Netflix「ベター・コール・ソウル」シーズン2・感想と評価・レビュー

Netflix

Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ「ベター・コール・ソウル」シーズン2を鑑賞!
個人的な感想と評価です。

スポンサーリンク

「ベター・コール・ソウル」シーズン2とは?

ブレイキング・バッド」に登場した弁護士ソウル・グッドマンを主人公にしたスピンオフドラマの第2弾。
ソウルがまだ本名ジミー・マックギルを名乗り、弁護士として駆け出しの時代が舞台となります。

作品の概要や、シーズン1の感想などはこちら。

Netflix「ベター・コール・ソウル」シーズン1・感想と評価【海外ドラマレビュー】
Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ「ベター・コール・ソウル」シーズン1視聴完了! 個人的な感想と評価です。 「ベ...

シーズン1で、自分らしく生きていくことを誓ったジミーでしたが、今回はそれがさらなる騒動を引き起こすことに。
もちろん、マイクも登場!
トラブルに巻き込まれ、まさかの連中(笑)を相手に孤軍奮闘します。

前作以上にドラマ性もパワーアップし、見ごたえ十分です!

基本的に、前シーズンを見ていることが前提の内容だと思います。
また、シーズン2は前作以上に「ブレイキング・バッド」を見ておいたほうが楽しめると思います。

「ブレイキング・バッド」はすでにシリーズが終了していて、DVD・Blu-rayをはじめ、Netflixで見ることができます。

「ベター・コール・ソウル」は、現在シーズン2まで制作されています。
シーズン1は、DVD・Blu-rayも発売されています。

シーズン2は2016年制作。
各話45分程度で全10話です。
Netflixオリジナルドラマで、今現状ではNetflixでしか見ることができません。

【Netflix公式サイトはこちら】Netflix

「ベター・コール・ソウル」シーズン2 あらすじ

マルコの件もあり、自分らしく生きていこうと誓ったジミー。
・・・ではあったのですが、その思いとは裏腹に一流弁護士事務所デイヴィス&メインで働くことを決断します。
しかし、それが後にキムやチャックたちの人生をも巻き込んだ大騒動に。
一方、マイクはお金のためにボディガードの仕事を続けていましたが、意外な人物からの危険な依頼を受けたばかりに、新たな脅威に追い込まれていきます。
果たして、2人のとった決断と運命はいかに?

・・・というようなストーリーです。

【予告動画】ベター・コール・ソウル シーズン2 予告編

シナリオや演出が秀逸!クオリティの高いドラマ!

とにもかくにも。
今回のシーズン2も、シナリオと演出が秀逸でしたね!
素晴らしかったです!

前作同様、光と影の使い方や長回し撮影、カット割りの妙技などなど、どれもすごい!
効果もバツグンで、映像作品としてかなりクオリティが高かったと思います。

シナリオも、すごくよかったですね!
ドラマ性はもちろんですが、心理描写や感情表現なども丁寧で、ビジュアル的に魅せる工夫がすごかったです。
笑いとシリアスな部分のバランスも絶妙。
・・・素晴らしすぎる!

第1話冒頭の白黒シーンなどは秀逸。
ジミー=ソウルの状況や、人生の閉塞感などをセリフではなく絵的に丁寧に描いていて、本当に素晴らしかったです。
・・・ヘボいドラマとかだったら。
「ああ、俺の人生って・・・」とか、ペラペラと独りごとを言い始めちゃうとこですよね。(笑)

第1話終盤のデイヴィス&メインに行く決断をするところだって。
「仕方ない!キムのためにも、デイヴィス&メイン行くっ!」とか、セリフでしゃべらない。(笑)
プールから自分の個室まで言葉なし!
それでまた、ピンキーリングのアップが効いてますよね。

そうそう。
今回も、小道具の使い方は見事!
ピンキーリングはもちろんですが、歯ブラシだとか、規格が違って入らないカップ・フォルダー、風船人形(笑)などなど。
すごく効果的でした。
素晴らしかったです!

・・・ただ。
もしかすると、あまりにも玄人好みすぎて、一般的な人にはやや退屈な部分はあるかも?

「ブレイキング・バッド」への歩み寄り

今回は、前作以上に本家「ブレイキング・バッド」とのつながりを連想させる内容が多かったように思います。
スピンオフ作品としてのおもしろさが、さらに増した気がしますね。
すごく楽しかったです。

まさか、まさか。
その人たち出てきちゃうの?という意外性。
あ・・・そっち方面に行っちゃうんだ的な。(笑)

「ブレイキング・バッド」以前に、そんなつながりがあったとは!という、おもしろさ。
・・・ちょっと笑っちゃいましたね。(笑)

人間関係以外でも、車とか、ね。
マイクもこの時は、後年自分が中に入って・・・とか夢にも思わないでしょうね。(笑)
それがまた、おもしろい!

あと、キャラクターたちが「ブレイキング・バッド」登場時の片鱗を見せ始めたのも、今回の特徴だと思います。
ジミーのハデで下品なスーツも・・・来たっ!と。(笑)
マイクも、危険な仕事はしたくないし殺しはしないけども、最終話では「ブレイキング・バッド」当時へ少し近づいた気がしますね。

最終話のラストは、かなり思わせぶり!
マイクの件は、将来のボス(笑)に、からんでいそうだし。
ジミーもまだ本名だけど、ソウルにならざるを得ない状況になりそうだし。
・・・それに、まだ「あの人」ピンピンして元気に歩いてるし。(笑)

次のシーズン3では、さらに本家「ブレイキング・バッド」に近づいていって、色々な謎が明らかになりそうですね。
そういう部分でも、今後がすごく楽しみです!

器用に生きられない切なさ

ストーリー的には、今回はキムやチャックとの関係が中心でしたね。
マイクとジミーのからみが少なかったかなあ。
そこが、ちょっと残念。

前回もそうでしたが。
今回も、器用に生きられないジミーが、ちょっと切なかったですね。

喜んでもらおうと、よかれと思ってやるものの、大体が騒動に。(笑)
自分を押し殺して、やりたいことをやらなければ、きっとうまくいくのはわかっているけど、それができない。
今回は、そんな葛藤で悩むジミーが、すごくよかったです。

ジミーは優しくて善人ですよね。・・・今はまだね。(笑)
チャックのことだって「知らねぇよ!」とは、ならないし。
・・・チャックも、ジミーに痛い目に遭わされたとか言うけど、自分も大概、迷惑かけて面倒みてもらってますよね。(笑)
でも、ジミーはチャックに文句を言ったりはしないし。

そんなジミーのチャックに対する優しさが、最終話でこれまた波乱を呼びそうで。
・・・切なさが胸に響いてきますね。

・・・あれですよね。
ジミーは、父親を見て「優しい善人は騙されてバカをみる」というのを学んだと思うのですが。
・・・血筋ですかね。(笑)
そう考えると、あの回想シーンが活きてきますね。

波乱含みの最終話!

個人的には、今回もすごくおもしろかったです!
シナリオも演出もキレキレ!
素晴らしかったです!

・・・ただ、ハデさはなく淡々としている感じはあるので、玄人好みの秀作かも。
もしかすると、退屈に感じる人もいるかもしれませんね。

シーズン2は、何とも気になる謎の多い終わり方でした。
猛烈に気になりますよね!
特にマイク!

シーズン3が本当に楽しみですね!

スポンサーリンク