「THE 100/ハンドレッド」シーズン2・感想と評価【海外ドラマレビュー】

THE 100/ハンドレッド シーズン2

海外ドラマ「THE 100/ハンドレッド」シーズン2を鑑賞しました。
個人的な感想と評価です。

スポンサーリンク

「THE 100/ハンドレッド」シーズン2とは?

核戦争から97年後の地球を舞台にした、SFサバイバルドラマの第2弾です。

作品の概要や、シーズン1の詳細はこちら。

「THE 100/ハンドレッド」シーズン1・感想と評価【海外ドラマ・レビュー】
海外ドラマ「THE 100/ハンドレッド」シーズン1を鑑賞しました。 個人的な感想と評価です。 「THE 100/ハンドレッド」...

主要キャストは、ほとんど変わらず。
新キャラクターとして「ヒーローズ・リボーン」テイラー役イヴ・ハーロウが出演。
マウント・ウェザーの中でも協力的な女性マヤを演じています。
・・・「ヒーローズ・リボーン」テイラーとは、まったく正反対の可憐さ。
ファーゴ」第4話にも、ちょっと出てましたね。
本当、どの作品でも見事に演じ分けていて、すごい女優さんです。

また、グラウンダーの総帥レクサ役にアリシア・デブナム・ケアリー。
フィアー・ザ・ウォーキングデッド」のアリシア役が記憶に新しいところ。
アリシアも、すごくよかったですよね。

若い注目株のキャストが集結した作品だと思います。

ドラマ「THE 100/ハンドレッド」は、現在シーズン3まで制作され、すでにシーズン4も決まっているようです。
シーズン2は、2015年制作。
各話40分程度の全16話です。
基本的に、シーズン1を見ていることが前提の内容だと思います。

DVDの発売・レンタルをはじめ、現在 Netflix(ネットフリックス)で配信されています。
(記事出筆時点での情報のため、すでに配信が終了している場合もあります。ご注意ください)

Netflix公式サイトはこちら。

【公式サイト】 Netflix

「THE 100/ハンドレッド」シーズン2あらすじ

グラウンダーとの壮絶な戦いの直後、マウンテン・マンに捕えられ幽閉されたクラークたち。
そこはマウント・ウェザーの基地の中で、人々が平和に暮らす場所でしたが、実は裏では恐ろしい謀略が。
クラークは一人で何とか脱出し、アークから地球に降り立った仲間たちと合流、マウント・ウェザーにまだ捕えられている仲間を救うため、グラウンダーと同盟を結び、共同でマウンテン・マンと戦うことになります。
しかし、そのための犠牲と代償は、想像を絶するものでした。
・・・というようなストーリーです。

予告動画はこちら。
The 100 / ハンドレッド シーズン2

おもしろさもスケールもパワーアップしたシーズン2

シーズン1では、未知の地球で生き残る若者たちのストーリーがメインで、内容的にもティーンエイジャー向けの要素が強かったのですが。
今回のシーズン2からは、その要素はだいぶ控えめに。
マウンテン・マンやグラウンダーなど、種族間での出来事や戦争が描かれています。
かなりスケールアップし、迫力も増しましたね。
オープニングも、かっこよくなった!(笑)

ストーリーとしても、より一層おもしろくなったと思います。
予測できない、先が読めない展開に釘付け!
ハラハラドキドキ度も、パワーアップ!

シーズン1は、かなり好みが分かれる内容だったと思うのですが。
今回は、わりと広く誰もが気軽に楽しめるような、娯楽性の高い内容になってますね。

もし、シーズン1がちょっと苦手だった、という方でも、ぜひぜひシーズン2は観てほしいです!
ティーンエイジャーのノリも薄れ、見やすくなっていると思います。

ストーリー構成とキャラクター

今回のシナリオは、結構よかったと思います。
前半からテンポよく進み、色々な人物・場所の話が同時進行であるにも関わらず、うまくまとまっていたと思います。
・・・大体、こういう構成って、散漫になりがちなんですけどね。
テンポがいいので、飽きずに楽しめました。

また、キャラクターへの感情移入もしやすかったです。
ティーンエイジャー的な恋愛の悩みが、やや薄らいだのもあるとは思うのですが。
マウント・ウェザーの人々やグラウンダーのキャラも個性的で、共感しやすかったですね。

レイヴンもジャスパーもオクタヴィアも、主要キャラクターは、今回みんなよかったと思います。
・・・大人になったなあ~、という感じ。(笑)

ドラマとしての見せ場も多かったと思います。
クラークの葛藤や苦悩は、かなり見ごたえありましたね。
中盤のクライマックスでは、悲しい出来事もあったし。(これは意外でしたね。ビックリ!)
大きな決断も、どうするのかハラハラドキドキ。
まさか!の出来事も多くて、ドラマチックな展開に目が離せないストーリーでした。

・・・それにしても。
アークの大人たちは、本当にダメですよね。(笑)
お母さんのアビーは、もう自分勝手にしか見えないなあ。
ジャハ議長に至っては・・・もう、どうしちゃったのよ?(笑)

大人主導にしないで、クラークがリーダーのままの設定にしておいたのも正解だったかもしれませんね。

クセになるおもしろさ

個人的には、かなりおもしろかったです!
娯楽性の高いエンターテイメントを楽しむドラマだと思います。
多少、リアリティに欠け、強引さもありますが。
細かいことは気にせず、気軽に楽しむべきだと思います。

今回の最終話も、かなり思わせぶりな終わり方でしたね。
早く続きが観たいです!

次のシーズン3を見た個人的な感想はこちら。
「THE 100/ハンドレッド」シーズン3・感想と評価

スポンサーリンク