ドラマ「ルーク・ケイジ」シーズン1 感想と評価【Netflixオリジナル】

「ルーク・ケイジ」シーズン1

Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ「ルーク・ケイジ」シーズン1を全話見ました!
個人的な感想と評価です。

【追記:2017.5.5】
次回作「ディフェンダーズ」の予告動画が、ついに公開!
燃えるっ!(笑)
配信は、2017年8月18日の予定です。
楽しみですね。
以下、公式Twitterより引用です。

スポンサーリンク

海外ドラマ「ルーク・ケイジ」とは?

アメコミを原作にした、ヒーローアクションドラマ。
「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」に続く、Netflixオリジナル制作のアメコミドラマ第3弾です。

ニューヨーク・ハーレムを舞台に、鋼鉄の皮膚と超人的な怪力を持つ主人公ルーク・ケイジが、町を牛耳る悪党たちと死闘を繰り広げます。

これまでのシリーズの作品概要や感想はこちら。

【時系列順】
デアデビル シーズン1
ジェシカ・ジョーンズ
デアデビル シーズン2

原作は、アメコミのMARVEL(マーベル)コミック。
ドラマの設定などは、同じMARVEL(マーベル)コミックの映画「アベンジャーズ」や、「デアデビル」など他のシリーズと世界観を共有しています。

随所でマーベルの映画やドラマのネタが登場し、ストーリー的にも繋がっている部分があります。
特にルーク・ケイジは、すでに「ジェシカ・ジョーンズ」に登場して大暴れ!
「ジェシカ・ジョーンズ」では語られなかったルークの過去も、さらに詳しく描かれています。

今作だけを観ても、問題なく楽しめると思いますが。
できれば、事前に「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」を見ておくと、さらに楽しめると思います。
・・・本編では、やや「ジェシカ・ジョーンズ」のネタバレもあったりします。
ご注意を。

ルーク・ケイジを演じるのは、「グッド・ワイフ」「ザ・フォロイング」などのマイク・コルター。
刑事ミスティ・ナイト役に、シモーヌ・ミシック。
「ウェイワード・パインズ 出口のない街 シーズン2」では、CJの妻を演じていましたね。
今作では、かなりハードな役を熱演!

そして、コットンマウス役として、「ハウス・オブ・カード 野望の階段」レミー・ダントンで有名な、マハーシャラ・アリが出演。
2016年の映画「ムーンライト」では、アカデミー賞・助演男優賞ほか、数々の賞を受賞した実力派!
今作での存在感も、素晴らしかったです!

さらに、ポップに、「Banshee/バンシー」シュガー役フランキー・フェイソン。
シェイズに、「サン・オブ・アナーキー」ジュース役テオ・ロッシ。
ボビー・フィッシュに、「MR.ROBOT/ミスター・ロボット」ロメロ役ロン・ケパ・ジョーンズ。
マライア役には、数多くの映画・ドラマに出演する名女優アルフレ・ウッダード。
ドラマでは、「デスパレートな妻たち」「ザ・ラストシップ」などにも出演していましたね。

他にも、すべて書き切れないほど、どこかの映画・ドラマで見たことがある実力派俳優が勢ぞろい。
豪華な出演陣にも注目です!

また、本編には、ラファエル・サディーク、フェイス・エヴァンス、メソッド・マンといった、黒人有名アーティストも多数登場。
・・・といっても、私は音楽のことは全然知らないので、どれだけ有名かは、よく分からないのですが。(笑)
でも、劇中の音楽シーンは素晴らしいです!
必見です!

ドラマ「ルーク・ケイジ」はNetflixオリジナル作品で、現在シーズン1まで制作されています。
すでにシーズン2も決まっているようです。

シーズン1は、2016年制作。
各話45~60分程度の全13話です。

現在、Netflixで配信されています。
(記事出筆時点での情報のため、すでに配信が終了している場合もあります。ご注意ください)

Netflix公式サイトはこちら。

【公式サイト】 Netflix

「ルーク・ケイジ」あらすじ

舞台は、ニューヨーク・ハーレム。
鋼鉄の皮膚と超人的な腕力を持つ男ルーク・ケイジは、ジェシカの元を離れた後、知人のポップのもとに身を寄せ、隠れるように静かに暮らしていました。
しかし、町を牛耳るギャング、コットン・マウスに命を狙われた若者を助けたことから、思いもしなかった事件に巻き込まれることに。
ルークは、悪党たちと死闘を繰り広げることになります。
その能力で圧勝かと思われましたが、事態は意外な方向に進み、ルークは、かつてない大ピンチを迎えるのでした。
果たして、結末はいかに。

・・・というストーリーです。

予告動画はこちら。
Marvel ルーク・ケイジ 予告

※以下、ネタバレしています。くれぐれも、ご注意ください。

マーベル・ドラマとのリンクネタについて

今作は、マーベル・ドラマの過去シリーズ「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」などのネタが、数多く登場します。

■ 「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」はヘルズキッチンが舞台でしたが、今作「ルーク・ケイジ」はハーレムが舞台になります。

■ 時系列では、「ジェシカ・ジョーンズ」「デアデビル シーズン2」の後になります。
ルークはすでに「ジェシカ・ジョーンズ」に登場し、「やるべきことをやれ」というセリフも、すでに使われています。
ルークとポップが洗濯機の前で話す内容は、「ジェシカ・ジョーンズ」での出来事です。

■ 「ニューヨーク決戦」というのは、映画「アベンジャーズ」のことです。
武器のケースにある「ハマー社」は、映画「アイアンマン2」で登場する悪者ジャスティン・ハマーの兵器製造会社。
ちなみに、ジャスティン・ハマーは、シーゲート刑務所に収監されている設定。
(「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」ブルーレイ版のおまけ、マーベル・ワンショット「王は俺だ」より)

■ 「チタウリ」とは、映画「アベンジャーズ」でニューヨークに襲来した宇宙人のこと。
ニューヨーク決戦の後、戦いの残骸から宇宙人「チタウリ」の金属を回収し、ハマー社で「ユダ」が製造された、ということですね。
ちなみに。
チタウリの金属のネタは、マーベルのドラマ「エージェント・オブ・シールド」にも登場。
ムカデ計画には、チタウリの金属が使われています。

■ ポップの店で、ボビー・フィッシュとチェスをするターク・バレットは、「デアデビル」に登場するキャラクターです。
・・・ミスティと顔見知りだったのか。(笑)

■ ルークの妻レヴァの死に関しては、「ジェシカ・ジョーンズ」で描かれています。

■ 原作コミックのルーク・ケイジは、黄色いシャツに、頭と腕に鉄輪、という装備(笑)が有名なのだとか。
第4話の過去の回想の中で、そのオマージュとも言えるシーンが。
・・・ただ、その時のルークのセリフが、結構、笑えちゃう。(笑)

■ 原作コミックの世界では、ルークとジェシカは「夫婦」なんだそうです。
子供もいるのだそうです。
・・・なのに・・・ルーク・・・。

■ 看護師クレアは、「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」にも登場するキャラクターです。
今現状では、全シリーズに登場している唯一のキャラです。
「ジェシカ・ジョーンズ」では、ルークの命を救うことになりましたが・・・当のルークは恩知らずのようで。(笑)

■ 第5話でクレアが母親と話す内容は、「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」での出来事です。
病院を辞めた経緯は「デアデビル シーズン2」で描かれています。
ショットガンで撃たれた件は、「ジェシカ・ジョーンズ」の中でのルークの出来事です。
・・・未見の人にとっては、ちょっとネタバレっぽい。
「空からエイリアン」は、もちろん映画「アベンジャーズ」のことです。

■ 第6話冒頭のラジオの音声は、(たぶん、きっと)「ジェシカ・ジョーンズ」に登場するキャラクターのトリシュの番組だと思います。

■ 第10話の終盤、マライアが演説の中で「ある女性」の話をしますが、思いっきり「ジェシカ・ジョーンズ」のネタバレですので、ご注意ください。
・・・言っちゃダメだろう。(笑)

■ 第11話に登場する、検事局のブレイク・タワー検事補は、「デアデビル シーズン2」に登場するキャラクターです。
銃で街を地獄に変えた男フランク・キャッスルとはパニッシャーのことで、その暴れっぷりは「デアデビル シーズン2」で描かれています。

■ マーベル作品では定番ですが、今作でも原作者スタン・リーが、どこかに登場しています。

・・・などなど。

他にも、まだまだ細かいネタが盛りだくさん!

思わぬ繋がりにニヤリとするのも、このドラマの面白いところだと思います。

黒人社会や文化を背景にした異色のアクション・ヒーロードラマ!

全体的に、黒人社会や文化を色濃く描いたドラマだと思います。
舞台もハーレムで、音楽やカルチャーはもちろん、貧困や格差、人種問題なども、随所に取り入れられた内容でしたね。

とくに、音楽は素晴らしかったと思います。
ソウルからヒップホップまで、かなり幅広くて、映像としても見ごたえがありました。

また、ドラマのメインとなるテイストも、その昔に流行した黒人俳優主演のアクション映画そのもの。

若い世代の方は、ちょっとピンとこないかもしれませんが。
70年代に「ブラックスプロイテーション」と呼ばれる映画ジャンルがあって、黒人の主人公を描いたアクション映画が数多く作られていました。
タランティーノ監督の映画「ジャッキー・ブラウン」などは、まさにブラックスプロイテーションのオマージュ作品。
・・・早い話、ああいうノリ、ああいうノリ。(笑)

映画「黒いジャガー」(原題:シャフト)などが有名で、今作の会話の中でも話題に上っています。

このドラマも、ストーリー内容からメインテーマの音楽まで、かなり当時のブラックスプロイテーションのノリですね。
孤高のヒーローが悪に立ち向かう、クライム・サスペンスの要素がかなり強いと思います。
そこに、現代的な新しい要素や、「アメコミ」という要素が混ざり合っている感じ。

どこかレトロな感じや、ベタベタだけど見やすさや安定感もありつつ、それが逆に新鮮で、アメコミのテイストもある。
そのバランスが、結構よかったと思います。

まさに、黒人社会や文化を全面に押し出したドラマ。
アメコミのヒーローものとしては、かなりの異色作。

・・・ただ、日本人にとっては、あまり身近な文化ではないので、理解が難しい部分もあるかもしれませんね。
黒人の有名人・著名人のネタも、かなり多く出てきますが。
・・・う~ん・・・正直、大半はわからない・・・。
人によっては、若干、世界観に入り込みづらいかも。
新鮮さがあっておもしろい反面、やや敷居が高い部分もあるかもしれませんね。

ストーリー自体は、おもしろかったです!
ギャング・ドラマ的なクライム・サスペンスのスリルと、アメコミらしい超人ヒーロー誕生物語が、うまく重なり合ってましたね。

ギャングと戦う孤高のヒーロー、そして絶対絶命の大ピンチ!
苦悩しながらも、正義のために戦うカッコよさ!
わかりすい!(笑)
でも、それが燃える!

結構、意外な仰天展開もあって、続きが気になる面白さだったと思います。
コットンマウス・・・まさか!ですよ!(笑)
ルークの過去だったり、ダイヤモンドバックとの関係だったり、見ごたえのある展開も多かったですね。

ドラマ性としても、コットンマウスやマライヤなどが、わりと丁寧に描かれていたと思います。
ルークとダイヤモンドバックのエピソードも、終盤は盛り上がりましたね。
ミスティのエピソードも、スカーフとの件や、警察内での軋轢や衝突など、刑事ドラマ的な要素も、結構よかったです。

アクションも派手でしたね!
銃撃戦が多めだったし、肉弾戦も豪快!
終盤は、ストーリー的にも、かなり盛り上がって、ハラハラドキドキ!
アクション・ドラマとしても、よかったと思います。

・・・ま、あえて難点を言えば。
悪党が何人か存在して、悪の魅力がちょっと分散しちゃったかも。
コットンマウスとか、やっぱり後半になると印象が薄くなっちゃいますね。
ダイヤモンドバックも、やっぱり唐突感が否めないかなあ。
ちょっと、もったいないかも。

あと、ルークは男気溢れる、優しさに溢れたナイスガイですが。
ヒーローとしては、意外と、じめっとして女々しい。(笑)

「ヒーローになりたくない」→「俺はやる!」→「でも街を去る!」→「もう逃げない」。
・・・どないやねん!と。(笑)
色々と言うわりには、なかなか決心つかないんだな、これが。(笑)

ま、その控えめで、前に出ないところがルークらしいし、その苦悩が人間味があって、いいところではあると思うのですが。
ヒーローとして、ちょっと物足りなく感じる人もいるかもしれませんね。

今作はシーズン1で、ヒーロー誕生物語という部分もあるとは思いますが。
ただ、すでに「ジェシカ・ジョーンズ」で大暴れしているので(笑)、もう少し腹をくくる時間が短くても、よかったかも。

あと、あくまでも、個人的な意見なんですけど・・・。
ルーク・・・「嫁」は、ジェシカじゃないんかいっ!(笑)
ちょっと残念だなあ。
見損なったぜ!ルーク!(笑)

ジェシカを思って身を引く、とかいうのも、いかにも、じめっとしたルークっぽいですけど。(優しいんだね。笑)
だからって・・・。
しかも、命の恩人のこと、すっかり忘れてたでしょ!アンタ!(笑)

・・・何とも、ルークらしい「味」があると思います。
過去のつらいエピソードも含め、いい部分も悪い部分も、存分に丁寧に描かれていたのではないでしょうかね。

そんなルークが、ハーレムの街や大切な人を救うため、命を懸けて戦うからこそ、燃えるドラマなんだと思います。

世界観も異色なら、ヒーローとしても異色。
これまでのアメコミドラマとは違った、味のある面白さがあると思います。

かなり、おもしろかったです!

個人的には、かなりおもしろかったです!
結構、ハマりましたね!
アメコミドラマとしても、クライム・アクション・サスペンスとしても、見ごたえがあったと思います。

ただ、ストーリーは分かりやすいものの、世界観に入り込むには、やや敷居が高く、典型的なヒーロー然としていない部分も、物足りなさがあるかも。
新鮮味はあるけど、異色な部分が多いのも確かなので、評価は分かれるかもしれませんね。

シーズン2は、すでに決まっているようです。
今度は、どんな物語になるんでしょうね。

ただ、続編の前に、シリーズとしては「アイアンフィスト」「ディフェンダーズ」が先に配信される予定です。
「ディフェンダーズ」は、デアデビルをはじめ、4人のヒーローが集結するドラマで、もちろんルークも登場予定。
シーズン2は、「ディフェンダーズ」で大暴れした後でのストーリーになりそうですね。

これからのルークの活躍に、期待したいと思います。

・・・てか、「ディフェンダーズ」でジェシカと再会したら、どうするわけよルーク?
ヨリ、戻しちゃうの?(笑)

そこも、目が離せませんね。(笑)

【追記:2017.4.5】
「ディフェンダーズ」の配信が、2017年8月18日に配信決定しました!