【Netflix】ラインナップが少なくても満足できる理由・その秘密と楽しみ方【評判・評価】

Netflix

Netflix(ネットフリックス)はラインナップ不足で期待外れ、という声が多いと思いますが。
実際使ってみて感じるのはその逆で、満足度が高く、決して飽きたりはしないということです。
それは、なぜなのか?

スポンサーリンク

オリジナルドラマを見まくって気づいたNetflixの戦略

サービス開始以来、かなりの数のオリジナルドラマを見ました。
もう少しで全部制覇しそうな勢いです。
見まくってハマってます。(笑)

個人的には、かなり満足しています。
当初は、ラインナップの少なさやショボさが不安でしたが、実際に使ってみると飽きることがありません。
無料お試し期間を過ぎて有料になっても、続けていきたいと思っています。
かなりコストパフォーマンスが高い、お得なサービスだと実感しています。

オリジナルドラマを見まくって気がついたのは、Netflixの巧みな戦略です。

1.オリジナルドラマのクオリティーが高い

Sense8(センス8)」「デアデビル」「ナルコス」「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」などなど、どれも作品としてクオリティーが高いです。
「Sense8(センス8)」を見るだけでも、十二分に元を取れるおもしろさ。(笑)

そして、それが今現状ではNetflixでしか見られない!しかも月1000円程度で見放題!というプレミア感が満足度を上げていると思います。

また、4Kをかなり意識した作品づくりをしていると思います。
4Kを楽しめる優越感も、満足度を上げるポイントだと思います。

2.シリーズ化でおもしろさを継続

次のシーズンも制作決定!とかいう情報があると、やっぱり楽しみすぎて辞められませんね。(笑)
それが1作品だけでなく、いくつもあると期待感も高まるし、飽きることもありません。

3.地上波との差別化

Netflixのオリジナルドラマは、どれも自由で過激な表現の内容が多いです。
とても地上波で放送できないものばかり。(笑)
規制だらけで制約の多い、これまでのTVシリーズとは明らかにおもしろさが違います。

また地上波に向けた作品ではないので、CMや放送時間の制限などがありません。
それゆれ、シリーズ全体で1作品のようなストーリー展開で、壮大で練り込まれているものがほとんどです。

たとえば、「Sense8(センス8)」は全13話で1つの長編映画のような構成です。
視聴率を考慮しなくていいので、途中で見るのをやめさせないため、強引なシナリオ変更や、突然キャラを殺したりとかいう、海外ドラマの「お約束」もありません。(笑)

地上波ではできない、ネット動画配信ならではの利点を生かした作品づくりをしていると思います。

4.ターゲット層の狙い方

従来の地上波のように「性別と年齢層」を基準にマーケット戦略を考えるのではなく。
「趣味や趣向、ライフスタイル」を主軸に作品を制作しているような気がします。

「20代女性向け」とかいうのではなく。
「同性愛の人」「○○が好きな人」「○○の国や地域に住んでいる人。人種」「○○の宗派の人」のようなアプローチだと思います。

Netflixが全世界展開していることもあると思います。
また、本国アメリカでのこともあると思います。

ただ結果として「TVドラマのマーケット」というよりは「映画配給のマーケット」に近く、それがマッチして飽きさせないポイントになっていると思います。
地上波のような「月曜9時台は若い女性層向けの恋愛ドラマ」とかいう、押しつけがありません。

年齢や性別に関係なく、自分の趣味や生活に合わせた好みの作品で楽しめるように工夫していると思います。
作品のキャストも白人・黒人・アジア系などなど、かなり配慮していると思います。
それがラインナップが少なくても、満足度を上げているポイントだと思います。

5.映画や海外ドラマネタを必ず作品に盛り込む

オリジナルドラマを見まくって、一番感じたことですが。
大抵の作品では、必ずといっていいほど、過去の映画や海外ドラマをネタにしています。
それはもう、不自然なくらい。(笑)

絶対に、わざと映画や海外ドラマのネタを作品に盛り込むようにしているのだと思います。
そのことで、他のラインナップへの視聴を誘導していると思います。

例えば「アンブレイカブル・キミー・シュミット」で海外ドラマ「フレンズ」をネタにしていますが。
実際「フレンズ」を見られるようにラインナップを組んでいます。

Netflixの海外ドラマのラインナップは、オリジナル以外はイマイチですが。
ただ、オリジナルドラマの中で登場した元ネタとなる物が多いです。
関連性の高い作品と連携させ、より楽しめるような工夫をすることで、飽きさせないようにしていると思います。

6.関連作品のラインナップ

海外ドラマのラインナップには、アジア系の宮廷モノがあったりします。
興味のない私にとっては「このラインナップは、どうなのよ?」という感じですが。
ただ「マルコ・ポーロ」を見た後だと、なぜか不思議と気なったりしちゃったりして。(笑)

ベター・コール・ソウル」と「ブレーキングバッド」の関連性は当然としても。
オリジナルドラマで「The Returned(ザ・リターン)」を見たら、他のホラー系のドラマを。
「ナルコス」を見たら、他の犯罪ドラマを。
というような関連性の高いドラマをラインナップしているように思います。

なので、作品数が少ないピンとこない海外ドラマのラインナップでも、オリジナルドラマ起点で見ると、そこそこ楽しめるように工夫されていると思います。

まとめ

Netflixは、単なる「ネット上のレンタルビデオ店」ではない戦略を考えているのではないかと思います。
趣味や生活に合わせたオリジナル作品を起点にし、Netflixだけでしか楽しめないことを中心に、関連作品の配信でユーザーを飽きさせずに契約を継続させるというのが戦略なのではないでしょうか?

Netflixに加入してみたいけど、ラインナップが不安だったり。
加入したものの、あまり新しい作品がなくて困っていたり。
そんな時は、Netflixオリジナルドラマを中心に考えていみるといいかもしれませんね。

とりあえず、1ヵ月無料期間中に「Sense8(センス8)」を見るだけでも十二分にお得だと思います。

【Netflix公式サイト】Netflix

スポンサーリンク