「シリコンバレー」シーズン2を全話見ました・感想と評価【海外ドラマレビュー】

「シリコンバレー」シーズン2

海外ドラマ「シリコンバレー」シーズン2を全話観ました!
個人的な感想と評価です。

【追記:2016.11.12】
シーズン3が、Huluで全話配信されました。
全話見終えた個人的な感想はこちら。
「シリコンバレー」シーズン3・感想と評価

スポンサーリンク

ドラマ「シリコンバレー」シーズン2とは?

IT業界の聖地シリコンバレーを舞台に、ちょっとおかしなITオタたちの起業(スタートアップ)を描いたコメディ第2弾。
変わり者で個性的なメンバーたちが、会社設立や経営をめぐり大騒動を繰り広げます。

作品の概要や、シーズン1の詳細はこちら。

ドラマ「シリコンバレー」シーズン1を全話見ました・感想と評価【海外ドラマレビュー】
海外ドラマ「シリコンバレー」シーズン1を全話鑑賞しました! 個人的な感想と評価です。 【追記:2016.11.12】 シー...

前作シーズン1では、主人公リチャードを中心に、会社「パイド・パイパー」として起業したメンバーたち。
悪戦苦闘の末、大企業「フーリー」をギャフンと言わせ、まさかまさかのちょっぴり感動エンディングでした。(笑)

今回のシーズン2では、一躍有名になったリチャードたちに、新たな困難が降りかかります。
フーリーの経営者ギャビンの逆襲をはじめ、お金や営業などの経営問題、怪しげな人たちも近寄ってきたりと、大変なことに。
再び、大爆笑のドタバタ劇が繰り広げられます。

主人公リチャードをはじめ、アーリック、ギルフォイル、ディネッシュなど、主要キャストはそのまま登場。
もちろん、私の大好きなジャレッドも!
・・・今回も最高ですっ!(笑)
さらに、新たな登場人物も加わり、おかしな変わり者が大増量!
おもしろさも、パワーアップ!
さりげなくIT関連の有名人も登場したりと、見ごたえ十分です。

ドラマ「シリコンバレー」は現在シーズン3まで制作され、シーズン4も決まっているようです。
シーズン2は、2015年制作。
各話30分程度で全10話です。
基本的に、前作を見ていることが前提の内容だと思います。

現在、Huluで配信中です。
(記事出筆時点での情報のため、すでに配信が終了している場合もあります。ご注意ください)

詳細は、Hulu公式サイトでご確認ください。

【公式サイト】 Hulu

「シリコンバレー」シーズン2 あらすじ

テッククランチで、その実力を証明したリチャードたち。
大企業「フーリー」に勝利したこともあり、「パイド・パイパー」は一躍脚光を浴びることに。
しかし、フーリーのCEOギャビンもこのまま黙っているわけはなく、厳しい逆襲が始まり、リチャードたちは窮地に立たされます。
さらに、資本金や権利問題、環境整備や人材登用など、会社を経営していく上での厳しさも思い知ることに。
追い詰められたリチャードたちは、やがて「パイド・パイパー」存亡の危機を迎えるのでした。
果たして、運命はいかに?

・・・というようなストーリーです。

予告動画はこちら。
Silicon Valley Season2:Trailer

大爆笑と生々しい現実の厳しさ!さらに魅力が増したシーズン2

※以下、ネタバレを含みます。ご注意ください。

今回のシーズン2は、コメディとしての笑いもさることながら、起業の現実や、会社運営の厳しさなども、かなり生々しく描かれていたと思います。
特に序盤は、お金がらみの件がリアリティありすぎて。
コメディとしては笑えるけど、本当にありそうでちょっと笑えない現実味あるエピソードが多かったですね。

確かに、出資者に横柄な態度をとるアーリックには大爆笑でしたけど。
ピーター・グレゴリーという後ろ盾も失い、ベンチャー・キャピタルの評価や出資の話も生々しくて。
資金繰りに奔走するあたりも、さもありそう。
ナンセンスな爆笑ネタでデフォルメされているものの、本当、起業の現実は甘くない!という一面も、結構しっかりと描かれていたと思います。

・・・やっぱ、将来性あり!と、一躍有名になっちゃったりすると、怪しげな人や、利用して儲けてやろうと企む人たちが寄ってくるものなんですかね。
そういった部分も、リアリティがあって、すごくおもしろかったです。

中盤からは、いつものようにドタバタ劇も本調子になってきて、かなり楽しかったですね。
訴訟やパクリ問題を抱えながら、営業戦略や人材登用など、会社の成長戦略もしっかりと描かれていて、見ごたえがあったと思います。
ITあるあるネタも、おもしろかったです。

個人的には、サーバーをガレージで自作するエピソードが好きですね!
あと、第8話でトラブルが起きて、めずらしく緊迫するシーンもよかったです。
・・・ただ・・・その原因は、結構笑えないんだよなあ。
トラブルでクライアントに謝罪とか・・・本当にあるから、心から笑えない・・・。

そう考えると、今回は全体的にあるあるすぎて、IT関係者にとっては痛烈なブラック・ユーモア満載だったのかな?(笑)

あと、前回もあったフレームワーク・ネタ。
今回は、SWOT分析。(第6話)
経営戦略などで絶対に出てくる、有名なフレームワークですが。
このドラマにかかると、ずいぶん下世話な爆笑ネタになっちゃうんですね。(笑)
それも、すごくおもしろかったです!

今回も、シナリオは素晴らしかったと思います。
「IT業界」という題材をうまく活かしながら、構成やバランスも絶妙。
ただのコント的な作品ではなく、ドラマ性もしっかりしていて、見ごたえありましたね。

特にリチャードの描き方が、すごくよかったです。
追い込まれて寝汗ダラダラなんですけど(笑)、それでいて譲れない信念は頑なに守り、言うべき時には厳しく出る。
頼りなさげで、一時はフーリーに降参しかけるけど、それでも「パイド・パイパー」を守るために、なりふり構わず必死にがんばるあたりは、丁寧に描かれていたと思います。
経営者として成長していくリチャードに、すごく共感しやすくて、やっぱり応援しちゃいますよね。

そして、最終話!
またしても、なぜか胸が熱くなっちゃう!
どういうわけだか、ジーンときてウルッと・・・!
・・・本当もう・・・ジャレッド!
やっぱ、ここぞ!というとこで、いいこと言うよなあ!
気がつくと、なぜかアーリックをカッコいいと思っちゃってる私・・・。(笑)

IT業界の実情を描きつつも、やっぱりその根底にある「モノづくりの面白さ」「作り上げる喜び」という、ステキな部分を描くのも忘れない。
それが、このドラマの魅力ですね!

ナンセンスで下品な爆笑ネタでデフォルメしながらも、IT起業の現実や厳しさも生々しくて。
フィクションとリアリティのバランスも絶妙。
それでいて、ドラマ性も見ごたえ十分!
1話たった30分程度の中に、すべてをギュッと詰め込んだおもしろさ!

今回のシーズン2も、クオリティの高い秀作ドラマだと思います。

愛すべきキャラクターたちの魅力!

今回も、ちょっとおかしなクセの強い登場人物たちが、とっても魅力的でした。

ギャビンをはじめ、ピーター・グレゴリーに代わって代表になったローリー、弁護士ラフラム、投資家ラスなどなど。
もう、出てくる人物がみんな個性的すぎ。
特にローリーのクセの強さといったら・・・キャピタルの人って、みんなあんな感じ?(笑)
出番は、それほど多くないんですけどね。
インパクトがあって、記憶に残る存在感でしたね。
演技も素晴らしかったと思います。

また、今回も「パイド・パイパー」の面々はおもしろくて、すごくよかったです!
悪戦苦闘するリチャードを後目に、みんな相変わらず。
ギルフォイルとディネッシュの掛け合いもよかったし、アーリックにも大爆笑!
よくわからないけど、運命に翻弄されてサクセスしていくビックヘッドも、おもしろかったです!

ジャレッドは、やっぱり扱いがヒドかったですね。(笑)
あと、女性陣に対する空気の読めないとこや、謎の寝言(笑)などなど、最高でした!
最終話のジャレッドは、本当によかったです!
・・・みんな、お願いだから、もう少し優しくしてあげて。(笑)

もう、色々と書き出したらキリがないほどですね。
前作に比べると、登場人物もかなり増えたと思うのですが。
ただ、どのキャラクターも個性が強くて、存在感がありますよね。

・・・ま、あえてちょっと残念だったところといえば。
リチャードとモニカの関係に、何一つ進展らしきものがなかったことですかね。
・・・二人は、そういう関係にはならないのかなあ。
忙しくて、それどころじゃないか。

シーズン2も、おもしろかったです!

個人的には、シーズン2もメチャクチャおもしろかったです!
もう、パイド・パイパーのサクセス物語から目が離せないですね!

今回の最終話も、すごくよかったです!
ただ、終わり方は結構ショッキング!
どうなっちゃうの??
・・・ついでに、ビックヘッドも、ど~~なっちゃうの?(笑)

シーズン3の予告動画はこちら。

Silicon Valley Season3: Trailer

・・・ああ・・大丈夫かな・・・。
またまた、波乱がありそうですね!

シーズン3も、すごく楽しみです!

次のシーズン3を見た個人的な感想はこちら。
「シリコンバレー」シーズン3・感想と評価

スポンサーリンク