-1-1 LA救命最前線」第1話感想・評価

あのライアン・マーフィーが作り出すレスキューもの、というだけで期待感満点!
実際に見てみたら、案の定、やっぱりライアン・マーフィーなテイストでした。(笑)
こうなるんだわね、やっぱり。

これまで、数多くのレスキュー感動ドラマが製作されてきましたが、今作は、やや異質。
独特の面白さがありましたね。

作り自体は、わりとオーソドックスで、奇をてらわず、誰もが見やすい分かりやすいドラマだと思います。
ただ、臨場感あふれるリアリティと、エンターテイメントなフィクションのギャップが極端。(笑)

911に入電する助けを求める声の演出などは、すごく現実味があって、緊迫感全開!
まるで、ドキュメンタリー番組を見ているかのよう。

・・・かと思えば。
ま、実際にはないよね、という(笑)エンターテイメントなドラマらしいフィクションも、おもしろい。
オネーチャンの尻を追いかけて消防車ぶっ飛ばすとか、ないわ!(笑)
あげく、救助相手をナンパするという・・・ないわあ。(笑)

ハラハラドキドキのスリリングな展開、派手さがあってノリのいいスピード感。
それでいて、意外とユーモラスな部分もあって、楽しみやすかったですね。

リアリティの追求や、感動だけのストーリーではなく、緩急のバランスが、すごくよかったと思います。
さすがでしたね。

また、起きる事件や人間ドラマも、何ともライアン・マーフィーらしいテイスト。
え!?そんな事件!?という意外性の驚きや、赤ちゃん救出やヘビぶった切りなど(笑)ちょっと生々しくてエグ味のあるところは、いかにも。

ドラマ性でも、アシーナの夫マイケルの衝撃のカミングアウトから始まるという。(笑)
・・・ま~、普通のレスキュードラマでは、まずないですよね。

いかにもライアン・マーフィー、というテイストが、これまで散々見慣れてきたレスキュードラマにはない、新鮮味と魅力が出ていたと思います。
単純に、面白かったですね。

そして、オペレーター、救助隊、警察と、さまざまな視点から描いているわりには、登場人物はそれほど多くなくて、絞り込めているのも、見やすくてよかったと思います。
散漫にならず、それぞれのエピソードを深く掘り下げているのも、感情移入しやすかったですね。
そういったバランスも、うまい。

キャラクターも、個性的で親しみやすいと思います。
それぞれのプライベートなエピソードも面白くて、今後がすごく楽しみです。

リアリティとエンターテイメント性。
スリリングでスピード感ある展開や、シリアスとユーモアの緩急。
短い時間に凝縮された、独特の面白さがあると思います。

わりとハマりやすいドラマになりそうですね。
今後に期待したいと思います。

ドラマ「9-1-1 LA救命最前線」 感想は随時、追記します

個人的には、結構おもしろかったです。
期待通りのライアン・マーフィーなテイスト。(笑)
これから、意外な展開で驚かせてくれるのではないかと思います。
毎週、楽しんでいこうと思います。

第2話以降の感想は、視聴次第、Twitter(@zacknet7)でツイートの上、この記事の冒頭でも、随時、追記していこうと思います。
配信スケジュールなど、新たな情報があれば、Twitterでツイートしていこうと思っています。

海外ドラマ「9-1-1 LA救命最前線」、お見逃しなく!